iPhone6sとiPhone6の電池持ちを比較!バッテリー容量が減ったが影響なし!

iPhone6s バッテリーの表示

iPhone6s/6s Plusは前モデルのiPhone6/6 Plusよりもバッテリーの容量が減っていることが分解レポートなどで明らかになっていますが、Appleは公式では電池の持ちは変わっていないとしています。

これは、A9プロセッサが新世代の技術(14/16nmプロセス)で製造されていることや2GBのRAMがLPDDR4という新規格のものに切り替わりました。

さらにその他のチップもより省電力なものを採用したことで実現できたことなんだと思いますが、本当にバッテリー駆動時間は短くなっていないのか…疑いの目でどうしても見てしまうのは良くない性格。

スポンサードリンク

iPhone6sとiPhone6の電池持ちを比較

旧モデルよりバッテリー容量が少なくなっている

iPhone6s/6s Plusのバッテリー容量は以下の通り、削減されているのです。

  • iPhone6 → iPhone6s:1,810mAh → 1,715mAh
  • iPhone6 Plus → iPhone6s Plus:2,910mAh → 2,759mAh

3D Touchなどの新機能を搭載したことでスペース的に余裕がなくなってしまったのかiPhone6sで100mAh程度、iPhone6s Plusで150mAh、少なくなっていますね。ということで、iPhone6とiPhone6sを同じように使ってみてバッテリーの減りはどう違うのか調べてみました。

といっても、全く同じ環境ってわけではないのであくまで参考レベル程度のものですが。

2台持ちで常に2台同時操作で実験

実験方法は、NTTドコモのSIMカードを入れて、ディスプレイの明るさも同じにして行っています。今回は実生活をしながらの実験となったのでSafariを見る時は同時に使う、調べ物をする時は常に2台同時に使うなど、はたから見ると意味不明の、あやしい状況下の中実験を行いました。

10:32:スタート(左:iPhone6、右:iPhone6s)

iPhone6とiPhone6s

10:33〜11:59:YouTube (左:iPhone6 73%、右:iPhone6s77%)

f:id:kazu-log:20151006103941j:plainYouTubeの閲覧の時点でiPhone6よりもiPhone6sの方が4%ほどバッテリーの持ちが良かったことがわかります。

12:00〜12:10:Zen Garden(左:iPhone6 61%、右:iPhone6s 67%)

f:id:kazu-log:20151006104142j:plain

グラフィックAPIのMetalをガンガンに使ったグラフィックアプリでは10分間という短い時間でもありながら一気にバッテリーを消耗してしまいます。

とはいえ、iPhone6よりもiPhone6sの方が2%ほどバッテリーの持ちが良かったようです。

12:11〜翌日6:25(左:iPhone6 9%、右:iPhone6s 17%)

f:id:kazu-log:20151006104356j:plain

すみません。一気に飛びます。翌朝です。おはようございます。

この期間はSafariを使ってネットサーフィンをしたり、アクセス数を確認したり、といった普通の作業で使っていました。そして、夜は普通に寝たので少なくとも5時間くらいはずっとロック状態になっていたはずです。

この時点で8%の差が付き、iPhone6sの方がバッテリーの持ちが良いことが確認できました!

つまり、バッテリー容量が100mAhも少ないにも関わらずiPhone6sはiPhone6と同等の電池の持ちを実現している、Appleの公式の発表には何の偽りもない、ということがわかりました。

スポンサードリンク

個体差、使用環境によって異なる

ただし、使用するアプリや環境によって結果が逆になってしまうこともあるようなので注意も必要です。ここ最近話題になっているA9プロセッサの製造メーカー(SAMSUNG or TSMC)の違いによって性能や電池持ちが違うというのも。

「iPhone 6s/6s Plus」の「A9」プロセッサ − 各種性能はTSMC製が上か | 気になる、記になる…

個体差の可能性も高いようですが、SAMSUNG製は14nmプロセス、TSMC製が16nmプロセスで生産されているなど若干の違いがあるのは確か。どちらのチップが搭載されているかどうかはCPU IdentifierというアプリをこちらのサイトからiPhoneからアクセスしてインストールすれば確認できます。(自己責任となります)

試してみたところTSMC製のA9プロセッサが搭載されていました。

A9プロセッサ

最近の記事では、TSMC製の方がバッテリーの持ちが良く性能が高いと言われています。比率的にiPhone6s Plusがサムスン製、iPhone6sがTSMC製のA9プロセッサが多く搭載されている傾向にあるようですが、どうなんでしょうか。

個人的には、TSMC製が搭載されていたので良かったかな…と漠然と感じています(理由は特にありませんが性能がちょっとだけ高いらしいので)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!