ドラゴンボールZ 復活のFを見た感想!とにかくフリーザよりウイスが凄かった!

4月18日に公開された「劇場版ドラゴンボールZ 復活のF」を見に行ってきました!

朝一番の映画をみようと行ったのですが、まさかの満員御礼でチケットを取ることができず昼の回のチケットを買いました。

コナンも同時公開されてドラゴンボールとコナン対決ともいわれていましたが、ドラゴンボールの方が人気が高いようですね。20年も前に原作が終わっている漫画なのに凄い人気に驚かされます。以下、感想などネタバレも含んでいるのでまだ見ていない方は注意してくださいね!

スポンサードリンク

DBZ 復活のFを映画館で見ました

追記:2016 8/27に地上波で放送された特別編の最後に登場してしてきたトランクスを襲っていた悟空そっくりの人物はゴクウブラックと呼ばれるキャラで、日曜の9:00のレギュラー放送でやっている「ドラゴンボール超」の敵キャラとなっています。

特典もゲット

昼の部の映画を見に行ったので入場者特典の「鳥山明描き下ろし脚本完全収録 JC最“神”刊 ドラゴンボールF巻」はもう諦めていましたが、ちゃんとゲットしました。これが欲しかったから初日に見に行ったみたいなものですからね。

ももクロのポストカード…なにこれw

20150419082110

F巻は漫画ではなく設定と鳥山明先生による脚本が掲載されています。

セリフなどは完全に映画そのものです。一部映画では出てきていない部分などもあったので、もしかしたら「神と神」の時のように完全版などがテレビ放送される可能性はありそうですね。まあ、本当に少しだけですが…。

20150419082913

DBZ 復活のFの感想

ドラゴンボールZ 復活のFは個人的には面白かったです。戦闘がメインとなっていると鳥山明先生が言っていましたが、まさにそんな感じ。コメディっぽい物語が中心だった前作「神と神」とは少し違う感じでした。なのでドラゴンボールZの戦闘が好きという方は間違いなく面白いと思います。

戦闘シーンも「神と神」の時みたいにCGっぽさがあんまりなくテンポの良い戦闘シーンで良かったと思います。ただ、そんな中で途中からウィスとビルスが登場して悟空とフリーザが戦っている中でいちごサンデーを食べだしコメディが随所に入ってくる点は完全な戦闘シーンにはなっていないところは賛否が別れる部分かもしれませんね。

そもそも、フリーザが復活して4ヶ月修行をしたことによって青髪の超サイヤ人ゴッドのちからを持った超サイヤ人(SSGSS)の悟空の戦闘力より少しだけ強くなったとはいえ、その上には破壊神ビルスとさらにその師匠でもあるウイスがいます。

ゴールデンフリーザは体力の消耗が激しいという悟空でいう超サイヤ人3みたいなものであることも途中で判明したりとかつてのフリーザは絶望的な力を持っていましたが、今回はただ強くなっただけという中途半端さがありました。悟空との戦闘中にビルスがいることに気づいたフリーザが普通に怯えていましたからね。

とはいえ、たった4ヶ月で青髪の悟空と同じくらいの力を手にしたフリーザは凄いです。悟空もどんな修行をしたんだと嘆いていました。

戦闘力の関係がおかしい

今回の作品の戦闘シーンは確かにカッコ良かったしフリーザ軍との戦いは雑魚戦でありながら非常に見応えのあるものとなっていました。クリリン、天津飯、ピッコロ、悟飯、亀仙人も活躍をしてくれたし意外と楽しめました。

亀仙人が老体の割になぜかめちゃくちゃ強かったのがかなり不思議な部分でもあります。今までずーっと戦うことをしなかったのになぜ今回は戦いに参加をしようと思ったのかが疑問。

悟飯は元々戦闘が好きではないので弱くなっているのは当たり前とはいえ超サイヤ人になればそれなりに強いことはわかりました。でも第1形態のフリーザに一撃でやられていたから弱すぎだろ…って思いましたが。

あとピッコロが雑魚キャラ相手に苦戦しているシーンが違和感を覚えました。ピッコロってセルジュニア戦の時にそこそこ活躍をしてフリーザより強くなっているはずなんだけどなー…。

スポンサードリンク

ジャコの登場

別漫画でドラゴンボールの時系列で少し前のお話の「銀河パトロールジャコ」のジャコが登場し意外と活躍をしていたのが驚き。

これって漫画のジャコを見てない人から見たら「誰だ?」ってなると思うんですが、警察官となったクリリンが銀河パトロールのジャコと意気投合していたのが少し面白かったです。

悟空が一撃でやられる光線銃

超サイヤ人ゴッドの超サイヤ人になっている青髪の悟空がフリーザを追い詰めている時にフリーザ軍の最新兵器の光線銃が悟空の心臓に直撃して一瞬にして倒れました。何、その兵器…。って感じです。ゴールデンフリーザよりも光線銃の方が強いってことにうなりますよね。

ストーリー冒頭で悟空の甘さをウイスに指摘されてフリーザにそれを証明させられたという展開が欲しかったから、このような兵器で悟空を倒したということになりますが…と考えるとフリーザ軍の科学力って凄いですね。

ウイスの凄さが目立った

今回の作品ではウイスの能力が凄いことが露呈したものになっています。冒頭のシーンで悟空とベジータがなぜかウイスに修行をしているという場面がありましたが、二人がかりでもかすりともしないウイスは間違いなく一番強いでしょう。

また、最後のシーンでフリーザが破壊した地球をウイスが時を戻せる能力を使いフリーザーが地球を破壊する前に悟空がとどめをさしました。ウイスの時を操る能力はビルスの一方的な感情によって誤って星を破壊してしまった時の救済能力のようですが、もう何でもありな状態です。まあ、ドラゴンボール自体そんな漫画なのでアリなのかな。

いずれにしても今回の「復活のF」ではフリーザの強さよりもウイスの凄さが露呈した映画だったように感じます。

とはいえ、フリーザのキャラクターはやっぱり好きです。最後の地獄に出戻ったお花畑のシーンとか最高に良かったです。鳥山明先生が声優さんのおかげでフリーザのキャラが立っていたと言っていましたが、まさにその通りだと思います。

  • ドラゴンボールZ 復活のF(2015年4月18日)
  • 監督:山室直儀
  • 脚本:鳥山明
  • おすすめ: 4.0
  • ストーリー: 2.5
  • アクション: 4.5

続編もありそう

スポンサードリンク

ドラゴンボールZはまだまだ人気コンテンツなので、これからも続いていきそうな感じがしますね。ウイスにはまだまだ秘められた力がありそうですし「神と神」では他の宇宙のことについても言及していましたから作ろうと思えばいくらでも作ることができるんでしょうね。問題は高齢化した声優陣なのかな…とも思います。

完全に漫画原作の最終回のシーンはなかったことになっているような気もしないでもないですが、次回作は2017年頃でしょうかね?

→ 復活のFもフルで見ることができる!FODプレミアムコースが最大1ヶ月無料!「FOD(フジテレビオンデマンド)」

追記:2015.5.10

鳥山明先生原作の続編アニメ「ドラゴンボール超(スーパー)」が2015年7月から放送が開始されることが明らかとなりました。魔神ブウ篇からの続きということになり、映画「神と神」と「復活のF」の焼き直しをしたのちに新ストーリーとなる「シャンパ編」へと続くことになるようです。

追記:2016.8

6月からスタートした「未来トランクス編」が今までにないシリアスストーリーで、さらに謎も多くなかなか面白い物語になっているように感じますね!神の頂点に立つ全王が新キャラで登場するなど、今後の展開にかなり注目です!!

まさか地上波版の復活のFのエンディングに「未来トランクス編」を入れてくるとは…。完全にレギュラー放送の視聴率を狙っていますね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!