Apple Watchで出来ることやメリットを無理矢理考えてみる

20150313152910

Apple Watchが4月10日に予約を開始をして4月24日より販売が開始されますね。

ちょっと使ってみたいので欲しいとは思ってますが、そんな予算もありませんしそもそもApple Watchって何が出来るようになるのでしょうか?

おそらくiPhoneがあればほとんどの機能を使うことが出来るはずですし必要性があるのか?答えは使ってみないとわかりませんが、生活を激変させてしまう可能性も秘めているようにも思います。

スポンサードリンク

Apple Watchで何が出来る?

サイズは2種類

Apple Watchは38mmと42mmの2種類の大きさから選ぶことができますが、iPhoneアプリの「Apple Store」でApple Watchの紹介ページにアクセスすることで実際の大きさを腕に付けたような感覚で確かめることが出来ます。

やっぱり38mmバージョンかな?

20150313152910

フィットネス機能を使いたい人は買い!

Apple Watchで「できること」としてよく言われるのが腕に付けて背面に搭載されている心拍センサーによって身体機能を測定することやiPhoneのGPSやWi-Fiを使って歩数などのフィットネス系のアプリの補助として使うこともできます。

GPS機能はApple Watchに搭載されていそうですが、本体にはついておらずあくまでiPhoneのデータをBluetoothで転送して利用するという形になるようです。心拍数のデータが何に役に立つのかはよく分かりませんが、運動をする人にとっては嬉しい機能かもしれません。

じゃあ、運動をしない僕なんかにはなんの役に立つことがあるのか?
考えてみました。

運動しない僕は必要ないでしょ?

まずApple Wtachで「できること」はこんな感じでしょうか。

  • 時間を確認する
  • iPhone経由の電話をする事ができる
  • iPhone経由のメッセージを送受信できる
  • 振動(Taptic engine)によるコミュニケーション
  • スケジュールの確認
  • 音楽をBluetoothイヤホンに転送して聞く
  • 地図の確認、ナビ

一部の機能以外は基本的にiPhoneから使うことができる機能ですよね。

じゃあ、必要ないのでは??って思ってしまいますが、腕にApple Watchが装着されていることでわざわざiPhoneを取り出して手に持って使うという面倒くさい動作が必要なくなるというのがメリットのように感じます。

例えば、車の運転中の電話が掛かってきても内蔵のマイクとスピーカーで通話をすることもできますし、仕事で作業中に電話をする、簡単なメッセージを送る、などすることができるので便利ではないでしょうか。

また、アラームに関しても腕に付けているApple Watchが振動して通知をしてくれるのでポケットに入れていて気付かなかったということも減るかもいれません。通知機能に関してはiPhoneで気付かない場面でもApple Watchなら間違いなく伝えることができるのが良いかもしれません。

ホテルのチェックインなどにも

今後のアプリやシステムの拡張により期待される機能があります。僕はこちらの機能の方が期待をしています。

  • ホテルのチェックインが自動に
  • ホテルのキーの変わりになる

これはアメリカの一部ホテルでiPhoneを使ってすでに実用化されており、事前に予約をしていた場合にフロントでのチェックインをせずにiPhoneやApple WatchのNFC機能を使って部屋の鍵を開けることができます。

また、今後は家の鍵や車の鍵なんかもiPhoneやApple Watchがあればエンジンをスタートすることができる..なんてことが可能になります。まあ、これもiPhoneがあれば使える機能なのでApple Watchは不要ということになりますが…。

無理矢理メリットを考えてみた結果

何かApple Watchのメリットはないものか…。

色々考えてみたのですが「iPhoneを取り出さずに色んな事が出来る」「ポケットから落として壊すことがない」…くらいしか思い付きませんでした。

今のところ必要性はあまり感じていないので買うつもりはありませんが、今後登場するアプリで便利そうなのがあったら買うかもしれません。

買うならエントリーモデルの7万円くらいのヤツでしょうが…たっかいですね。ちょっとした高級時計です。しかも1年に1回のモデルチェンジがあるでしょうから陳腐化も進むでしょうからねー。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!