iPad Proを使って感じたメリットとデメリット、iPad Air 2とMacBookの違い【レビュー】

iPad Pro

12.9インチのiPad Proを使い始めて数週間が経過しますが、大きなディスプレイであるゆえにサイズも12インチのMacBookを上回るものとなってしまい、使用する用途もかなり限られてしまいます。

ということで、iPad Proを使って感じたメリットとデメリットをまとめたいと思います。

iPad Proを使って感じたメリットとデメリット

iPad ProはAppleのティム・クックCEOが「モバイルノートを置き代えることができる」と宣言しているデバイスでもあります。しかし、僕は少なくともモバイルノートである12インチのMacBookからiPad Proから置き換えることはできませんでした。

スポンサードリンク

画面が大きくなり、外部キーボードのSmart Keyboardがどんなに素晴らしい打ち心地であろうと、根幹であるOSがiOSである限り、MacBookからの置き換えをするのはかなり難しい状況です。

ただし、これはiPad Proで何をするかによって大きく異なる部分ではあると思います。ということで、いろんな視点からiPad Proというデバイスがどのようなモノなのか、ブログの更新のし易さなども紹介したいと思います。

iPad ProとMacBookのスペック比較

最初にiPad Pro、iPad Air 2、MacBookのスペックを比較します。

モデル iPad Air 2 iPad Pro MacBook
OS iOS9 OS X El Capitan
ディスプレイ
サイズ
9.7インチ 12.9インチ 12インチ
解像度 2,048 x 1,536ピクセル
264ppi
2,732 x 2,048ピクセル
264ppi
2,304 x 1,440ピクセル
226ppi
デフォルト
スケーリング
解像度
1,024 x 768ピクセル 1,366 x 1,024ピクセル 1,280 x 800ピクセル
CPU Apple A8X
3コア
1.5GHz
Apple A9X
2コア
2.25GHz
Intel Core M
2コア 1.1GHz/1.2GHz
RAM 2GB 4GB 8GB
ストレージ容量 16GB/64GB/128GB 32GB/128GB 256GB/512GB
タッチパネル ×
キーボード ○(社外製別売り) ○(別売り) ○(内臓)
トラックパッド × ○(内臓)
スタイラスペン ○(社外製別売り) ○(別売り) ×
背面カメラ 800万画素 ×
前面カメラ 120万画素 480p
ポート Lightningコネクタ USB-C
価格 16GB:53,800円
64GB:64,800円
128GB:75,800円
32GB:94,800円
128GB:112,800円
128GB:148,800円
256GB:184,800円
Apple Pencil × 11,800円 ×
Smart Keyboard × 19,800円 ×

iPad ProはSmart KeyboardやApple Pencilを組み合わせることでMacBookとほぼ同じ価格にまでの高級品になってしまいます。iPad Air 2の128GBモデルが75,800円ということを考えると、12.9インチになったiPad Proはいかに高いか分かるでしょう。

iPad Proのメリット

①性能が高い

CPUプロセッサの性能をGeekbench 3を使ってベンチマークを測定してみました。

iPad Proのベンチマークテスト

シングルコア マルチコア
iPad Air 2  1835 4628
iPad Pro 3195 5419
MacBook  2451 4572

シングルコア、マルチコアの性能はiPad ProのA9Xプロセッサが圧倒的に高性能となっています。A8Xプロセッサは3コアであることからMacBookよりも高い性能を発揮しているようですが、iPad Air 2ですらノートブックのMacBookのCore Mプロセッサよりも高い性能を持っているということになります。

iPad Air 2も高性能なので、iPad Proとの違いを体感することはあまり出来ません。しかし、Safariのウェブブラウジングをしている時に前の画面を戻るときなどは圧倒的にRAMの容量の多いiPad Proはサクサクと動作していることが確認できています。

また4K動画の書き出しは15インチのMacBook Pro(Retina,Late 2013)と同じくらいの時間で処理できることが明らかになっています。

Watch the iPad Pro go toe-to-toe with a MacBook Pro when exporting 4K video

もう、完全にハイエンドタブレットであることは揺るぎない事実。iOSとOS X、異なるOSなので単純比較は出来ませんが、もともと軽いOSでもあるiOSデバイスがこれだけのハイスペックな性能を持っているということは、それだく軽快に動作するということは想像するのは容易でしょう。

②画面が大きい

とにかくiPad Proは画面が大きいです。iPadシリーズと並べてみるとその画面の大きさは一目瞭然。

iPadシリーズの画面の大きさ

12インチのMacBookよりもかなり大きいです。

iPad ProとMacBook

なので、動画を見るときには迫力が他のデバイスとは違うのです。こちらの画像は左がiPad Proで右がiPad Air 2です。iPad Air 2がビックリするくらい小さく見えます。

iPad ProとiPad Air 2

また、iPad Proには先進的な4スピーカーシステムが搭載されており、このサイズからは想像できないほど音が良いのも大きな魅力です。

写真をみんなで見るときもこの大画面が生き、実際に家族と昔の写真をiPad Proで表示させてみんなあーだこーだ言いながら見ていたのですが、これはMacBookやiPad Air2では得ることができない体験と言えるかもしれません。

電子書籍を読むのもiPad Proでは生きるように感じます。横向きにして表示させると漫画の単行本とほぼ同じ大きさ(実際にはiPad Proの方が少し大きい)になります。

漫画を読む(iPad Pro)

膝の上の乗せるのがちょっと重いと感じるかもしれませんが。スタンドを使って読むことができるので、それぞれのスタイルで楽しむことができるのではないでしょうか。

③直感的な操作は健在

iOSは直感的に操作ができるように開発されたOSということもあり、その精神はiPad Proにも引き継がれています。基本的にはiPhoneを使える人であれば違和感なく使うことはできるでしょう。

iOS9

Apple Pencilを利用することで絵を描いたりメモを取るということも今まで以上に直感的にすることが可能となりました。そして、Smart Keyboardを組み合わせることで文章を書くという作業もiPadでし易いように改善されています。

Smart KeyboardとApple Pencil

確かに、Smart Keyboardを使った文字入力はOS Xを基盤としたMacBookの操作性に比べるとかなり劣る部分はありますが、iPhoneを使っていたユーザーがiPad Proを使うことを考えると納得する部分でもあります。

iPad Proのデメリット

①大きい、重い、ダサい

iPad Proのメリットでもありデメリットでもあります。サイズは12インチのMacBookよりも大きいです。

iPad Proのサイズ

厚みはiPad Proの方が薄いので、これだけで利用するのであれば良いと思うのですが。

iPad ProとMacBookの薄さ

Smart Keyboardを装着することで厚みもMacBookよりも分厚くなります。

iPad ProとMacBookの薄さ

そして、何よりMacBookと比較しても見栄えがカッコよくない。

20151124140207

Smart Keyboardを装着してキーボードスタイルにして並べてもMacBookの方が断然、カッコイイんです。どうしても、Smart Keyboardは付属品って感じに見えます。

iPad Pro スマートキーボード

MacBookは全体がアルミボディなのでカッコイイ。キーボードの文字盤が光るのもポイント高し。スタバでドヤるならMacBook。

MacBookを横から見ると

iPad Proって横向きで使う場面が多いのにAppleのロゴマークは縦向きのままというのも違和感を感じます。

iPad ProとMacBookの後ろ姿

②ブログの更新がイマイチ

iPad Proを購入して試してみたかったのが「ブログを更新を問題なくすることができるか」です。

結論から先に書くとWordPressのブログなら問題なく更新ができますが、はてなブログに関しては、はてなブログのアプリを利用してブログ記事を書いて、最終的なアップはブラウザ側から行う必要があります。

なら最初からブラウザではてなブログの管理画面にアクセスして記事を書けばいいのではないかと思うかもしれませんが、それが出来ないんです。

まず、Smart Keyboardを利用した文字入力で変換窓の位置がおかしいです。

iPad Pro 文字入力のバグ

写真を入れても表示がバグってます。

iPad Pro 表示バグ

そしてHTML表示もバグってます。

20151129113443

ちょっと使い物にならないのです。ちなみに、画像はカメラアプリから直接写真を撮ってそのままアップしたり、フォトライブラリ、さらにiCloud Driveを利用することでアップすることができるので問題はありません。(Googleフォトからのアップロードは出来ませんでした)

20151129113441

なので、はてなブログの公式アプリで記事を書いて保存してベースを作ってから記事を更新するという流れになるのかなと。

20151129113444

ただし、アプリの方はiCloud Driveからの写真のアップロードが出来ないのでちょっと曲者かも。

ちなみにiPad Proで写真のサイズを変更したい場合はサードパーティ製アプリを利用することで可能です。こちらは「imageResizi」というアプリを利用したものです。

20151129113438

ただ、はてなブログはフォトライフの設定でアップロードするときに写真サイズを変更することができる機能が備わっているので、そちらで1000pxとかに設定しておけばリサイズの問題はなくなるかと思います。

ワードプレスに関してはウェブブラウザからの更新は特に問題なく操作ができました。

iPad Pro ワードプレス

③文字の切り替えがダメ

文章を書くときには日本語や英語の切り替えをすると思います。iPad ProとSmart Keyboardの組み合わせでは地球儀マークをタップすることで切り替えが可能となっています。

20151129113440

これは慣れでどうにでもなる部分かと思うのですが、ソフトウェアが問題。切り替えをすると「日本語 → 絵文字 →English(US)」と切り替わるので、日本語からEnglish(US)に切り替えるには地球儀マークを2回押さないといけないのです。

f:id:kazu-log:20151129113440j:plain

これが非常に手間。(追記:「設定」の「キーボード」から「絵文字」を表示させないようにすれば問題は解決します)

③マルチタスクでできる作業が少ない

iOS9よりマルチタスク機能が見直され、Split Viewを使うことで2画面同時に作業を行うことができるようになりました。しかし、対応しているアプリが限定していることや連携機能が充実していないことなど、まだまだ使いにくいのは事実。

iPad ProとMacBookのマルチタスキング比較

MacBookならウィンドウは好きなだけ表示させることができ、クリエイティブなアプリもガンガン同時にストレスなく使うことができます。やはり、作業性と重視するのであればMacBookという選択になってしまうのです。

iPad ProはあくまでiPad

iPad ProはあくまでiPadであることを忘れてはいけません。

MacでできるようなことをiPad Proに求めてはいけないのです。iPad Proはタッチパネルを生かした操作性をベースに発展してきたデバイスであり、Apple Pencilを追加することでクリエイティブな作業ができる環境を拡充したいユーザーなどに受け入れられるものになりそうです。

また、パソコンを持っていないユーザーがiPad Proを選択するということも考えられるのかもしれません。普段は動画やウェブブラウジングをする程度の使用用途だけど、動画や電子書籍などを大画面で見たい、また文章作成なんかもちょっとだけしたいといったユーザーなんかにも良いデバイスと言えるかもしれません。

iPad Pro – Appleオンラインストア
Smart Keyboard – Appleオンラインストア
Apple Pencil – Appleオンラインストア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!