iPod Touch 6の評価レビュー!外観やCPU性能、バッテリーの減りなども比較!

iPod Touch 6

2015年7月に発売が開始されたiPod Touch(第6世代)が手元に届きました!といっても随分前に届いていたんですが、やっと記事にしました!

使ってみた感想としては、デザインも変な白い線も入っていないのでカッコイイですし、4インチディスプレイで片手で使えるiOSデバイスとして非常に優れたデバイスとなっているなといった印象です。iPod Touch 6に電話機能が付いていたらどんなに便利なんだろう…って思ってしまうくらいお気に入りのデバイスです。

スポンサードリンク

iPod Touch6の開封レビュー!

ということでiPod Touch 6の開封レビューをお届けします!今回購入した色はブルーです。第5世代のブルーよりも暗い色になり個人的にはカッコイイ色だなって思っています。

梱包ケースは前世代と同じ設計

iPod touchのパッケージは今までのモデルと全く同じで透明のケースに梱包されています。ケースにも保護シートがついているって凄いですよね。何のためのケースなんだ…って思ってしまうくらい。

iPod Touch 6 梱包

iPod Touch 6 ケース

透明のフィルムがケースの外側に付いているので赤色の目印の付いたところから剥がしていきます。

f:id:kazu-log:20150727134251j:plain

まだまだケースからiPod Touchを取り出すことは出来ませんよ。実は、iPod touchの表面には保護フィルムがケースに覆うような形で貼られているので、端っこから保護フィルムを剥がしていきます。

iPod Touch 6の保護フィルム

これでようやくケースからiPod Touchを取り出すことができます。

外観デザインも前世代とほぼ同じ!

iPod Touch 6の外観デザインは第5世代とほぼ同じものとなっています。やっぱり、iPhoneのダサい白線が入っていないのでスッキリとしたデザインでカッコイイですね!iPhoneでこのデザインが実現できたらどんなに素晴らしいんだろうって思ってしまうほど。第5世代と唯一違うのはストラップリストを付けるためのループが廃止されている点です。

iPod Touch 6 外観デザイン1

ちなみに、黒色の窓はWi-Fiの電波を受信するためのプラスチック素材の部分となっています。ただ、受信部分が小さいのでiPhoneと比べて少しだけWi-Fiの感度が弱いようにも感じます。(iPhoneよりもアンテナの本数が少なくなることが多い)

iPod Touch 6のサイド部分です。ダイヤモンドカットされたデザインはiPhone 5/5s・iPad Air/miniシリーズで採用されていますが、個人的にはiPhone 6/6 Plusのデザインよりカッコイイと思っています。

iPod Touch 6 外観デザイン2

次世代のiPhoneでダイヤモンドカットされたデザインに戻って欲しい…。そもそも、iPhone 6/6Plusだけが丸いデザインって統一性に欠けているように感じるのですが。

ダイヤモンドカット iPod Touch 6 外観デザイン3

iPod Touch 6にはTouch IDは搭載されませんでした。価格帯を考えると仕方のない部分ではありますが、あくまで「音楽プレーヤー + α」って考えれば充分かなと思います。

f:id:kazu-log:20150727134241j:plain

iPhone 5sとの比較

4インチディスプレイを搭載しているiOSデバイスといえばiPhone 5sです。両機種を並べて比較するとiPod Touch 6はこんなにも薄いことが分かります。

iPhone 5sとの比較画像

iPhone 5sは角張ったデザインなので長時間握っていると小指が痛くなることもありますが(←どんなに強く握ってんだ…w)iPod Touch 6は本体が薄くなり背面部分が丸くなっているので手に馴染むにで使いやすいです。

滑って落としやすいという声もあるようですが、iPhone 6ほど丸くないのでそこまで滑らないのかなーといった印象です。

ちなみに、iPhone 5sにあってiPod Touch 6にない機能は以下の通り。

iPhone 5s iPod Touch 6
電話機能 ×
画面自動照度 ×
GPS ×
近接センサー ×
Touch ID ×
Wi-Fi 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n/ac

しかし、Apple IDをiPhoneと紐付けさせることで電話機能やメッセージ機能はiPhoneと同じように利用することもできます。

iPod Touchを使って見みてちょっと不便だなーって感じるのはディスプレイの自動照度調整機能がiPod Touchには付いていないという点でしょうか。室内から外に行った時に自動で画面明るさが調整されないのでひどく画面が暗いです。

この辺りはiPhoneは自動で調整されるので、やっぱり自動調整機能って大事なんだなーって思います。

A8プロセッサの性能比較(CPU)

iPod Touch 6はクロックダウン版のA8プロセッサを搭載したことでiPhone 5sとほぼ同じ性能を手に入れました。こちらはGeekBench3のスコア結果で左からiPhone 4s(A5チップ 800Mhz)、iPhone 5s(A7チップ 1.3GHz)、iPod Touch 6(A8チップ 1.1GHz)、iPhone 6(A8チップ 1.4GHz)。

A8チップの性能比較

iPod Touch 5はA5チップを搭載しておりiPhone 4sとほぼ同じ性能となっています。iPod Touch 6でA8チップを搭載したことで格段に性能が上がったことが分かります。

実際にサクサク動作するのでホントに快適に使うことができます。

ついでに、iPad Air 2に搭載されているA8Xとの比較も。左からiPad Air 2(A8X 1.5GHz)iPod Touch 6(A8チップ 1.1GHz)、iPhone 6(A8チップ 1.4GHz)。

A8チップとA8Xの性能比較

やっぱ、A8Xプロセッサって速いですね!

何をするにしてもヌルヌル動きますからね。いずれにしても、iPod touchは画面解像度がiPhone 6と比較しても低いのでA8チップのクロックダウン版でも充分にサクサク動作しますし、快適そのもので普通に使う分において不満を抱くことはないと思います。

A8プロセッサの性能比較(GPU)

次にGPUの性能を「3D Mark」というアプリを使って比較してみました。

A8チップのGPUの性能比較

ここでは面白い結果が出ました。

iPod Touch 6はiPhone 6と同じA8プロセッサが搭載されており、クロックダウンしていることからCPUの性能はiPhone 5sのA7プロセッサと同等の性能でしたが、GPUのスコアはA7チップを上回る性能を発揮しています。

つまりCPUの性能はA7チップ並だけどGPUの性能はそれよりも良いということになります。

スポンサードリンク

バッテリーの減りは早く本体が熱くなる!

ここまでは良い点ばかりを紹介してきましたが、iPod Touch 6は長時間利用することで本体が非常に熱くなりバッテリーの消耗がかなり速いという点は考慮しておく必要があります。

実際にiPhone 5sとiPod Touch 6で測定比較をしてみました!

iPhone 5sとiPod touch 6のバッテリー駆動時間

時系列でのバッテリーの残量は以下の通りです。

iPhone 5s iPod Touch 6
9:10〜10:50:YouTubeで動画 76% 68%
10:55〜12:00:Apple Music 58% 38%
12:05〜12:15:Epic Zen Garden 49% 18%
12:15〜13:39:radiko 28% 13%
13:39〜13:46:Epic Zen Garden 20% 0%

Epic Zen GardenはiPhoneのGPUをふんだんに使った、iOS8から対応しているMetalに対応したグラフィックアプリです。

ドラゴンクエスト11のPS版のグラフィックエンジンには「Unreal Engine 4」が採用されることが話題となりましたが、Epic Zen GardenはUnreal Engine 4のPRするためのデモアプリ。

A8チップを搭載したiPod Touch 6の方がA7チップのiPhone 5sよりも明らかにフレームレートが滑らかですが、圧倒的にバッテリーの減りが早くなります。同アプリを10分間動作させただけでiPhone 5sは9%しか減らないのに対しiPod Touch 6は一気に20%も消耗しています。

本体サイズが小さくバッテリーの容量がiPhoneよりも少ないので仕方のない部分でもありますが、音楽や動画など通常の使用用途ならそれほどバッテリーの消耗は気になりませんが、iPod Touch 6でゲームを楽しむ時はバッテリーの減りが顕著となるのが少し気になるところではありますね。

iPod – Appleオンラインストア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!