ドラマ「わたしを離さないで」のあらすじがヤバすぎて号泣必須!

watashiwo001

2016年1月のTBSの金曜ドラマ「わたしを離さないで」はイギリスのベストセラー作家でもある日系イギリス人のカズオ・イシグロさんの小説が原作となった作品で、2010年にはイギリスで映画化もされている作品でもありますが、日本では多部未華子さん主演で舞台化もされていたり、世界中で様々にメディア展開を見せている作品です。

今回に日本でのドラマ化については世界初ということでかなり注目を浴びそうなドラマになりそうです。

個人的にこのドラマはかなりの問題作になるのではないかと思っています。というのも、内容がいろいろと凄すぎてヤバいです。原作がイギリスということですから多くの設定は日本版に置き換わるのですが基本設定の「ある施設で育った幼馴染3人の物語」というのはそのままです。

最終回のネタバレと感想!

9話のネタバレと感想!

→8話のネタバレと感想

7話の感想はこちら

6話の感想はこちら

5話の感想はこちら

4話の感想はこちら

1話〜3話の感想はこちら

スポンサードリンク

主人公の保科恭子(原作はキャシー)を演じるのは綾瀬はるかさん。そして土井友彦(原作はトミー)は三浦春馬さん。酒井美和(原作はルース)は水川あさみさんという爽やかなキャスティング。

「わたしを離さないで」のあらすじを少しだけ読んだんですが、かなりヤバイですね。号泣必須かもしれません。TBSの金曜ドラマって涙系のドラマが多いですが「わたしを離さないで」もそれ系のドラマのようです。

原作者のカズオ・イシグロさん

原作者のカズオ・イシグロさんは5歳の時まで日本で生活をしていましたが父親の仕事でイギリスに行ったことがきっかけに、ずっとイギリスで生活、イギリスで結婚をしたという経歴の持ち主。日本語もほとんど話すことができないそうで大人になってからイギリスに帰化しているということですよ。

日本人の血を持ちつつ、イギリスで育った感性を持ったカズオ・イシグロさん。なんか不思議な感じですね、やはり独特の感性を持った方ということなのでしょうか。

映画版「わたしを離さないで」を見た感想はこちら

あらすじ

原作で登場する3人はキャシー、トミー、ルースですが、日本版ドラマではキャシーが保科恭子、トミーが土井友彦、キャシーが酒井美和とキャラクターを変えて登場することになります。

物語は「陽光学苑」という隔離施設(原作はヘームシャム)から始まります。

この施設は世間からは隔離されたものとなっており、何か障害があってこの施設で育てられたわけではなく少し変わった施設となっています。そして、3人は生まれてからずっと陽光学苑で生活を送り、さらにこの施設から出たことはないという。

3人は何不自由なく子供らしい生活を送っていましたが、ある時先生から「君たちはある特別な使命を背負った子供なんだよ」と聞かされることになったのです。

実は、この3人はクローン人間なのです。だから隔離されて施設で育てられており、本物のオリジナルの3人は普通の世界で生活をしているということになります。もちろん、本人たちは大人になるまでは事実を知らずこの施設内だけの世界で生きることになります。そして、成人になり提供者となって3〜4回ほどの手術を繰り返し人生を終えるという過酷な運命を背負った人の物語。

臓器提供をする立場になった者を「提供者」、提供者になる前に「介護人」になって提供者をフォローすることになるようです。つまり、介護人はいずれ自分もそうなる運命を共に生活をしてきた友を目の当たりにすることになるのです。ドラマでは幼少期時代と現代が交互に描かれることになるのですが、現代では恭子(綾瀬はるか)が介護人という立場、美和(水川あさみ)と友彦(三浦春馬)が提供者となりベッドの上で世話を受けているという状況になっています。

もうね、かなりヤバそうな題材のドラマです。

原作の世界ではクローン人間は認められていることが前提条件となっているような世界観。この世界がどのような世界なのかが描かれていないので疑問はかなり多いのですがクローンも人間で感情も普通の人間と同じようにあるわけで人権を問われる、かなり難しいテーマであることは間違いないでしょう。

臓器提供が目的のために育てられた3人ですから、その運命を変えることはできないでしょうし、ハッピーエンドはないんでしょうね。どのような形で物語が進んでいくのか非常に楽しみです。

スポンサードリンク

登場人物とキャスト

保科恭子:綾瀬はるかさん

本作品の主人公で施設で育てられた3人組の一人・保科恭子を演じるのは綾瀬はるかさん。映画「ギャラクシー街道」ではコメディーな役柄を演じた綾瀬はるかさんですが、このドラマではかなりシリアスな役どころ演じています。

笑顔が全くないのがちょっと残念。

幼少時代の恭子を演じるのは鈴木梨央ちゃん。この子、ドラマ「あさが来た」でも主人公のあさの幼少期と子供の千代を演じるなど本当に活躍をしていますね。

土井友彦:三浦春馬さん

3人組の一人・土井友彦を演じるのは三浦春馬さん。映画「進撃の巨人」のエレンの役では迫真の演技を見せてくれましたが、こちらでもシリアスな感じの演技を見せてくれるでしょうか。

原作を読んで「生きることは常に欲求」と感じたそうで、その感覚は残酷で生々しいけど美しいことであると素晴らしいコメントを残しています。人間だからこそ欲求があって当たり前、しかしこの施設で育ったクローンは運命はすでに決められている。どうにもならない状況の中で生きている土井友彦という人物をどのように演じるのか。

幼少期時代は中川翼くんが演じます。

酒井美和:水川あさみさん

3人組の一人・酒井美和を演じるのは水川あさみさん。美和は非常に嫉妬心が強い女の子で恭子の全てを奪うことになるようです。彼女が演じる女の嫉妬は本当に怖いものを感じます。まさに適役といったところ。

幼少期時代は2015年にデビューしたばかりの小学4年生、10歳だという瑞城さくらちゃんが演じます。

スポンサードリンク

第1話〜3話を見た感想

個人的にもかなり注目をしている「わたしを離さないで」ですが、第1話を見て思ったのはとにかく「暗い」です。

想像はしていた以上に暗く、重く、独特の雰囲気があります。もっと涙を誘う内容なのかなと思っていたのですが、それよりも「怖い」という印象の方が強いかもしれませんね。

現在と過去を行ったり来たり

主演は綾瀬はるかさんの演技は女優としての天性を感じます。明るい側面を見せつつ(このドラマでは明る側面はありませんが…)人間の闇の部分を感じさせるのが凄い。

第1話と2話は幼少期時代の鈴木真央ちゃんがメインで物語が進行し現在と過去(20年前)を行ったり来たりした感じで物語が進みます。現在はどのような状況下なのかは説明がないので理解しにくいのですが、過去から現在に時間軸が進むことで明らかになっていくことでしょう。

1話では三浦春馬さんは手術台の上、水川あさみさんは最後の最後でワンシーンだけ登場するだけで、登場シーンが少なかったのが残念だったのですが、第3話で大人になって卒業、ようやくメインキャストで物語が進行することになります。ちょっと年齢的に制服姿には違和感を感じましたけどね。4話以降は学校から離れて共同生活をすることになり、今までとは違う展開を見ることができそうです。

わたしを離さないでの謎

このドラマは多くを語らないのでなぞが多いように感じます。

龍子先生が陽光学園にやって来た理由

龍子先生はなぜ陽光学園にやって来たのでしょうか。

クローン人間の学校であることを知らずにやって来たのかもしれませんが、そのような教師をなぜ採用したのか学校側の意図も謎です。何十年も前からやってきたことなら揉め事に発展することは容易に想像できたはず。

恭子たちが卒業をするまでかなり問題起こしてしまった龍子先生は精神的にもかなり参った感じに憔悴しきっていましたし、最終的に「あなたたちは単なる家畜と同じなのよ!」と暴言を吐いて強制退場させられることになりました。そうなる前に辞めればよかったのに。

大人になったら外の世界で生活する理由

陽光学園を卒業をしたら何人かのグループに分かれてコテージでの共同生活に移るのがルールとなっているようですが、そこは今まで隔離されていた世界ではなく普通の人間も一緒に生活をしている世界のようです。クローンということはオリジナルも存在するわけで、一般社会の世界で生活をさせても問題がないのか疑問。

まあ、コテージで生活をさせられることで管理はされることにはなりますが。提供者になるまでは介護人としての役目がありますが、その期間が唯一自由になれる時間のようなので、せめてその期間だけは人間らしい生活を送って欲しいという配慮なのでしょうかね。

うーん。。謎が多いな。。。

恭子は美和になんで弱い?

恭子は美和のことを恨んでいます。「私の全てを奪った女」と言っています。幼少時代から恭子は美和に対しては弱い感じでした。なぜなんでしょうか。何か弱みを握られていたのか?そして、美和は元々は恭子と仲が良かった友彦と付き合うなど、嫌がらせのような行動も取ります。

この二人の関係が結構謎ですね。

映画版「わたしを離さないで」を見た感想はこちら

最終回のネタバレと感想!

9話のネタバレと感想!

8話の感想はこちら

7話の感想はこちら

6話の感想はこちら

5話の感想はこちら

4話の感想はこちら

■みんなはどう思ってる?

ドラマ「わたしを離さないで」の感想は?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!