フラジャイル 5話の感想!末期ガン患者(安田章大)の最期が予期せぬ展開だった!

fragile

フラジャイルの第5話、ちょっとラストが衝撃的な展開すぎて冷めてしまったのですが全体的には面白かったです。

今回は岸先生(長瀬智也)の下で検体などを処理している森井久志(野村周平)をメインとした物語でしたが、ゲストに関ジャニ∞の安田章大さんが出てきました。

スポンサードリンク

何よりも長瀬智也さんと安田章大さんの共演ですから、ジャニファンにとっては嬉しいキャスティングなのではないでしょうか。(僕は違いますけど)

→ ドラマフラジャイルの第1話の感想!

安田章大の演技が良かった

まず第1印象としては安田章大さんの演技がすごい。

感情移入しまくり。まず、彼が演じたのは20代で末期ガンを宣告され余命1年と言われた青年・小早川洋行を演じるています。前半は極めて笑顔が多いシーンが多かったのですが、その裏には闇を抱えていそうな、そんな雰囲気すら感じることができる笑顔でした。

ただ笑顔を作ればいいものではないので、メチャクチャ難しい役どころだと思うんですけど違和感なかったのがスゴイ。そして、後半は涙を流すシーンなどもありましたが、迫真の演技でしたねー。

5話のストーリー(ネタバレ)

幼稚園の先生として働いていた小早川は最後の日を迎え、オルガンで「さよオナラ」遠いうオリジナル楽曲を弾いて男子園児からウケをとっています。

彼は20代という若さで末期の癌を抱えており、すでに3回も手術をしています。最後の希望を持って岸先生がいる病院に診察を受けることになります。

その夜、小早川は病院に訪れて森井と出会います。しかし、森井はこれから入院だというのに笑顔だった彼を見て違和感を覚えることに。その後、気になって仕方ありません。

小早川は「副腎外褐色細胞腫」と呼ばれている少し珍しい癌で転移が多いことから手術をすることも不可能な状況で余命は1年。

緩和ケアに移行して治療はせずに余命を送るという選択をします。

若くして癌になった同級生がいましたが、若いから本当にあっという間なんですよね。もし、自分がこの立場になったら、残りの余命をどう生きるでしょうかね。そんなこと考えたくもないですが…。

この癌を治すことができるかもしれない手段としてオクトレオチドというホルモン剤を打つことで可能性を見出すことができるそうです。

しかし、体質によって確率として6分の1しか効果がないことや、投与費用が1回3,000円で月に20万円ほど、年間200万円ほど費用が掛かる薬。20代の小早川にとっては非常に厳しい状況でした。

保険が利かないとはいえ、民間の保険なら使えるはず。

保険に加入していなかったのか、3回の手術ですでに使い切ったのか。家族に頼ることができなかったのか様々な謎はありますけどね。

ドラマの冒頭で森井が「お金があるなしで人生が決まる、お金のあるなしで治療の選択肢が決まる」と金持ち家族を横目にボヤいていましたが、まさにその通りかもしれません。

翌日、森井がコーヒーを買いに買い物に出ると小早川と駅で出会うことに。

自転車を乗ってきていた森井は小早川を自転車の後ろに乗せて滑走、病気のことについて話し合います。緩和ケアの先生からは余命を全うするためにやりたいことを見つけろというがそう簡単には見つからないという。

まあ、そりゃそうだわな。そんなに簡単にやりたいことを見つけていたらすでにやってると思います。そして癌にもなっていなかったかも。(←好きなことしていたら病気になりにくいという完全な勝手な思い込みですが…)

小早川が唯一やりたかったこと。

それは、音大に入って作曲をしたかったこと。

森井は本当は医者になりたかったことを話をします。

頭が悪いから国立大学に入ることができず私立の医学部に3年間通ったそうですが、親の事業が傾いて退学を余儀されたんだとか。その後、専門学校に通って検体を検査する仕事にありついたそうです。

でも、まだ若いんだから今からでも勉強して医者になってもいいのでは?ドラマの最後に小早川も突っ込んでいましたけど、まさにその通りなんですけどね。結局、今の状況にどこか満足してしまっている自分がいるってことなのかもしれません。

スポンサードリンク

ある日、緩和ケアの先生が小早川に「やりたいことを見つけるんだ」と話をしていますが、そこに森井が割って入ってきてオクトレオチドを試してみようと提案。

緩和ケアの先生と口論になりますが、岸先生譲りの強い口調で「闇金からカネを借りてでもしろよ!」と。

医者でもないのにここまで言える森井くんはすごい。早く臨床医になって岸先生の後を継いだ方がいいのではなかろうか。

この言い争いを止めようとする小早川。

そして岸先生が現れて森井の頭を突っ込み言い争いは終了。そして「今は生きている」という言葉に小早川は号泣。今まで抑えていたものが出てきたのです。

やっぱり、死を覚悟したとはいえ本当は泣きたいんだよ。そりゃそうだよ。まだ20代、人生これからって時ですもんね。本当に好きなことをして余生を送りたいところ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!