iPhone6sの動画付き写真 Live Photos に新しい可能性を感じる!カメラの画質も比較!

20150925141548

iPhone 6sで進化したポイントのひとつ、背面カメラ(iSight)の画素数が800万画素から1200万画素に、前面カメラ(FaceTime)が120万画素から500万画素に向上しましたが、どれほどの画質の差があるのか、撮り比べをしてました。

結論から書くと、ほとんど変わらないかな…といった印象です。前面カメラも思ったほど画質が良くなったとは感じませんし、元々の120万画素のカメラが数値以上に頑張っていたんだなと関心させられました。

スポンサードリンク

iPhone6sとiPhone6のカメラの画質比較

スペック比較

iPhone6sとiPhone6のカメラスペックの比較表です。背面カメラは画素数が上がったことでピクセルサイズは1.5ミクロンから1.22ミクロンに小さくなってしまいました。この辺りが、暗所撮影でどの程度影響を与えることになるのか気になる部分でもあります。

モデル iPhone6 iPhone6s
画素数 800万画素
1.5μピクセル
1200万画素
1.22μピクセル
レンズの明るさ F2.2 F2.2
ローカルトーンマッピング ◎(強化バージョン)
ノイズリダクション ◎(強化バージョン)
4K動画撮影 ×
前面カメラ 120万画素 500万画素

写真の比較(背面カメラ)

最初に昼間に撮影した写真で画質を比較します。パッと見はほとんど同じです。同じiOS9がインストールされているデバイスなので絵作りも全く同じといってもイイでしょう。

f:id:kazu-log:20150927163147j:plain

拡大してみました。ここまで拡大をしてようやく違いが分かるレベルで、屋根の瓦の境界線が画素数の高いiPhone6sでは何となく識別できるレベルとなっています。

f:id:kazu-log:20150927163308j:plain

次に夜の道路です。こちらも全く違いが分からないのですが、イメージセンサーが違うためかライトの光の形が若干異なっています。

f:id:kazu-log:20150927163426j:plain

こちらも拡大してみます。モジャモジャっとしたノイズがiPhone6sの方が少なくなっていることが、何となくわかるレベルでしょうか。でも、ここまで拡大しないと分からないレベルなんです。

f:id:kazu-log:20150927163544j:plain

次に室内で撮影したMacBook。こちらはすでに拡大済みのもの。こちらも画素数が高くなっているお陰か境界線が滑らかになっているように見えます。また、ノイズもちょっとだけ少なくなっているでしょうか。

f:id:kazu-log:20150927163708j:plain

ということ、背面カメラ(iSight)に関しては800万画素から1200万画素に画素数が増えたことでより高精度な写真が撮影できるようになったようです。しかし、高画素化が必要だったかどうかは疑問です。別に800万画素のままで良かったんじゃないかなって思うレベルですが、おそらく4K動画の撮影に対応させるために1200万画素にグレードアップしたのかな…といった感じです。

写真によって容量は異なりますが、高画素化によってデータ容量が増えています。

  • iPhone6:2448×3264ピクセル、約1.7MB
  • iPhone6s:3024×4032ピクセル、約2.3MB

かなり増えていますよね。

写真の比較(前面カメラ)

続いて、前面カメラ(FaceTime)の画質の比較をしていきます。クマの人形を撮影してみました。

f:id:kazu-log:20150927165722j:plain

うーん…よく分からんな。もっと拡大すれば違いがはっきりわかるのかもしれませんが、そもそも顔写真をそこまで拡大することってあまりしないですよね。シミやシワなど気にする人もいるでしょうし。

この画像を見るとiPhone6の前面カメラって120万画素のわりにかなり綺麗に写っていますね。

Retina Flash

次に、写真を撮る時に画面をフラッシュされる Retina Flash を使って撮影。

f:id:kazu-log:20150927170130j:plain

シャッタースピードが速くなったせいかなんか暗くなりました。やっぱ、フラッシュ撮影って難しいですよね。

スポンサードリンク

Live Photos(写真撮影の前後3秒を動画撮影)

やはり iPhone 6s で一番進化した機能は Live Photos だと思います。

この機能は、何気に楽しいです。特に子どもを撮影するのがとても楽しい。使ってみて初めてそう感じました。ここまで楽しいものとは想像できませんでした。

f:id:kazu-log:20150925141548j:plain

Live Photosは写真を撮影する前後3秒のコマ撮りの音声付きの動画を自動的に取り込む機能です。利用するには上部の太陽のようなマークをタップし「LIVE」というアイコンが表示されていれば使えます。

再生するには、現時点ではiPhone 6s/6s Plus かOS X El Captain が必要になります。

ちょっと分かりにくいですが、写真をタップするとコマ撮り動画が再生されます。

あと、写真とは別にMOVファイルが作成され(iTunes接続で取り出すことが可能でiCloud経由では取り出し不可能)、1枚の写真あたり3MB前後のデータを使うので写真とLive Photosの二つ合わせて1回の撮影で5MB程度使う計算になるので、ストレージ容量には注意です。

風景を撮影するときは常にOFFにしておいた方がいいかもしれませんね。

Live Photosは新しい写真の形

iPhone 6s/6s Plusのカメラ機能は高画素化よりも、今までにない Live Photos という新機能の方がインパクトが強いように感じます。

使う前までは「こんな機能必要か?」って思っていましたが、動画を撮影するのは面倒だけど数秒間だけ自動的に撮影をしてくれる Live Photos は、非常に手軽に撮影できますし、今後の写真の可能性を広げてくれる機能ではないかなと感じます。

今後は、その他のメーカーからも同じような写真撮影機能が搭載されていく可能性は高いかもしれませんね。カメラメーカーではないAppleが新しい文化をまた創ってしまうことになるんでしょうかね。

いや、本当にちょっとしたイノベーションですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!