ブラック・スキャンダル(Black Mass)はジョニー・デップありきの映画!

blackmass

ジョニ・デップが超がつくほどの悪い役を演じていると聞いて「ブラック・スキャンダル」を見てきました。R15に指定されている映画だけあって、内容はかなりブラックなものとなっています。

「ブラック・スキャンダル」の感想

原題は「Black Mass」というタイトル

この映画は原題はブラック・スキャンダルではなく「Black Mass」となっており原作はノンフィクション小説になっています。映画のタイトルも「Black Mass」となっているので、日本でのタイトル名だけがより分かりやすいものに変更されたようです。

物語の概要

スポンサードリンク

概要として、ジョニー・デップが演じる主人公はジェームズ・ジョセフ・バルジャーで最初の頃はそれほど凶悪な犯罪者という雰囲気はなかったのですが、最愛の息子を亡くしたこと、妻に愛想をつかれてしまったことにより、人が変わったかのように凶悪な冷酷な悪人になっていく様子が描かれています。

そんなジェームズですが、FBIの捜査官ジョン・コノリー(ジョエル・エドガートン)と繋がりがあることから自分自ら犯罪を起こしつつFBIに情報を提供することから逮捕されることなく生活をすることができたのです。さらに兄はマサチューセッツ州上院議長のウィリアム・バルジャー(ベネディクト・カンバーバッチ)。

つまり、周囲にうまくFBIや議員との関係を築くことによって自分が凶悪なことをしているにもかかわらず、情報を提供することによって逮捕を逃れていたということ。ジェームズ自身も悪ですけど、それを良しとしていたジョン・コノリーもかなり悪質なもんですよね。

これが実際に1970年代後半から1980年代のアメリカ・ボストンで起こった事件だったことを考えるとゾッとしてしまいます。当時のアメリカはそれだけ治安が悪かったということなんでしょうか。そんなに昔の話ではないのですが。

淡々と進む物語

基本的にはアクションシーンなどはなく淡々と物語が進んで行く感じです。エグいシーンは結構あります。これは間違いなくR15指定だなって思いました。

物語を通して描かれるのは「ジェームズがとにかく悪いやつだ」ということがリアルに描かれているだけで、各エピソードが短編的に描かれて少しずつジェームズが凶悪になっていき、追い込まれていく様子が描かれています。

なので、これといって大きな盛り上がりのない物語となっています。もしかしたら、途中で眠くなってしまうかもしれませんね。正直に言うと前半は少しだけで眠くなってしまいました。後半からはジェームズが追い込まれている様子が描かれていたので面白くなってきましたが。

最終的にはボストンから身を隠して姿を消したジェームズですが、汚職をしていた人物が次々と逮捕されていき、なぜか街に戻ってきたジェームズが逮捕されて終わるという展開でしたね。この辺りの描写がかなり端折られていたので、なぜ戻ってきたのかもよくわからなかったのですがね。

スポンサードリンク

ジョニー・デップありきの映画

個人的にはジョニー・デップが主演じゃなかったら見ることはなかったのではないかと思う映画だったように感じます。もちろん、FBI捜査官のジョン・コノリーを演じたジョエル・エドガートン、マフィアも非常にいい味出していたと思うんですけど、やっぱり主役はジョニー・デップ。

本当にジョニー・デップの演技が凄い。

パイレーツ・オブ・カリビアンの時は陽気なワルって感じでしたが、今回の役はここまで悪役になることができるんだあというくらいワル。

見た目から絡んではいけないオーラをひしひしと感じることができますし、ジョン・コノリーの妻を心配をして様子を見に行ったシーンなんか背筋が凍るくらいの恐怖を感じました。本当にこの人の演技って凄いですわ。悪役からコミカルな役、不思議ちゃん的な役まで何でもこなすことができるのですから。

髪の毛はカツラ

ちなみに、今回のジェームズという役柄はオールバックで髪が少ない感じのキャラなんですけど、「ジョニー・デップってこんなに老けたんだ…」ってショックを受けましたが、これはカツラと特殊メイクなんだそうですね。

髪の毛はフサフサなイメージがあったのでビックリしたんですけど特殊メイクと聞いて安心しました。とは言いつつ、彼も50代だからあのような姿になっていたとしても不思議ではないのですが。

  • ブラック・スキャンダル(2016年1月30日公開)
  • 監督:スコット・クーパー
  • 脚本:ジェズ・バターワース、ーク・マルーク
  • 出演者:ジョニー・デップ、ジョエル・エドガートン
  • おすすめ: 3.0
  • ストーリー: 3.5
  • アクション: 1.0

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!