映画アンフェア the end の感想!裏切りの連鎖が巧妙で綺麗に終わって面白かった!

unfair

篠原涼子さん主演の映画「アンフェア the end」が公開されたので早速見に行きましたよ〜。

毎日、番宣で映画の告知をしていたのでちょっと気になって初日に見に行ってしまいました。初日なのにあんまり人が入っていなかったのがちょっと気になりましたが、今回の映画を見て本当に終わった…って感じでした。

映画「アンフェア the end」を見た感想

連続ドラマから約10年

スポンサードリンク

アンフェアは2006年1月にフジテレビで放送された連続ドラマ、原作は秦建日子さん小説の「推理小説」で、原作は連続ドラマ前半だけであとはドラマオリジナルストーリーで展開されていました。

映画は2007年に「アンフェア the movie」、2011年に「アンフェア the answer」が公開され、今回公開された「アンフェア the end」は3回目の映画となり2011年に公開された「the answer」の続編という扱いでストーリー的には今までアンフェアで残されていた謎が解明されることになります。

ってか「the answer」ってタイトルなのに謎が残ったままってどうなんでしょうかね。

「アンフェア the end」を見終わって、ハッピーエンド…って感じではなかったので篠原涼子さんが番宣言っていた「綺麗な終わり方」ってのは人それぞれ捉え方が違うようにも感じますね。

まあ、アンフェアの謎だった雪平夏美(篠原涼子さん)の父親が亡くなった理由なども今回の映画で全て明かされたので、雪平が警察官になった理由も果たされることになり、シリーズとしては綺麗に終わったといえるかもしれませんね。

アンフェア the end の概要

以下、「アンフェア the end」のネタバレが含まれたりしますので注意してください。でも映画のストーリーの重要なネタバレや結末は書いていませんのでご安心を…。

今作のストーリーは the answer で雪平と協力をして行動をしていた、東京地検検察官・村上克明(山田孝之さん)とその父親で元・検事総長の村上成明が殺されるという事件が始まります。

津島を演じる永山絢斗さんは瑛太さんの弟

というか、前回の映画で活躍していた人材をアッサリと消してしまうのがアンフェア。山田孝之さんは写真のみの出演です。そして、この事件の容疑者で上がって来た人物がシステムエンジニアの津島直紀(永山絢斗さん)です。

この人物が今回の映画「アンフェア the end」の重要な人物となっています。津島を演じるのが、永山絢斗さんという俳優さんで、初めて知ったんですが同じく俳優でアンフェアの雪平の元相棒である安藤一之を演じていた瑛太さんの弟さんなんですね。

あの名セリフも登場

しかも安藤のセリフの「雪平さんって無駄に美人ですよね」を永山さん演じる津島がいう場面があり、雪平が「バカかお前は」という返す場面もあります。兄弟で同じセリフを演じるとはね…なかなか活かしています。

シャワーシーン

番宣で篠原涼子さんが明かしていたので気になっている方も多いと思いますが、今回の the end では雪平は脱いでいます。どこでそのシーンが登場するのかなーってドキドキしていたんですが、まさかの一番最初のシーンで登場しました。

「え?初っぱなから??」って思っていたんですが、最初にこのシーンを流した理由は映画を最後まで見れば分かるようになっています。

なるほど。ここに繋がるのか。と。それにしてもめっちゃスタイル良かったですよー。これだけでも見る価値がありそうです。

スポンサードリンク

黒幕が誰なのか最後までわからない

今回の映画は、村上をやった容疑をシステムエンジニアの津島にかけられたところで、雪平が取り調べをして事件が発展していく展開となっています。津島は警察の闇について調べていて告発をしようとしていたというタイミングで、誰かにはめられて容疑者になってしまったと雪平に打ち明けます。

雪平はそんな津島を信用して、まさかの警察の監視下から解放する手伝いをし一緒に逃亡をすることになるのですが、その間にも雪平に情報を聞きだそうと色んな登場人物が言い寄ってくるのですが、みんな駆け引きをしているような感じでなかなか面白かった。

  • 津島直紀(永山絢斗さん)
  • 三上薫(加藤雅也さん)
  • 一条道孝(佐藤浩市さん)
  • 武部将臣(EXILE・AKIRAさん)

映画の後半はこの人達がアンフェアの見所の1つでもある裏切りの裏切りをしまくることになります。

途中で雪平も津島を裏切るのか….って展開があります。雪平の娘のみお(向井地美音さん)が津島の居所を雪平から聞き出すために人質にとられてしまって、その駆け引きで津島を裏切るのか…?という場面も見所の1つかもしれません。というか、連ドラの時のみおを演じている向井さんって子どもでしたが今ではAKB48のメンバーになっているんですね。ちょっと驚き。

そして、前回の映画の the answer で自殺したとみられていた一条も普通に姿を現します。一条もまさかって展開でちょっと驚いてしまいましたが…。

EXILEのAKIRAさんが武部という新キャラで登場しますが、雪平の元恋人の一条の新しい上司という役回りで今回の映画では重要なキャラクターとなっています。演技がちょっと気になってしまったのですが、まあ特に感情を大きく出すようなキャラクターでもないので適任だった…のかもしれません。

一条と武部の関係がまたいい感じに裏切りあっていて面白いです。一条が武部を裏切ったと思ったら、また武部の元に戻って来てそして、あーいう結果になるんですからアンフェアの真骨頂を楽しむことができる映画に仕上がっているように感じます」。

  • アンフェア the end(2015年9月5日公開)
  • 監督・脚本:佐藤嗣麻子
  • 出演者:篠原涼子、永山絢斗、佐藤浩市、加藤雅也
  • おすすめ: 4
  • ストーリー: 4.0
  • アクション: 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!