映画「バクマン。」漫画を書くシーンは凄いがストーリーが薄い!

bakuman

実写映画となった「バクマン。」見てきました。

原作漫画はデスノートを書いている大場つぐみさんと小畑健さんの二人が書いてるもので、原作は一応読んだことがあります。

といっても、内容はかなり忘れていますが…。ただ、映画を見て感じたのは、こんなにストーリーって薄っぺらかった?とちょっと残念な気持ちに襲われました。

スポンサードリンク

実写映画「バクマン。」の感想

実写映画「バクマン。」は映画としての見せ方としては素晴らしい演出だなーって見ていましたがストーリーがかなりカットされているので全体的に希薄になった印象があります。

まあ、原作の漫画は20巻もあるので、これを2時間の枠の中に収めること自体不可能なことです。仕方がなかったのかなーとは思いますが、進撃の巨人のように前編と後編に分けずに一本に収めたという点は良かったところなのかもしれません。

登場人物とキャスト

先に登場人物とキャストをちょっとおさらい。ネタバレも若干含んでいますのでご注意を。

真城最高(佐藤健さん)

バクマン。の主人公の一人で作画を担当。叔父さんが漫画家の川口太郎(宮藤官九郎さん)で小さい時から漫画に囲まれた生活を送っており絵がとても上手。そのことを知った秋人に一緒に漫画家になろうと誘われる。

高木秋人(神木隆之介さん)

もう一人の主人公でストーリーを担当。絵が下手くそだが文才に長けた人物で漫画家になることの夢を追い続けており、最高の絵が上手いことを知って一緒に漫画家になろうと誘う。

個人的には、この二人のキャストは逆だろ…ってやっぱり思ってしまいます。映画を見て慣れるかなーって思っていましたが、原作を知っているとどうしても最高は神木隆之介さん、秋人は佐藤健さんなんじゃなか….って思いますね。

バクマン。はW主人公ですが、佐藤健さんの方が主役っていう印象が強いのでキャスト選択をするときに逆はあり得なかったのかもしれませんね。でも、神木隆之介さんのメガネ姿はちょっと印象が変わりました。

亜豆 美保(小松菜奈さん)

最高の彼女で声優を目指している。学校の廊下でちょっとした経緯から漫画家になることを秋人と最高が宣言。この出来事がきっかけで、漫画家には否定的だった最高が漫画になることを決意。二人が書いた漫画がアニメ化されたらヒロインの声優を担当するという約束、さらに結婚の約束まで。

個人的には、このキャスト選定はそのまんまでした。小松菜奈さんの髪型は元々亜豆と同じような前髪パッツンなので、他のキャストは考えられないくらい。また、彼女がスクリーンに映し出されたときの雰囲気が凄い。一気に引き込まれる感じ。あの目力、雰囲気は一体なんだ?妖艶すぎるだろ。

ちなみに、原作漫画で存在したペンネーム「亜城木夢叶」は映画版では出てきませんでした。この名前って3人の想いが込められてた名前だったのにあっさりカットですか。あと、秋人の彼女も一切登場しません。このやり取りも結構、好きだったのに。

服部哲(山田孝之さん)

少年ジャンプの編集部の編集者で最高と秋人の漫画の才能に一番最初に気づいた人物。原作では目が飛び出た短髪のちょっと面白いキャラでしたが、山田孝之さんが演じる服部さんはパーマが掛かった髪型に髭が生えたという風貌に。ちょっとギャップありすぎ。

でも、山田孝之さんの演技が素晴らしい。この人って本当に天才だと思います。どんな役でも見事に演じることができる。

新妻エイジ(染谷将太さん)

最高と秋人のライバルとなる天才漫画家。ふたりと同じく高校生ながら5歳から漫画を書いてきたことあり、デビューしてすぐに連載が決定したという人物。

変な声を出しながら絵を描くという変人キャラ。この変人を演じたのが、染谷将太さん。ちょっと、微妙な演技でした。なんだろう、漫画の新妻エイジってカリスマ性を持っていたと思うんですが、映画版の新妻エイジって単に猫背で変人っぽいだけって感じでした。

ここは、デスノートでエルを演じた松山ケンイチさんが演じるべきだったのではないか?!って思ってしまいました。

その他

同じ漫画家の福田真太は桐谷健太さん、中井さんは皆川猿時さん、平丸さんは新井浩文さんが演じています。新井浩文さんの平丸さん、最高です。あのネガティブな感じがめっちゃ適役でした。

なお、中井さんとコンビを組んでいた青樹さんは映画では登場しません。

スポンサードリンク

地味な漫画シーンを見事に演出

物語を進めるうえで、真城最高(佐藤健さん)と高木秋人(神木隆之介さん)が漫画を書くというシーンがいくつも登場するのですが、漫画を書くシーンってめっちゃ地味ですよね。

でも、大根仁監督はこのどうしようもない地味な漫画を書くシーンを色んな手法を使って格好良く演出していたので凄かったです。

プロジェクションマッピングのように部屋中が漫画で溢れる演出があったり、VFXを駆使した巨大化したGペンを振り回して、最高と秋人と新妻エイジ(染谷将太さん)との殺陣シーンがあったりと、ちょっと「漫画」から連想できる演出とはかけ離れたものに仕上がっていました。

佐藤健さんが映画「るろうに剣心」をやっていたってこともあり、なかなかの迫力のあるシーンになっていました。ただ、漫画を書いているシーンが全体的に長かったように感じます。映像は凄いんですけど、ちょっと中だるみしてしまった印象があります。

ストーリーはカット部分が多い

バクマン。の面白いところって漫画家になってアンケート結果で上位を獲って、最終的にはアニメ化まで持っていくという大筋の物語の他に、情に厚い人間模様が面白い部分です。

原作では、亜豆も最高と秋人の仕事場に転がり込んだりしていましたし、その中に秋人の彼女がいたり、編集部の服部さんの苦悩、さらにサブキャラの中井さんと蒼木さんとのラブストーリーもなかなか見物だったりしました。しかし、このようなサブストーリーは基本的にはカット。アニメ篇の手前で終わりましたし、亜豆と最高の約束はどうなったんだ?っていうモヤモヤも。これは次回作があるフラグなの?

映画版ではジャンプに連載を出すということがメインの物語になっており最後の方は仲間で助け合うという王道ストーリーで全体的に物語は薄い感じです。それでも上映時間が2時間ほどあったので、1本の映画にまとめるためには仕方がなかったことなのかもしれませんね。

映画で登場する作品も「Wアース」と「この世は金と知恵」しか出てきませんし。せめて、疑探偵TRAPとか出てきて欲しかったんですが。まあ、時間の都合上仕方無いか。

いや、とはいえ、これだけの原作量を2時間にまとめ上げた監督の力量はかなりものだと思いますし、漫画を書くという超地味な作業も面白く演出した業もありますし、挑戦的な作品だなとは感じましたよ。ちょっと新しい見せ方だなとも思うので、これを見るだけでも価値はあるように感じます。

  • バクマン。(2015年10月3日)
  • 監督:佐藤信介
  • 脚本:大根仁
  • 出演者:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈
  • おすすめ: 3.0
  • ストーリー: 2.5
  • アクション: 3.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!