映画HEROの感想!テンポ良いストーリー展開と個性的なキャラが面白い!

hero

先日から公開された映画「HERO(2015)」を見てきました。

元々、見るつもりはなかったのですが、CMを見て何となく見てみたくなったので空いた時間を使ってぶらりとイオンシネマに立ち寄り鑑賞してきました。やっぱり、映画館で映画を見るっと世界に没頭できるのでやっぱりイイですね!

映画「HERO 2015」を見た感想

なお、本記事は映画「HERO」のネタバレが含んでいますので、これから映画を見に行くという方は記事を閉じて下さいね!

スポンサードリンク

ドラマ第1期と第2期の違い

今回の映画「HERO(2015)」は予告編からも分かるとおり、2001年に登場したドラマ版の第1期に久利生公平(木村拓哉さん)とコンビを組んでいた雨宮舞子(松たか子さん)が再び登場することが話題となった作品です。

2014年に放送された第2期は雨宮は登場せず、新コンビとして麻木千佳(北川景子さん)が登場しましたが、第1期と第2期の大きな違いは第1期は久利生と雨宮のラブストーリーも随所に盛り込まれた物語でしょう。麻木とのラブなお話がなかったことから第2期は何となく物足りないと感じた方も多かったと思います。

なので、2015年版映画「HERO」は再び、雨宮が久利生の前に現れたことでその後の恋の行方がどうなったのか…というラブストーリー要素も盛り込まれており、「あー、これがHEROなのか」と元来のファンも楽しめる内容に仕上がっていると感じました。

二人の再開、絶妙なコンビ間のやり取りが面白い

今回の映画は一つの交通事故がきっかけで雨宮が大阪地検難波支部から東京地検城西支部に訪れ再開をすることになります。実に8年ぶりの再開になります。ちなみに、二人の年齢は初期の設定からこのように年老いています(笑)

  • 久利生公平:27歳 → 40歳
  • 雨宮舞子:24歳 → 37歳

木村拓哉さんが現在42歳、松たか子さんが38歳ですからほぼ実年齢ですからリアル感がありますね。

物語はネウストリアという国の大使館の裏通りでパーティコンパニオンの女性が車にはねられ亡くなったのですが、この女性は大阪地検で雨宮舞子が担当していた恐喝事件の重要な証人だったのです。この事故の担当は東京地検の久利生が担当していたことから、雨宮が東京地検にいって共同で捜査するという流れで再会する…という流れとなりました。

雨宮が同事件の担当が東京地検の久利生だってことを知った時の動揺ぶりはなかなかの見物ですね。松たか子さんはやっぱり演技が上手ですわ。そして、久利生公平が再会したシーンもファンとしたら何とも言えない嬉しさがありました。やっぱり、この二人のコンビのやり取りって面白い。

やはり一線を少しだけ超えた関係だけあり、ちょっと踏み込んだやり取りが出来るってのがいいですね!麻木千佳に関してはあくまで検事と事務官といった間柄ですからね。元コンビだった雨宮舞子と現コンビの麻木千佳のちょっとした三角関係(ではないけど)っていう雰囲気もまたいい感じでした。

個性的なキャラを演じる俳優陣が凄い

映画「HERO 2015」に出演している俳優陣は基本的には第2期に出演をしていたメンバーが中心となっていますが、やはり出演している俳優陣が本当に豪華で今ノリに乗っている中堅の役者さんも多数出演。

小日向文世さん、松重豊さん、吉田羊さん、濱田岳さんなんかは個人的には本当に大好きな役者さん。そして、外務省の欧州局長となる松葉圭祐を演じる佐藤浩市さんが本当にいい味出しています。

松葉圭介はネウストリアとの貿易交渉のために奮闘をしている人物で、映画序盤から中盤まではネウストリア大使館の捜査をしたい久利生公平の反抗勢力として登場していました。

あ、大使館ってのは治外法権となり検事などの捜査が及ばない区域となっており本当に検事などが捜査することが禁止されているそうです。そんな、絶対的な権力に立ち向かうっていうから久利生って本当に型破りですね。

実際には絶対にあり得ない捜査なんでしょうが、これが映画の面白い所です。そして、不思議と松葉圭介は久利生の人格を認め、大使館での捜査を許可する流れとなっていくのですが、こんなに上手く物語りが流れるはずはないだろうと突っ込みたくなる一方で面白い展開で良かったと思います。

多分、今までのHEROを見たことない人も充分に楽しめる内容になっていると思います。

スポンサードリンク

「大事な話があるんです」の真相

これには予告編に「騙された!」っていう思いでいっぱいです。

雨宮は貿易会社の御曹司の矢口(アンジャッシュ 小嶋さん)とお見合いをし婚約をしていたのですが、久利生との再会で本格的に迷い始めたわけなんです。

そして最終的に矢口に婚約を破棄する電話をするのですが、この矢口に対してのシーンで「大事な話があるんです」って雨宮が話していた…って訳なんですね。つまり、久利生に対して「大事な話がある」と言っていた訳ではない….

いやいや、これを予告編で使うって犯則(笑)予告詐欺ですw

完全に久利生公平に対して言っているもんだと思ってしまいましたよ…。まあ、今回の映画で久利生と雨宮の本当の思いというのが明らかになったように(結構、曖昧な感じで終わりましたが)感じるのでスッキリした…といった感じでした。

牛丸豊(角野卓造)の娘役に近藤春菜

田村検事(杉本哲太さん)が牛丸豊検事の娘さんとドラマ第2期で結婚をしていますが、角野卓造さんとソックリの娘であることが明らかとなっていましたが、第2期ドラマではその姿が公開されることがありませんでした。

娘はハリセンボンの近藤春菜ではないか?と噂となっていましたが、ついに映画「HERO 2015」で近藤春菜さんが、田村検事の携帯の着信画面で登場を果たしました!

この小ネタが随所に盛り込まれており意外と面白かったですw

続編はある?

木村拓哉さんは公開挨拶で続編に「続編は皆様次第」って言っていたみたいなので、本人としては続けたいという思いがあるのかもしれません。

映画の最後では雨宮は検事として久利生と同じ道を歩むと決意し石垣地検に異動、久利生と麻木はそのままコンビとして東京地検で活動を続ける…そんな流れで終わったので、続けようと思えばまだまだ出来るって感じですね。

どうなんでしょうか。

個人的にはここで綺麗に終わらせてもいいのかな…って思いますが。

  • HERO(2015年7月18日)
  • 監督:鈴木雅之
  • 脚本:福田靖
  • 出演者:木村拓哉、松たか子、北川景子
  • おすすめ: 4.0
  • ストーリー: 4.0
  • アクション: 1.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!