ドラマ 99.9 刑事専門弁護士のあらすじ(ネタバレ)やキャストについて!

999

2016年4月よりスタートするTBSの日曜劇場「99.9 -刑事専門弁護士-」は嵐の松本潤さんが主演ドラマということで期待している方も多そうです。

当初は情報がなかなか公開されず「99.9」というタイトルだけが明らかになっていた状態で、どのようなドラマなのか想像できませんでした。ようやく、情報が解禁されましたが刑事事件専門の弁護士の物語なんですね。

ちょっと、松本潤さんが弁護士役って今までにない感じなのでとても新鮮ですね。(個人的な印象として恋愛ドラマに多く出演をしているイメージなので…)

スポンサードリンク

ヒロインは榮倉奈々さんで同じ弁護士チームの一員という役柄で松本潤さんが演じる弁護士にペースを乱されていく役どころなんだとか。恋愛に発展するとかラブの要素があるのか、ちょっと気になりますね。あと、香川照之さんともタッグを組むみたいなので、二人の掛け合いもなかなか面白いかもしれませんね。

99.9 -刑事専門弁護士-について

  • TBS:4月17日(日)21:00〜
  • 脚本:宇田学(ORANGE、映画「万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳-」…など
  • 演出:木村ひさし(民王、安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜…など)、金子文紀(コウノドリ、SPEC…など)、岡本伸吾(天皇の料理番 、ぴんとこな…など)
  • 主題歌:未定

ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士-」は原作はなく宇田学さんのオリジナル作品になるようです。

宇田学さんは劇団PEOPLEPURPLEを主宰している方で全作品の脚本と演出を手がけている人物。ドラマや映画での作品数はまだまだ少ないのですが、2015年にNHKのドラマ「悪夢」で第3回市川森一脚本賞の奨励賞を受賞しています。

劇団の主宰者ということなので、劇場型のダイナミックな物語な展開になるのでしょうか。ドラマで裁判のシーンなどあるかは分かりませんが、テンポ良い迫力ある展開に期待したいところ。トリックも仕掛けられるようなのでワクワクした展開が期待できるかもしれませんね。

「99.9」の意味

ドラマのタイトルにもなっている「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率を表した数字なんだとか。つまり、犯罪を犯して刑事事件として立件された事件については99.9%の確率で有罪になるということ。

そんなに高い確率で有罪になるもんなんですね..。まあ、刑事事件に発展するということは何らかの傷害に発展している可能性も高いので、確率で言えば間違いではないのかもしれませんね。と考えると1月期に放送されているドラマ「スペシャリスト」の冤罪の確率ってありえないくらい高いってことになりますが…(笑)

ちなみに99.9%という数字は世界一の有罪率になっており、日本の司法制度の高い信頼性の証明していることにもなるんだとか。しかし、これは裏を返せば検察の力が強すぎることから真実ではないことが真実になってしまう可能性もあるということ。

「99.9 -刑事専門弁護士-」では、普通なら見向きもしない0.1%の可能性を信じて真実を追い求める物語が描かれるとのこと。

これを松本潤さんが演じるわけですねー。カッコイイのにここでさらに正義感強い役柄なんですから、一体どうなってしまうのか。神のような存在に成ってしまうのではないだろうか。

やっぱり、逆転裁判のような展開が予想されるので迫力ある展開が期待できそう。というか、ドラマ名なんですけど0.1%の真実を追い求めるなら「0.1 -刑事専門弁護士-」で良かったのではないかと思ってしまいましたが。まあ、「99.9」の方が見た目はいいけどね。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ)

主人公の深山大翔(松本潤)は、お金にならない刑事事件ばかりを引き受ける貧乏弁護士です。

貧乏でありながらも実力はあり何度も無罪を証明している敏腕弁護士。そんな中で実力が評価されて日本4大法律事務所の1つである斑目法律事務所の所長・斑目春彦(岸部一徳)よりヘッドハンティングを受け、事務所を移ることに。

深山がやってきた斑目法律事務所にて刑事事件専門チームが新設されます。バディを組みのは室長・佐田篤弘(香川照之)。しかし、彼は大企業の顧問弁護士を務めてきた人物であり巨額な利益を目の当たりにしてきた人物。金にならない刑事事件には全く興味がない様子です。

刑事事件は金にならないってことを分かりつつ、専門チームを新設する事務所の方針がイマイチよく分かりませんが、良い条件を出してでも深山を取り入れたいという思いが強かったということなんでしょうかね。

ちなみに、佐田篤弘は1年後にマネージングパートナー昇格を条件に出されこの事務所に来たみたいです。パートナーとは「組合員」という意味で出資者としての地位を有することができる弁護士なんだとか。

つまり「偉い弁護士!」ってことなんでしょう。

そんな刑事事件専門チームの元に事件の弁護依頼が舞い込んでいます。

運送業の経営者である赤木義男が流通業界の風雲児としてメディアも騒がしたネットショップ社長が殺害された容疑者として逮捕されてしまったのです。しかし、当時は酒を飲んでいて記憶がなく、本人は事件の関与には否定、無実を訴えているのです。

被害者になった人はジャパ●ットの社長を彷彿とさせますね。まあ、事件としてはドラマではよくありがちな内容と言えるのかもしれません。

検察は、指紋の付いた凶器、防犯カメラの映像など物的証拠が完璧に揃っている、さらに被害者の社長とは面識があって、仕事の契約を打ち切られたばかりだという動機もあることから犯人であるという条件は揃っていると判断。
しかし、深山は「肝心なのは真実」として、99.9%有罪と確定をしていても0.1%に真実が隠されているのならば真実を追求するのでした。そこで事件を検証する深山。ある可能性が浮上することに。

深山たちは事件の真相を明らかにすることができるのでしょうか。

ここまで物的証拠が揃っているのに「真実は違うところにあるかもしれない」って検証をするってなかなか出来ないですよね。これをやると利益を生み出さない可能性もあるわけですし、これを認めている事務所は凄いと思います・

何か理由があるのでしょうかね。

スポンサードリンク

登場人物とキャスト

深山大翔:松本潤

刑事事件専門の弁護士である深山大翔を演じるのは嵐の松本潤さん。もちろん、弁護士を演じるのは初めてで彼も「弁護士役を演じることができる年齢になった」とコメントをしています。

深山大翔というキャラはとにかく正義感の強い弁護士で、0.1%の可能性にかけて真実を読み取っていく人物。性格的な部分は明らかではありませんが、型破りな弁護士でヒロインの彩乃(榮倉奈々)のペースを乱すらしいので、まっすぐな人物なのかもしれませんね。

佐田篤弘:香川照之

民事弁護の世界ではトップで活躍していた佐田篤弘を演じるのは香川照之さん。深山とタッグを組みことになりますが、目指している方向は全く逆と言ってもいいキャラクター。

このドラマ枠って「半沢直樹」が放送されていた枠ですから、香川照之さんの顔芸を見ることができるのか、ちょっと楽しみ。

立花彩乃:榮倉奈々

刑事事件専門チームの一人である立花彩乃を演じるのは榮倉奈々さん。自分自身デキる女だと思っている人物で深山にペースを乱されてしまう役を演じます。

榮倉奈々さん、困った顔とか可愛いからいいですよねー。とことん、振り回されて欲しいところ。

斑目春彦:岸部一徳

斑目法律事務所の所長で深山をヘッドハンティングした人物。

榮倉奈々さんとは「遺産争族」で親子として共演してましたが、今度は上司部下という関係で共演ですね。

大友修一:奥田瑛二

次期検事総長候補。

丸川貴久:青木崇高

深山と敵対する検事で二人とのやり取りが実物になるのかも?

その他

その他にも、片桐仁さん、マギーさん、渡辺真起子さん、藤本隆宏さんが出演します。

「99.9 -刑事専門弁護士-」の見どころ

同ドラマは日本初の刑事専門弁護士のドラマということで、今までの弁護士が出てくるドラマとは一味違う物語になっているので、どのようなストーリー展開を見せるのか非常に楽しみです。

嵐の松本潤さんが主演ということで女性ファンがこぞって見ることになりそうな予感がしますが、個人的には香川照之さんと榮倉奈々さんがどのように物語を盛り上げていくのかも気になるところではありますね。

TBSの日曜劇場は「半沢直樹」や「下町ロケット」など注目の作品が多い枠でもあるので、掴みは松本潤さんで引きつけて、ドラマの内容の面白さで盛り上げることに期待したいところですね。

■アンケート

99.9 刑事専門弁護士の感想は?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!