OUR HOUSE(フジ日9)あらすじやキャストについて!芦田愛菜とシャーロットの対決に注目!

OUR-HOUSE

2016年4月からスタートするドラマでフジテレビの日曜21時にて新しくドラマ枠が新設され第1弾として「OUR HOUSE(仮)」の放送が決定しました。呼び方は「アワ ハウス」。(以前もドラマ枠だったので正確には復活)

火曜ドラマが廃止されたことで、そのリソースを日曜の夜9時の枠び割り当てたということなのかもしれませんが、第1弾からかなり気合いの入ったドラマになっていると個人的に感じています。

というのも、脚本を手掛けるのが野島伸司さんなんです!

スポンサードリンク

もうね、これだけで見るの確定です。野島伸司さんといえば「101回目のプロポーズ」を始め問題作でもある「聖者の行進」や「高校教師」など数々のヒットを飛ばしてきた脚本家。

彼がフジテレビの日曜ドラマにどんな風を送り込もうとしているのか、非常に楽しみです。

→ アワハウス(OUR HOUSE)の感想とネタバレ!

ドラマ「OUR HOUSE」について

  • フジテレビ:2016年4月 日曜 21:00〜
  • 脚本:野島伸司(101回目のプロポーズ、愛という名のもとに、ひとつ屋根の下、薔薇のない花屋…など)
  • 演出:永山耕三(東京ラブストーリー、ひとつ屋根の下、ロングバケーション、外交官・黒田康作..など)、澤田鎌作(人にやさしく、西遊記、CHANGE…など)、加藤裕将(イノセント・ラブ、ゴールド、ブスと野獣..など)
  • 主題歌:オフコース「愛を止めないで」

脚本が野島伸司さんであることに加えて、演出家の方も名作を手掛けた方の名が多数並んでいます。これは、なかなか期待できそうなドラマになりそうです。主題歌にオフコースの「愛を止めないで」が起用されているとは、なかなか良い選曲ですね。

あらすじ(ネタバレ)

東京の下町で生活をしているある一家の物語。

主人公は4人兄弟の上から2番目の長女・伴桜子(12歳)。半年前に病気で母親が他界してから長女という立場から家族を仕切らなければいけないという責任感が押しかかってきます。

責任感が強いことから桜子は良かれと思ってやっていることも「鬼軍曹」さながらに非常に厳しい言動が多く、気づかないうちに家族を恐怖で震え上がらせることも。

鬼軍曹というのは新入りや若手を鬼のように厳しくしごく人のことに例えられるのですが12歳でこの言葉が使われるとは相当なもんなんでしょうね…。

そんな中で父親は仕事でアメリカに行った時にアメリカ人女性・アリス・シェパードと出会うことに。運命を感じたのか一緒に帰国し交際0日で結婚をしてしまったのです。

母親が亡くなってから半年。いきなりアメリカ人と結婚した父親に絶望。桜子はアリスを「新しい母親」と認めることができずに、あらゆる手を尽くしてアリスを追い出すために奮闘するのでした。

いや、超スピード結婚すぎませんか。いくらなんでも。

今まで普通に家庭が成り立っていたことに驚きを隠しません。日本人ならまだしも異国人の女性がいきなり「お母さんだよ」って言われても馴染めるわけがないですよね。

もう一人の主人公でもあるアリス・シェパードはアメリカ中西部出身で30歳。写真家になりたいという夢を持ってバイトをしながら生活をしていました。しかし、このままではこの生活から抜け出せないと感じていたのです。

アリスは「ある理由」から日本に行きたいと思っていたのですが、そんな時に出会ったのが桜子の父親だったのです。

「この人が、ここから救い出してくれる救世主かも…」と信じ込みスピード結婚。しかし、日本に来てみると4人の子供がいたことに驚き「いきなり、4人のママになるなんて聞いてない!」と悲観。

しかし、ここで帰っては元に戻ってしまうと考えたアリスは大家族の母親になることを決断するのでした。

アリスの「ある理由」っての何なんでしょうかね…。まさか自分の夢を叶えるために偽装結婚をした…そんな可能性もあるのかもしれません。でも、蓋を開けてみたら4人のママになってしまったので、自分のしたいことをしている暇もなくなってしまうのですから皮肉なもんですよね。

スポンサードリンク

登場人物とキャスト

伴桜子(12):芦田愛菜

12歳の長女・伴桜子を演じるのは芦田愛菜ちゃん。この役はかなりの毒舌キャラということですが、演技がめちゃくちゃ上手な芦田愛菜ちゃんは難なくやりとげるんでしょうね。

芦田愛菜ちゃんは11歳で12歳の役を演じますのでほぼリアルタイムな役柄と言えるかもしれません。等身大の演技に期待したいところですね。

コメントでは「素の自分に似ているキャラ」で共感することも多いんだとか。普段は実は毒舌なんですかね…?彼女は一人っ子なので4人兄弟という設定にワクワクしているそうです。

アリス・シェパード:シャーロット・ケイト・フォックス

父親の再婚相手・アリス・シェパードを演じるのはシャーロット・ケイト・フォックスさん。

朝ドラ「マッサン」でヒロイン役に起用され活動の場所をアメリカから日本に移した女優さん。朝ドラが終わってからあんまり見なくなったように感じましたが最近では日産のCMに登場するなど活躍されています。(舞台「CHICAGO」のヒロインに起用されていました)

異国の地でオーディションを受けて朝ドラのヒロインでブレイクして、その後も活躍を続けるって並大抵の努力じゃできないと思うんですけど、すごい精神力。

アメリカに旦那さんがいましたよね。つまり単身赴任みたいな形で日本に来ている。今も夫婦円満なのか気になるところ。

あと、日本語が朝ドラ時代からどれくらい上達しているのかも気にところ。でも、ドラマの設定ではアメリカからやってきたばかりだから日本語はタドタドしい感じで描かれることになるかな?

伴奏太:山本耕史

桜子の父親でアリスと再婚した伴家の大黒柱を演じるのが山本耕史さん。なんか大黒柱のお父さんというイメージが僕のなかで全くないんですけど、山本耕史さんも女優の堀北真希さんと結婚をしたことを考えると一家の親父を演じるのもアリなのか。

伴奏太は二流ミュージシャンで家族を養っていくことができるギリギリの状態ですが、妻が仕事をしていたこともあり何とかやっていくことができました。しかし、ある日病気で妻を亡くしてしまう状態に。そんな中、ラスベガスで復帰をした時に立ち寄ったカジノでアリスと出会い再婚することに。

伴蓉子:渡辺舞

半年前に亡くなった奏太の妻。自由気ままな奏太を支えてきた良妻であり4人の母親。

伴光太郎(15):加藤清史郎

桜子の兄の長男・伴光太郎を演じるのは加藤清史郎くん。彼も大人っぽくなりましたね。中学3年生の役ということで同世代ってことでリアリティが、かなりあるんじゃないでしょうかね。モテる役柄のようですが納得のキャスティングです。

奏太の息子ということもありピアノが得意だが非常に冷静な性格で妹の桜子が仕切っていても、妹たちが騒いでも、父親が再婚相手のアリスを連れてきても常に冷静。

伴新太郎(7):寺田心

次男の伴新太郎は寺田心くんが演じます。小学2年生の役ということで、桜子と5歳離れていることになります。

伴桃子(6):松田芹香

次女で幼稚園の年長組の伴桃子は松田芹香ちゃん。母親から「よく噛んで」と言われて続けてきたことから物を食べる時以外もよく噛む。

OUR HOUSEの注目点

やはり芦田愛菜ちゃんとシャーロット・ケイト・フォックスさんのやりあうシーンは注目ですよね。12歳の女の子が30歳のアメリカ女性にどんなやり方をして追い出そうとするのか。

多分、話の流れからしてうまくアリスが大人らしく名言とともに桜子を説得し納得させていくパターンになると思います。

あとは旦那がどのように絡んでいくのかも気になりますが、アメリカに出張などをしているということは普段は家にいることは少ないのかもしれませんね。

野島伸司さんが描く、ちょっと風変わりのホームドラマ。なかなか面白そうですね。それにしても日曜ドラマが増えてきて見る側としてはちょっと大変ですね..。

→ アワハウス(OUR HOUSE)の感想とネタバレ!

→ 2016年春ドラマ一覧

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!