スターウォーズ エピソード4 新たなる希望の感想とあらすじ

starwars4

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」は1977年に公開された映画で、誰しも名前くらいは聞いたことがあり黒色の仮面を被ったダースベイダーと正義の味方のルークが光る剣で戦うというストーリーであることくらい知っていることでしょう。

テレビでも幾度となく放送された作品でもあるので1回くらいは何となく見たことがある方も多いかと思います。

個人的にもスター・ウォーズに関してはそんな感じで、見たことはあったけどしっかりとは見ていない..という感じだったのですが、2015年12月18日に公開された最新作「スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を見て、スター・ウォーズという作品にハマりました。

スポンサードリンク

なので、改めてスター・ウォーズシリーズを最初から見返しいるのですが…なかなか面白いですね。特に第1作品目となる本作品はシリーズの原点ということもあり、ルーク・スカイウォーカーやハンソロ、レイア、ダースベイダー、などの重要なキャラクター、そしてフォースについてなど、スター・ウォーズには欠かせない要素が数多く登場し非常に重要な作品になっています。

「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」はエピソード4と書いてありますが、1977年に第1作として発表された作品です。のちにこの物語よりも前のエピソードがあるということで「エピソード1〜3」が発表される時に「エピソード4/新たなる希望」に変更されたという経緯があります。

原作者でもあるジョージルーカスは当初から9部作でスターウォーズの構想を練っていましたが、エピソード1〜3は当時の技術では制作することは難しいということからエピソード4から制作され、まずはヒットさせることを念頭に撮影が進められたそうです。

あらすじ

「エピソード4/新たなる希望」は、のちに続く「エピソード5」と「エピソード6」のベースとなる物語となっているので、一番最初に見るべきスターウォーズと言えます。

帝国軍が支配下を置く世界

スター・ウォーズの世界は銀河系の世界ではありますが遠い昔の話ということとなっており、銀河系は帝国軍による圧政下にあり、当時栄えていた共和国は守護神だったジュダイが耐えたことによって崩壊。

そんな中で、反乱同盟軍が帝国軍の惑星を破壊することができる宇宙要塞デス・スターの設計図を盗み出すことに成功。銀河帝国皇帝パルパティーンはダース・ベイダーにデス・スターの設計図の奪還と反乱同盟軍の基地発見を命じます。

反乱軍が帝国軍のデス・スターの設計図を奪還

反乱同盟軍の指導者はレイア・オーガナ姫。

デス・スターの設計図を盗んだことで帝国軍に追われています。帝国軍に捕まってしまった中でオビ=ワン・ケノービに助けを求めるべくドロイドのR2-D2に設計図を託しC-3POと共に船から脱出させます。

R2-D2とC-3POは砂漠の惑星タトゥイーンにたどり着きます。

そこでジャワ族に捕まってしまって売り飛ばされてしまいます。偶然にも本作の主人公のルーク・スカイウォークの育ての親であるオーウェン・ラーズがR2-D2とC-3POを購入。ルークと2体のドロイドが出会うことになります。

オビ=ワン・ケノービとの出会い

R2-D2はオビ=ワン・ケノービに助けを求めるレイアの映像を流します。

そして、続きの映像を見るために行動規制ボルトを外すとR2-D2はオビ=ワン・ケノービを探しにルークの家を脱走、ルークはR2-D2を探しに砂漠に出ますが砂の民族・サンドピープルの襲撃を受けることになりピンチに。

そこにベン・ケノービが現れ助けられるのでした。ベン・ケノービこそがR2-D2が探していたオビ=ワン・ベン・ケノービだったのです。ルークはその後も彼のことを「ベン」と呼んでいます。

レイアが彼に助けを求めたのは共和国のジェダイの生き残りだったから。そしてルークの父親もジュダイの騎士であったことをオビ=ワンは明らかに。そしてオビ=ワンの弟子だったダース・ベイダーに殺されてしまったことも。

そして、父が使っていたというライトセーバーをルークは受け取ります。

R2-D2が目的のオビ=ワン・ケノービと出会ったことでメッセージの続きが見れるようになります。デス・スターの設計図はレイアの故郷である惑星オルデランに行って義父のベイル・オーガナに渡してほしいというメッセージだったのです。

オビ=ワンはルークに「一緒にレイア姫を助けよう」と言いますが、ルークは「家に帰らないといけない」と断ります。

しかし、村に戻るとR2-D2を探している帝国軍の姿が。村をめちゃくちゃにされ家族も殺害されてしまったことでルークはこの惑星に留まる意味を無くしたことからオビ=ワンと共に設計図を渡しにオルデランに行くことを決意。

船長ハン・ソロとの出会い

惑星タトゥイーンの宇宙港でオルデランに行ってくれるパイロットを探すオビ=ワンとルーク。そこでミレニアムファルコンの密輸船長であるハン・ソロと相棒のチューバッカと出会います。

ダース・ベイダーに捕らわれたレイアは「反乱軍の本拠地を教えないと故郷の惑星オンデランドを破壊する」と脅迫を受けていました。そして、本拠地を教えたのですが、ダース・ベイダーは惑星オンデランドを破壊。

故郷を破壊され絶望するレイア。

その頃、ハン・ソロが操縦するファルコンがハイパースペースに入り光速移動し惑星オンデランドに到着します。しかし、破壊された後ということもあり惑星がなく小惑星がの海の中に入ることに。そして、要塞デス・スターに捕らわれてしまうのでした。

レイア救出、ダース・ベイダーオビ=ワンの対決

ルークとハン・ソロはストームトルーパー(白色の装甲服をかぶった敵)を倒し、自らその装甲服を装着し船内を調査します。R2-D2はコンピューターを解析してレイアが監禁されている情報を得て、救出に向かい、見事レイアを救出することに成功。しかし、オビ=ワンはかつての弟子だったダース・ベイダーと対面、戦い、ヤられてしまいます。

その間にレイアを救出したルークやハン・ソロはファルコンでデス・スターを脱出し反乱軍の秘密基地があるヤヴィン第4衛星に向かいます。

そして基地でデス・スターの設計図を解析し弱点を見つけることに成功。ルークは反乱軍のパイロットになってデス・スターを破壊すべく準備を進めます。ハン・ソロは借金を返さないといけないことから戦いには参加せずに帰ってしまいます。

デス・スターの弱点を突いて勝利

そして、帝国軍はヤヴィン第4衛星にやってきます。強力な武器を前に反乱軍はピンチに陥りますが、ハン・ソロのファルコンが助けに、そしてみんなの協力でデス・スターの弱点を突いて破壊することに成功、反乱軍が勝利を収めることに。

ただし、ダース・ベイダーはどこに行ったのかはわかりません。

スポンサードリンク

感想

「スターウォーズ エピソード7/フォースの覚醒」を見てから本作品を見返してみると、「フォースの覚醒」は本当に「新たなる希望」のオマージュシーンが多いということに分かります。

そして、ストーリー展開も似ていることにも気付きます。特に冒頭のシーンなんかは「新たなる希望」の場面をそのまま再現しているだけなんじゃないか…って思うくらい。まあ言いすぎのような気もしますが、今までのスターウォーズファンが見るとかなりテンションが上がることは間違いないでしょうね。

「新たなる希望」は1977年に公開された映画で、当時はCG技術は使い物にならないくらい再現度が低かったことから、ほとんどが特撮で撮影されているそうで、今となっては物珍しい手法でもあるので、どうやって撮影しているのだろう…と関心を持ってしまいます。

そういう見方でこの作品を楽しむのも面白いと思います。

かなり修正されている

ちなみに現在ストリーミングサービスなどで見ることができるスター・ウォーズは修正や追加シーンなどかなり加えられたバージョンとなっており1997年に公開されたオリジナルのものとはかなり異なっています。

最初のタイトルコールからもepisode4という文字が追加されるなどかなり変化しているんですよね。そして解像度もぜんぜん違う。映画ってフィルム撮影だからいくらでもデジタルリマスターして綺麗に解像度を上げることもできるのがすごいところ。

エピソード4は一番最初の作品ということもあって、エピソード5や6と比べてもかなり修正箇所が多いみたいです。個人的に、オリジナル版を見てみたいんですけどどうすれば見ることができるのでしょうか。

  • スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望(1978年7月1日)
  • 監督:ジョージ・ルーカス
  • 脚本:ジョージ・ルーカス
  • 出演者:マーク・ハミル、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー
  • おすすめ: 4.0
  • ストーリー: 4.0
  • アクション: 3.0

スターウォーズの関連記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!