iOS9をインストールして使って感じた便利な機能と残念だった点

iOS9

AppleがiOS9をリリースしましたね!

早速、iPhone6とiPad Air2、さらにiPad2をiOS9いアップデートしてみました!iOS9は色んな新しい機能が搭載されているのですが、その中でもお気に入りの機能を感想を交えて紹介してみたいと思います。

Apple、iOS9を正式にリリース!

iOS9を使ってみた感想

スポンサードリンク


まず、第1印象としてはiOS9はiPadのためのアップデートだなと感じました。そして、アップデートに必要な容量が1GBというかなり軽量化されたOSになっています。iOS8の時が4GBくらいあったのに、何をどうしたらここまで軽くできたのか不思議なくらいです。

iPadのためのアップデート

iOS9はUIデザインは基本的にはiOS7とiOS8の流れをそのまま継承した形となっており、iPhoneに関しては何が変わったのかよく分からないレベルといってもいいかもしれません。もちろん、細かい部分の使い勝手は良くなっているんだと思いますが。

左がiOS9、右がiOS8.4.1のホーム画面ですが、壁紙意外のデザインは何も変化していません。細かいところを見ると英文フォントはAppleオリジナルのSan Franciscoという新しいフォントが採用されています。

iOS9とiOS8.4.1のホーム画面

iPadに関しては2画面表示機能の「Slide Over(スライドオーバー)」と2アプリ同時操作機能の「Split View(スプリットビュー)」、さらに動画の子画面機能「ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)」が搭載されるなど、大幅に進化しています。

Slide Over

Slide Overは右端から左へスワイプすることで別のアプリを起動でき操作することができる機能です。

Slide Over iOS9

上から下にスワイプすると呼び出すアプリを切り替えることができます。

Slide Over iOS9

Safariでウェブサイトを見ていて突如、ニューヨークの時間が気になったらSlide Overで簡単に時間を確認することができます。

f:id:kazu-log:20150917060452j:plain

Split View

アプリの境目をタップしたまま移動させると、iPad Air2、iPad mini4、11月に発売されるiPad Proなどの最新機種なら同時操作が可能となる「Split View」を起動することができます。

Split View iOS9

この磨り硝子表示は美しい…。このエフェクト、結構好きなんですよね。

Split View iOS9

これで、Safariを操作しながら時計アプリでアラームのセットなどを同時に行うことも可能です。…そんなシチュエーション、ほとんど無いだろうけど。もっと、実用的なことで想定できるのはネットサーフィンをして気になる情報があったらメモアプリを起動してメモするという使い方が便利かもしれません。

ピクチャ・イン・ピクチャ

ピクチャ・イン・ピクチャはAppleの動画アプリを子画面化して、ホーム画面やどのアプリを起動をしていても動画を見ることができる機能。

ピクチャ・イン・ピクチャ iOS9

Safariでネットサーフィンをしながら地図を見て、動画を楽しむことができます。なんて贅沢な。1つのことに集中しろよって叫びたくなりますが、要は色んな使い方ができるようになったということ。

これは、今までのAppleにはないちょっと危険な徴候ですが、まあ便利そうなので良いとしましょう。

これらは全てiPadのみの特別機能となっていますが、特にiPad Proのために準備をしたのかなという印象を受けます。

写真が撫でて選択可能に

その他の嬉しかった機能としては、写真アプリの選択機能です。

今までは1枚づつ写真を選択しなければいけなかったのですが、iOS9からは撫でてサッと写真を選択することが可能となりました。

f:id:kazu-log:20150917061807j:plain

これがめちゃくちゃ便利!写真を一気に削除したいときなんか本当に便利ですよ。

スポンサードリンク

メモアプリやメールが進化

まだ実際に使っていないのですが、メモアプリが手書きスケッチに対応したり、メールアプリで受信した添付ファイルをiCloud Driveにそのまま保存出来たり、その添付ファイルに手書きでメモを書いて返信できる機能などが便利そうだなと思っています。

メモアプリをフル機能で利用するにはアップグレードが必要なのですが、まだリリースされていないOS X El captainでないと同期ができないので、しばらく様子見です。

アプリスイッチャーの謎のデザイン変更

iOS9ではホームボタンを2回押して起動できるアプリスイッチャー機能のデザインが刷新されました。左がiOS9、右がiOS8です。

f:id:kazu-log:20150917062020j:plain

正直、これが良くない。

見た目はカッコイイのかもしれませんが操作性が非常に悪いですし、一つ一つのアプリの画面が大きくなったことで見渡せる画面が少なく見難いです。電話の履歴についてはアプリスイッチャーから消えたのは嬉しいのですが(ホーム画面の左にある「SIRIの検索結果」のページに移動)使い勝手は少し悪くなった印象です。

ただ、ハンドオフ(Handoff)機能の待機アプリが下に常に表示されるようになったには分かりやすくなったかもしれません。

iPad2の動作が速くなっていない

iPad 2にもiOS9をインストールしました。必要な容量が740MBって…。Siriも対応してませんし、かなり機能が削られたんでしょうね。

f:id:kazu-log:20150917062752j:plain

iOS8で動作が遅くなってしまったiPad2(iPhone4sも)。iOS9ではパフォーマンスの向上が図られていると言われていましたが、実際にインストールしてみて使ってみたところ、さほど動作が軽くなったとは感じませんでした。

「オペレーティングシステム基盤も改良され、パフォーマンスとセキュリティが向上し」ってリリースに書いてあるんですけど、どうも調べてみるとGPUのAPIとなるMetalに対応しているかどうかでかなり違うみたいですね。

つまり、Metalに対応しているA7プロセッサ以降でパフォーマンスの向上がされているっぽいです。なので、旧機種のiPad2、iPad3、iPad4、iPad mini、iPhone4s、iPhone5あたりは、それほど速くはなっていないのかもしれません。

まあ、そろそろ新しい機種を買えってことなのかもしれませんね。

ちなみに、iPhone 6s/6s Plusに搭載される3D Touch機能がiOS9の本命の機能といえるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!