サイレーン(最終回)橘カラの正体は猪熊と双子でドラマオリジナルの衝撃の結末!

ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」は9話で最終回となりましたが、まさかの展開で驚きの連続で面白かった!ドラマ版のサイレーンの結末は完全にオリジナルストーリーとなっており、どのように展開していくのか全く読めませんでした。個人的に途中で意味不明になってしまって付いていけなくなりましたが何とか理解して、納得。

いや、納得できたのか。とにかく、月本院長(要潤さん)の整形技術が物凄いということはわかった。神の手ですね。

サイレーン 刑事×彼女×完全悪女 最終回(9話)の感想

キックボクシングの子が橘カラ(菜々緒さん)の影武者になっていたことは予想はできましたが、まさか猪熊(木村文乃さん)と偽橘カラ…つまり十和田幸が双子の姉妹だったという展開は全く予想できませんでした…。そういえば、ドラマ版では猪熊はあえて養子という設定になっていたので…

スポンサードリンク

なるほどね。

だから原作とは猪熊が違う設定になっていたんですね。と考えると最初からこの展開は予想しようと思えばできたのかもしれません。でも、これを予想できていた人は凄いと思う。誰もがこの展開に騙されたんじゃないでしょうかね。いや、面白かった。

ちょっとややこしいのでもう一回まとめます。

  • 本当の橘カラ → 高校卒業後に十和田幸に殺される
  • 今まで登場していた偽の橘カラ → 十和田幸。猪熊と双子の姉妹で同じ顔をしている。それぞれ養子に出され違う家族の元育てられ、本当の橘カラを殺害してから整形をして橘カラになる。そして再び元の顔(猪熊と同じ顔)に戻る

…ってことで合ってますよね。

それにしても、途中から猪熊の顔をした偽カラ(十和田幸)が里見(松坂桃李さん)と戦うシーンで木村文乃さんから菜々緒さんに切り替わってと….もう意味不明のカオス状態でしたね。後から理解してやっと納得いった感じ。木村文乃さんの顔をした猪熊と十和田幸が同時に出てきたシーンとかどうやって撮影したんだろう。って思う。

サイレーン 最終話のストーリー

別荘で里見は猪熊を発見して救出を試み激戦の末、猪熊が橘カラをち胸を撃ち抜いたことでめでたしめでたし…とはならず、なんと別荘が火事に。なんとか別荘から抜け出した里見と猪熊をデカチビの速水(北山宏光さん)と安藤(船越英一郎さん)が発見し、病院に緊急搬送されました。

そして、後の捜査で別荘から橘カラらしき遺体が発見されたことも明らかになります。ただし、損傷が激しくて本当に本人のものかどうかは確証はありません。

猪熊に違和感を感じる里見と母親

里見は病院で目を覚まします。

猪熊やレナ(石橋杏奈さん)も無事であることを知って安堵の色を示します。しかし、里見は橘カラの亡霊を見ます。まだ、事件は解決していないのではないか、そう感じるのでした。

猪熊の病室に里見は向かいます。アイ(佐野ひなこさん)とレナの3人で話をしています。そして二人は病室を出て行き、里見と猪熊は久しぶりに二人っきりに。そしてキスをします。

しかし、里見は違和感を感じます。そして「部屋戻るわ、また来るから」と猪熊の病室を出ていきます。

「あの時は気づかなかったけど….何かが違う。」

そして、十和田幸が整形をして橘カラに成り変わっている可能性、橘カラが猪熊に成り代わっている可能性、月本もまだ見つかっていないことをを考えて…「いやいや…ない。ない。」と自分の考えを否定するのでした。

猪熊の母親が里見の前に現れます。

母親も猪熊に異変を感じていたのです。鎮痛剤をえらくたくさん飲んでいることや、嫌いだったタコを食べていることなど。そして、里見は猪熊の髪の毛と実家に落ちていた髪の毛をDNA鑑定。DNA鑑定は特に問題はなさそうですが、本当に同じかどうかはちゃんと調べないとわからないようです。

完全に病院にいる猪熊は橘カラなのではないかと疑っている里見。GPSを仕掛けた合鍵を猪熊に渡して監視することに。

十和田幸と猪熊が双子

里見は再び十和田幸の地元に訪れます。彼女の母親に会いに施設にやってきます。そこで、十和田幸は母親とは血のつながりがない養女であったことを知ります。そして猪熊も養女だったことを思い出します。

里見は十和田幸が卒業をした栄西高校に訪れ卒業アルバムを見せてもらいます。すると、そこに写っていた十和田幸の顔は猪熊と瓜二つ。

その頃、病室にいる猪熊はスマホを見て里見が栄西高校に行っていることを知ります。合鍵を渡した時に逆に里見はGPSを仕掛けられていたのです。

猪熊は病実を抜け出します。

里見は千歳に連絡をして猪熊が双子なのかどうかを調べて欲しいと。事件と多いに関係があるかもしれないと。

そして、亀見橋の下にやってきて石が積み上げられた場所を掘ります。すると骸骨が出てきました…本物の橘カラのものであると確信。というか、ものすごく浅いところに埋めたもんですね。今まで発見されなかったことに驚きです。

と、後ろを振り向くと猪熊….いや、猪熊と同じ顔の偽橘カラの姿が。「何してるの?里見くん。」と。

里見は「本物の橘カラの遺体を見つけた。俺たちが橘カラと思っていた人物は、整形をした十和田幸だ。お前、十和田幸だろ?」と。

そして「夕貴はどこだ?」と聞きます。猪熊の顔をした偽橘カラは「何言ってんの?私が猪熊夕貴だよ。」と里見に抱きつきます。と、その瞬間、里見に襲いかかります。「さすがだな、里見。運動能力は猪熊より上か?」と正体を現したのでした。

二人は戦います。このシーンは木村文乃さんではなく菜々緒さんが演じています。もうね、混乱するから普通に木村文乃さんでアクションしてくれよって感じですが。

里見は「夕貴はどこだ?!言え!!」と。そして、偽橘カラは里見に写真を送信します。そこには土に埋められた猪熊の姿が。偽橘カラは「とっくに殺した、そして永遠に私の一部になった。あの世で猪熊と会え!」と。里見は静かに怒り心頭です。亀見橋から突き落とそうとします。

と、その時パトカーが来て里見は逃亡。偽橘カラは保護されます。里見は土に埋められた猪熊の写真を見て「ごめん…ごめん。夕貴…。」と号泣するのでした。

里見と橘カラの最後の攻防戦

里見は公衆電話から安藤課長に電話をします。

「橘カラは死んでません。橘カラは整形をしてイノさんに成りすましている。カラの本名は十和田幸。本物の橘カラに成りすましています。」安藤は「だからって猪熊が橘カラだいう証拠はないだろう」と言いますが、里見は「これから証明してみせます」と。

偽橘カラは鎮痛剤を飲んでいます。かなり苦しんでいるようで猪熊の家を抜け出し月本院長のもとに行きます。鎮痛剤とみられる注射打ってもらっています。頭の皮膚が壊死してきているようで、月本は整形のしすぎを指摘します。

と、そこに里見が月本に家に入ってきます。そして、ここでも戦いシーンに。里見は完全に顔がイッてしまっています。無痛でいう犯因症が出ている状態でしょうか。と、そこに本物の猪熊の姿が。

なんとまだ生きていて監禁されていたのです。本物の猪熊と偽物の猪熊の絡み。どうやって撮影してんだろ。そして場面は木村文乃さんから菜々緒さんに。戦いのシーンが続きます。

里見は「本当に消したいのは自分だ。でも、それができない。整形だってそうだ、整形を繰り返すことで自分を殺したがっている、お前は夕貴の顔になることで夕貴の人生を送れると思っている。でもそれは大間違いだぞ!」と。

橘カラは「黙れ!!お前みたいなやつに何がわかる!」。そして偽橘カラは里見に向かって発砲しますが隙を見て取り押さえます。

スポンサードリンク

十和田幸が逮捕

そして、刑事達が現場に入ってきて偽橘カラ…十和田幸が逮捕されます。実は、安藤に電話をしてから携帯電話を通話状態にして会話を安藤に聞かせていたのです。里見は安藤に「ありがとうございました、信用してくれて」と。安藤は「当たり前だ。こう見えてもお前のことをよくわかっているつもりだ」と。

後日、十和田幸の母親に猪熊は顔を出しに行きます。すると、「幸…?」と。やはり、十和田幸と猪熊夕貴は全く同じ顔だったようですね…さすが双子なだけあります。警察署で猪熊と連行されている十和田幸とすれ違います。

猪熊は「幸さん。さっき、あなたのお母さんに会ってきた。私を幸さんと間違えてずっと謝っていた」。十和田幸は「子供の頃から双子の妹がいると聞いていた。そしてずっと探していたんだ。私はその子になりたかった。初めて見たとき、やっと見つけたと思ったよ。私自身に。」そして里見を見て「お前の言ったことは正しい。」と。

その後、火事で燃えた別荘で発見された遺体はキックボクシングの日々野まひるであることがDNA鑑定で明らかになったのですが、別荘に行く前にすでに橘カラとまひると入れ替わっていました。

里見は「火事の時、カラはなんで俺を放置しなかったんだろうな」と。猪熊は「案外、里見くんのこと好きだったのかもよ。双子って趣味が似るって言うじゃない」と、再びいつもの風景に戻ったのでした。

なかなか良かったサイレーンドラマオリジナルストーリー

てな感じで最終回を迎えたドラマ版のサイレーン。個人的には非常に面白く今期ドラマの中でも首位ですね。視聴率があんまり良くなかったのは残念なところですが。

ドラマ版の結末って原作者の山崎紗也夏さんが考えたストーリーだったのか、それとも脚本の佐藤嗣麻子さんが提案した内容だったんでしょうかね。佐藤嗣麻子さんはアンフェアの脚本と担当しているということもあり、一筋縄で終わらせたくなかったという部分があったのかもしれません。

顔の再現度はもちろんですけど、声や身長、スタイルまでも変えてしまうんですから(笑)彼は整形界のレジェントと言えるのではないでしょうか。そーいえばサイレーンの7話の別荘で監禁された猪熊…いや偽橘カラのコスプレ。あれ、なんの意味があったのか、伏線が回収されてませんね。

単なるサービス?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!