iPhone SEを使って感じたメリットとデメリット!5s/6sとの比較レビューも!

iPhone SE

2016年3月31日に発売が開始された4インチディスプレイを搭載した「iPhone SE」ですが、4インチディスプレイという小さな本体サイズにこだわってきたユーザーや、iPhone 5s以前の端末から機種変更をしていないユーザーにとっては待望の端末と言えるかもしれませんね。

ということで、「iPhone SE」の外観や使い勝手などをここ数日使用した感想などを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

「iPhone SE」の本体外観

4.7インチのiPhone 6sからの乗り換えを検討し「iPhone SE 64GB シルバー」のSIMフリー版を購入しました。まさに「iPhone 5s」と同じデザイン手にした瞬間、新品の「iPhone 5s」を持っているのだと錯覚するくらいです。

左がiPhone 5s、右が新型となるiPhone SEです。

iPhone 5sとiPhone SE

iPhone SEは基本的なデザインは2013年に発売が開始されたiPhone 5sと同じとなっており、見分けるとしたら背面部分の「iPhone」のロゴの下に「SE」の文字が追加されていることで判断ができます。

iPhone SE 背面部分

電源ボタンはiPhone 5sと同じく上部に設置されています。

iPhone SEとiPhone 5sの比較

また、ダイヤモンドカットされたエッジ部分の処理方法が変更されており、新型のiPhone SEはアルマイト処理が施されていることから光沢感のないマットな仕上がりとなっています。(上:iPhone SE、下:iPhone 5s)

iPhone 5sとiPhone SEの比較

もう少し拡大してみると、その違いがよく分かるかもしれませんね。

iPhone 5sのエッジ部分は光沢があります。

iPhone 5s エッジ加工

しかし、iPhone SEのエッジ部分は光沢がなくマットな仕上がりになっています。

iPhone SE エッジの加工処理

なので同じデザインだけどiPhone SEの方が落ち着いた雰囲気になり高級感があるようにも感じます。まあ、この辺りは人それぞれ、捉え方は違うかもしれませんが。

ただ、手に持った感触としてはiPhone 5sの方が滑らかさがあって良いかもしれません。iPhone SEはエッジ部分もアルマイト処理を施した影響なのか持った感触として硬い印象を受けます。今までiPhone 5sを利用してきたユーザーにとっては違和感を感じるかもしれませんね。

左サイドは音量ボタンとミュートボタンが設置されています。(上:iPhone SE、下:iPhone 5s)

iPhone SEとiPhone 5sの外観の違い

下の部分はLightningコネクタに3.5mmヘッドフォンジャックが搭載されています。(上:iPhone SE、下:iPhone 5s)

iPhone SEとiPhone 5sの外観の違い

右サイドにはSIMカードスロットが搭載されています。素材が変更されたのか色合いが若干異なっているようにも見えます。(上:iPhone SE、下:iPhone 5s)

iPhone SEとiPhone 5sの外観の違い

正面から並べると本当に区別が付きません。

iPhoneSE-DSCF2879

iPhone 6sで搭載された感圧タッチパネルの3D Touchが採用されていないので、最新の操作方法を使うことができないのはマイナスポイントです。また、iPhone 5sからiPhone 6はディスプレイのコントラスト比や輝度などが向上され画質が向上しましたが、iPhone SEはディスプレイの品質はiPhone 5sと同じとなっているようです。

iPhone SEとiPhone 5s

デザイン的にはiPhone 5sと同じiPhone SE。デザインを変更しないで新型モデルを発売することはAppleはよく使う手法で、iPhone 6sもiPhone 6と同じデザインを、MacBook AirやProなどは2012年頃からデザインが変化していないことを考えると、それほど珍しいことではないと言えます。ただ、2世代前のデザインを再び使用して新型モデルとして発売するのは異例中の異例といえるかもしれません。

iPhone 5sのデザインは美しく完成しており人気があるという理由がデザインを変更しなかった一つの理由なのかもしれませんが、同じデザインを採用することで開発費を抑えられることができ、結果的に安い価格で販売を提供ができたのかもしれません。

また、中国という大市場でAppleの決済システム「Apple Pay」がサービスインするので、より安くiPhoneを市場投入することでシェアを拡大したいという狙いもあるのかもしれません。実際に中国市場ではiPhone SEはかなり好調であることは海外メディアが報じています。

iPhone SEとiPhone 6sの比較

最新機種となる4.7インチの「iPhone 6s」や「iPhone 6」から「iPhone SE」に機種変更を考えているユーザーさんもいるかと思うので、こちらも比較してみましょう。デザインとしてはiPhone 6sが最新となっています。

iPhone 6sとiPhone SE

やはり4.7インチと比べると4インチのディスプレイは小さいです。1回に得ることができる情報量は少ないですが、本体サイズが小さいことがメリットとなり本体を片手で持って文字入力をすることもできます。(手が大きい人は4.7インチのiPhone 6/6sでも片手で操作することができるようですが、あくまで普通から小さめの手で判断しています。)

左サイドに音量ボタンやミュートボタンがあるのは同じですが、iPhone 6sは薄型化を実現するために横長のボタンに変更されています。

iPhone SE iPhone 6s 比較

上部部分の電源ボタンはiPhone 6sは上には設置されていません。

iPhone SE とiPhone 6s 比較

iPhone 6sの電源ボタンは右側サイド部分に移動しています。これは本体サイズが大きくなったことで上の右側に手が届かないことを配慮してのデザイン変更となっています。個人的には上にあったままで良かったのではないかと思っていますが。

iPhone 6s と iPhone SE のデザイン比較

iPhone SEのカメラはiPhone 5sの800万画素からiPhone 6sと同じ1,200万画素にグレードアップを果たしています。iPhone 6sはカメラのレンズが出っ張っていますがiPhone SEはフラットな状態を維持しているのは評価すべき点と言えそうです。

iPhone SEとiPhone 6sのカメラレンズ

もともと、iPhone SEの本体の厚みは7.6mmとiPhone 6sの7.1mmよりも5mmも厚いのパーツを入れるための空間を確保できたということなのかもしれません。

iPhone 6sよりIMEI番号がソフトウェア管理に変更され本体裏への刻印は廃止されましたが、iPhone SEは本体裏にIMEI番号がしっかりと刻印されています。この辺りは進化しなかったようですね。

iPhone 6sとiPhone SE

白色のアンテナラインのあるiPhone 6s、上下のツートンカラーのiPhone SE。どちらのデザインが好きかは人それぞれだとは思いますが個人的にはiPhone SEのデザインの方がかっこいいと思っています。

iPod Touch 6のような全てアルミ素材に覆われたデザインになるのが理想的だと思うのですが、現時点では電波干渉の問題から分離する必要があることからこのようなデザインが採用されています。2016年9月に登場するとみられるiPhone 7では新素材金属を採用することで、電波干渉の問題が解決されてこのようなアンテナラインは廃止される可能性があるとか。

iPhone SE、6s、5sのスペック比較

iPhone SE、6s、5sの3機種のスペックを比較します。このように比較するとiPhone SEはiPhone 5sから大きく進化していることが確認できるかと思います。

モデル iPhone SE iPhone 6s iPhone 5s
ディスプレイ 4インチ 1,136 x 640 4.7インチ 1,334 x 750 4インチ 1,136 x 640
CPU プロセッサ A9+M9 A7+M7
RAM 2GB 1GB
3D Touch × ×
iSightカメラ 1,200万画素 800万画素
FaceTimeカメラ 120万画素 500万画素 120万画素
Live Photos ×
Focus Pixels
オートフォーカス
×
タイムラプス撮影 ×
スローモーション撮影
240fps
×
Retina Flash ×
4K動画撮影 ×
VoLTE ×
NFC
Apple Pay
×
Wi-Fi 433Mbps
802.11a/b/g/n/ac
866Mbps
MIMO 802.11a/b/g/n/ac
150Mbps
802.11a/b/g/n
LTE最大速度 150Mbps 300Mbps
CA対応
150Mbps
Bluetooth 4.2 4.0
Touch ID
(第2世代)
価格
SIMフリー版
16GB:52,800円
64GB:64,800円
16GB:86,800円
64GB:98,800円
128GB:110,800円
販売終了

とにかく速くなった動作!

この中でもA9プロセッサを搭載し2GBのRAMを搭載した事が大きな進化したポイントと言えます。性能的にはA7プロセッサの2倍程度の性能を持っているA9プロセッサに2GBの余裕のあるRAM容量を搭載したことで、アプリの起動や描画速度など違いを感じることができるくらい体感速度が向上しています。

iPhone 6sも非常にサクサクとした体感速度を得ることができる機種ですが、同じプロセッサを搭載したことで、iPhone 6sから乗り換えたとしても満足することができると思います。

残念なことにTouch IDが第1世代であることが悔やまれるポイントですが、A9プロセッサの性能アップによりiPhone 5sよりも指紋の認証速度が速くなっているので「遅い!」と感じることはないかと思います。少なくとも、iPhone 5sや6からiPhone SEに乗り換えた場合は高い満足感を得ることができるのではないでしょうか。

また、Wi-Fiの通信速度が向上しているのも大きな進化したポイントといえます。

とにかく価格が安い!

また、販売価格がとにかく安いのもiPhone SEの大きな魅力と言えます。16GBモデルで比較するとiPhone 6sが86,800円に対してiPhone SEは3万4,000円も安い52,800円で購入することが可能です。また、販売が継続されているiPhone 6の74,800円と比較しても22,000円も安く手にすることができるのは嬉しいところです。

スポンサードリンク

で、買いなの?

iPhone 6/6sから

4.7インチのiPhone 6/6sに慣れてしまって特に不便を感じていない方はiPhone SEに乗り換えるメリットはないかなと感じます。

実際に、iPhone 6sからiPhone SEに乗り換えて感じたことでiPhone 6sはやはり非常にバランスの取れたモデルだということ。画面が小さすぎず大きすぎない丁度良いサイズ。さらに本体の厚みが薄いのでポケットの出し入れがしやすいこと。

ちょっと意外だったのですが角張ったiPhone SEはエッジ部分の処理がiPhone 5sから変更されたことで引っかかりが生じます。見た目は落ち着いた感じでいいんですけど手触りが微妙なんですよね。(ケースを付けない状態で使用しているので、ケースを装着した場合はまた違った感想になるかと思います)

iPhone 6s Plusから

5.7インチのiPhone 6 Plus/6s Plusから乗り換えるメリットはあります。

とにかく画面サイズが大きいiPhone 6 Plus/6s Plus。モバイル性を欠いだデバイスでありポケットに入れて持ち歩くのは非常に不向きです。思い切ってiPhone SEに乗り換えることで機動性がアップすることは間違いないでしょう。そして、iPhone 6 Plus/6s PlusまたはiPhone 6 プラスをカバンに入れて持ち歩いて落ち着いた場所でテザリングを利用するなどしてサブ機として利用する方法がおすすめ。

iPhone 5s以前から

iPhone 5s以前の機種を利用している方は間違いなくiPhone SEに乗り換えることで満足することができると思います。iPhone 5sと比較しても操作性が向上しているiPhone SEですから、さらに前のiPhone 5/5cやiPhone 4sから乗り換えをすることで、サクサク動作するiPhone SEに驚いてしまうのではないでしょうか。

iPhone SEのメリットとデメリット

最後にiPhone SEのメリットとデメリットをまとめます。

メリット

  • 本体が小さく片手操作が容易
  • 動作速度が最新モデル並みに速い
  • デザインがカッコイイ(個人的見解)
  • 価格が安い

デメリット

  • 画面が小さく情報量が少ない
  • 3D Touchが使えない
  • 本体が分厚い
  • エッジが引っかかる感触がある(滑らかさに欠ける)
  • 128GBモデルがない

参考になれば幸いです!

追記:2016年9月8日にiPhone7とiPhone7 Plusが正式に発表されました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!