iPod touch 6のカメラの画質をiPhone 5s/6と比較!暗い場所で違いが分かる程度?

iOSデバイスのカメラ

iPod Touch 6のiSightカメラは旧世代の500万画素からiPhone 6やiPhone 5sと同じ800万画素のカメラにアップグレードし、さらに現像するためのCPUプロセッサがA5チップからA8チップに大幅にパワーアップしたため、今まで物足りないと感じていた写真が綺麗に撮影することが可能になりました。

ということで、iPod Touch 6、iPhone 5s、iPhone 6の3機種で写真の取り比べをしてみたのでレビューしたいと思います。

スポンサードリンク

iPod Touch 6・iPhone 5s・iPhone 6の背面カメラの比較

スペックの違い

この3機種のカメラは800万画素ですが、各モデルで微妙に性能が異なっています。

モデル iPod Touch 6 iPhone 5s iPhone 6
画素数 800万画素
F値 2.4 2.2
Focus Pixels ×
デュアルLEDフラッシュ ×
プロセッサ A8 A7 A8

レンズに関しては、iPod touch 6がf2.4の明るさのものとなっており、iPhone 5s/6のf2.2よりも暗いものが採用されています。下記の画像を見ると分かるのですが、レンズの大きさがiPod Touch 6が一番小さいことがわかります。

iOSデバイスのカメラ

また、オートフォーカスもiPhone 6/6 Plusで採用されたFocus Pixelsと呼ばれる像面位相差AFはiPod Touch 6には搭載されていません。つまり、オートフォーカスの速度はiPhone 6/6 Plusが一番高速ってことになります。

実際の写真の比較

では、実際に同じシチュエーションで各モデルで写真を撮影してみたので比較してみたいと思います。

まずは、夕暮れの公園の写真を撮影してみました。

夕暮れの写真

正直なところ違いがほとんどわかりませんね。空のグラデーションも同じように表現されています。

iPhone 5s/6のレンズがF2.2とiPod Touch 6のF2.4よりも明るいレンズが採用されていますが、比較的明るい場所ではその違いを感じることはできないようです。

ということで、ちょっと暗いところで撮影。

暗い公園を撮影

ちょっとどころか、かなり暗いです。公園の明かりの下で撮影をした木です。見ての通り、iPod Touch 6が一番暗い写真に仕上がっています。シャッタースピードが偶然同じになったのでレンズの明るさの違いが顕著に表れた結果となりました。

iPhone 5sとiPhone 6は同じ性能のレンズですが、プロセッサが違うことが影響しているのか、現像の仕方が若干異なるのか、明るさや色合いが若干異なるという結果に。

次に、自転車を撮影してみました。

自転車を撮影

パッと見はどれも綺麗に撮影できているように見えます。自転車のハンドル部分を拡大してみましょう。

カメラのノイズ比較ほとんど同じように見えますが、iPod Touch 6の暗い部分は若干ノイズが乗りやすい傾向があります。ちょっと、この画像では分かりにくかったかもしれませんね。他の写真を見てみても、iPod Touch 6は明らかに暗い箇所のノイズが多いです。

この中でも優秀なのがやはりiPhone 6です。

結果:大差なし!

スポンサードリンク

結果としては暗い所の撮影は少し苦手になるiPod Touch 6ですが、普通に使う分においてはまったく問題のないレベルといえそうです。ということで、大差ないという結論で..w

本体サイズも薄く持ち運びも非常に手軽なので、ちょっとしたデジカメとしても便利なデバイスといえるかもしれません。

iPod – Appleオンラインストア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!