早子先生(ドラマ)あらすじとネタバレ!原作にないオリジナルキャラも多数登場!

00011

2016年4月14日(木)から放送が開始されるドラマ「早子先生、結婚するって本当ですか?」ではNHKの朝ドラ「ゲゲゲの女房」でヒロインを演じた松下奈緒さんが主演で小学校教師の役を演じることに!

「早子先生、結婚するって本当ですか?」が放送されるドラマ枠はフジテレビの木曜ドラマで、前クールはサスペンスドラマとなる「ナオミとカナコ」が放送されていたので、雰囲気としては全く異なるドラマということになりますね。

スポンサードリンク

追記:放送が開始されたので感想なども追記しました!なかなか面白かったと思うんですけど、どうでしょう。松下奈緒さんってヤッパリ演技うまいなー。

松下奈緒さんは今回の役作りをするためにロングだった髪の毛をバッサリとカットしたことが話題になっていましたが、何かの番組で「意外と髪を切ったことに気付かれない…」とボヤいていましたね(笑)

確かにショートになった松下奈緒さんの印象としてはそれほど変わらないかもしれません。髪の分け目が同じなので正面から見た感じが変わらないので確かに気付きにくいかもしれません。

また、目力があり美貌なので髪型にまで気が回らない….ということなのかもしれませんね(笑)

「早子先生、結婚するって本当ですか?」について

  • フジテレビ:2016年4月14日(火)22:00〜
  • 原作:立木早子(早子先生、結婚するって本当ですか?、早子先生、婚活の時間です、早子先生、結婚はまだですか?)
  • 脚本:水橋文美江(シェアハウスの恋人、ホタルノヒカリ…など)
  • 演出:中江功(ようこそ、我が家へ、Dr.コトー診療所、ひとつ屋根の下…など)
  • 主題歌:chay「それでしあわせ」

立木早子さんの4コマエッセイ漫画が原作となっており、「早子先生」シリーズとしては既に3冊が書籍化されています。演出は「Dr.コトー診療所」や「ひとつ屋根の下」を手がけた中江功さんらが手掛けるということで、どのようなドラマに仕上がっているのか非常に気になるところです。

主題歌はシンガーソングライターのchayさんの「それでしあわせ」が起用されました。

原作について

「早子先生、結婚するって本当ですか?」は婚活がテーマになっているようで、元々は立木早子さんが運営していたブログに掲載していたの4コマエッセイ漫画です。これが書籍化されて実写ドラマ化までしてしまうんですから凄いことですよね。

書籍化されたことによってブログに掲載されていた4コマ漫画はパスワード制限が掛けられて見れなくなっているようですが、最新作はブログで見ることができるようです。4コマと言っても8コマで完結する話もあるので、特にコダワリがあるわけではなさそうです。

ちなみに、漫画で描かれる物語は実話が元になっているようで、それらのエピソードを脚本の水橋文美江さんがいい感じに組み合わせて再構築したのがドラマ版「早子先生、結婚するって本当ですか?」ということになりそうです。4コマ漫画をドラマ化ってなかなか想像できないのですが脚本家の腕の見せ所なのかもしれませんね。

なお、原作1作目の「早子先生、結婚するって本当ですか?」、2作目「早子先生、婚活の時間です」、3作目「早子先生、結婚はまだですか?」と続いているように早子先生は結婚はできていないようです。

漫画の世界でも1歳ずつ歳を取っているので、今後はどのような展開を迎えるのか、またドラマ版では結婚をして最終回を迎えることになるのか、原作とドラマは終わり方が違うドラマは数多くあるので、ドラマ版の終わり方も原作とは違うものになっていくのかもしれません。

ドラマはこの3冊をベースに物語が進行していきます。

あらすじ(ネタバレ)

主人公は結婚をまだ意識したことがない小学校教師をしている立木早子(松下奈緒)です。

小さい頃は「いつか可愛いお嫁さんになる」という思いを持っていましたが、成長するにつれてサバサバとした性格の持ち主となり、気が付いたら34歳になって現在は東京郊外にある平和町小学校の1年1組の担任を務めています。

幼少期に抱いていた結婚をしたいという願望はいつしかなくなってしまい豆腐店を営んでいる両親の家で3人暮らしをしています。早子は体育会系のノリで子ども達からも人気者で学校での人間関係も上手くいっていることから生活自体は非常に充実したものとなっていました。

充実した生活を送っている早子でしたがふとした瞬間に寂しさがこみ上げてくるようになっています。

そんなある日、両親がお見合いの写真を隠していることを知ってしまうのです。34歳にもなって実家で暮らして居る早子のことを心配しているのかもしれません。

そんな中で、父親が倒れてしまって病院に入院するという事態に。

命には別状はないものの今後のことを考えて早子は豆腐店を閉めることを提案。しかし、翌日には母親が父親の代わりに慣れない手つきで豆腐作りをしている姿を見て、長年付き添い信頼し合った固い絆、夫婦の姿を目の当たりにすることで「結婚」の二文字を本気で考えるようになるのでした。

早子は同僚教師の久我山ミカ(貫地谷しほり)と成増梅子(佐藤仁美)の3人と一緒に「婚活同盟」を結成。さらに男性教諭の千駄木廉太郎(八嶋智人)を加えて、お見合い、合コン、など進んで参加し結婚に向けて動きだすのでした。

果たして立木早子は結婚をすることができるのか?

ドラマのタイトルは「早子先生、結婚するって本当ですか?」ですが早々に結婚をしてしまうわけではないようですね。あくまでメインとなる物語は結婚をするために婚活を奮闘し成長していく姿が描かれることになるようです。

中谷美紀さんが主演のTBSの金曜ドラマ「私結婚できないんじゃなくてしないんです」も似たようなテーマとなっていますが、どちらが面白いか見比べてみたいものです。

スポンサードリンク

登場人物とキャスト

立木早子:松下奈緒

主人公の立木早子を演じるのは松下奈緒さんです。

フジテレビのドラマとして2014年10月に放送された「ディア・シスター」以来の主役作品となります。松下奈緒さんって主演作品が本当に多いですよね。ピアノを弾くこともできますし雰囲気が清楚で隙がない感じ。でも、今作では結婚がなかなか出来ない役を演じるということで、見どころはなかなかありそうです。

立木早子は34歳で平和町小学校教師で1年1組の担任をしています。マイペースでサバサバとした性格ですが、ちゃんと周りの意見にも耳を傾けることができる優等生です。だからこそ、子供達からの信頼も厚く慕われているということなのでしょう。

しかし、見かけによらず大食いでお酒が大好きで腹筋が趣味という少し男っぽい性格の持ち主でもあります。

松下奈緒さんの体を張った姿を見ることができるかもしれませんね。これだけで結構楽しみだったりして…。

久我山ミカ:貫地谷しほり

平和町小学校教師で早子の同僚・久我山ミカを演じるのは貫地谷しほりさん。

裏表のないさっぱりとした性格で女子力が強いのですがプライドが高いことから男性を寄せ付けない雰囲気を持っています。まだ28歳ですが早く結婚をしたいことから焦り始めており、積極的に婚活に望んでいます。

成増梅子:佐藤仁美

平和町小学校の音楽教師の成増梅子は佐藤仁美さんが演じます。

基本的にネガティブな思考回路の持っており穏やかな性格で争いごとが大嫌いな37歳。引っ込み思案な性格なので恋愛に対しても消極的で鈍感な部分があります。一方で、消防団に突然加入するなどアクティブな一面を見せる、少し不思議なアラサー女性。

以下、登場するキャラはドラマオリジナルキャラとなります。

千駄木廉太郎(せんだぎ れんたろう):八嶋智人

同僚教師の千駄木廉太郎(せんだぎ れんたろう)を八嶋智人さんが演じます。

43歳ですが未だに独身で早子とミカ、梅子ら3人の婚活同盟に参加している唯一の男性教師。女性に混じって婚活活動をしているから結婚ができないんじゃないのか…と突っ込みたくはなりますが、なかなか面白そうなキャラクターです。

原作では、音楽教師のどんぐりちゃん(まい先生)が婚活同盟に参加していますがドラマではまい先生は存在せず代わりに廉太郎が婚活同盟に参加する模様。若干、設定が異なっているようですね。

守山風子:川栄李奈

早子の妹で既婚者の守山風子を演じるのは元AKB48の川栄李奈さん。

ここも原作とは設定が異なっている部分で、原作の妹はぶんちゃんという名前でシステムエンジニアをしている2児の母でしたがドラマは守山風子という名前で登場。守山風子も原作と同じように既婚者で名古屋で夫と二人で住んでいるというキャラです。

松下奈緒さんが演じる早子と姉妹ということになりますが、雰囲気が全く違うの姉妹には見えないかもしれませんが、美人姉妹であることは間違いないようです。

羽村舞:舞羽美海

ミカの友人でOLの羽村舞を演じるのが元宝塚歌劇団の舞羽美海さんです。

このキャラクターもドラマオリジナルキャラとなっており、早子らが結成した婚活同盟に参加することになります。原作では婚活同盟に参加するおは3人でしたがドラマでは4人ということになります。

本郷 潤吉:山内圭哉

同僚教師で既婚者の本郷 潤吉を山内圭哉さんが演じます。 職場では妻の悪口ばかりを言っているのですが、家では一切逆らうことができない。

山内圭哉さんは朝ドラ「あさが来た」の雁助さんを演じていたので知っている方も多いことでしょう。今度は教師として登場するということで、強面の教師に子ども達はどのように接するのか…気になるところです。

秋川莉々:小芝風花

小学校の保健の先生・秋川莉々は小芝風花さんが演じます。

実写映画「魔女の宅急便」でキキ役や朝ドラ「あさが来た」で白岡あさの娘の千代役を演じるなど確実に活動の幅を増やしている小芝風花さん。18歳でありながら幼い雰囲気のある役を演じることが多い小芝風花さんですが、22歳の保健の先生という大人っぽい役を演じるのは初めてじゃないでしょうかね?

秋川莉々はおとなしく控えめな性格に見えますが結婚願望が強くて結婚に関しては緻密な予定年表を作成をするなどかなり気合が入っているキャラ。ただ、恋に落ちると計画通りには事が進まない可愛らしいところもあるようです。

港草介:間宮祥太朗

同僚教師で2年2組の担任の22歳・港草介を演じるのは間宮祥太朗さんです。

22歳という若さで担任を任されている港草介ですが、本当は教師になりたかったわけではなかった訳あり教師のようです。少しずつ先生らしく成長をしていくということで婚活以外の部分でもストーリーが膨らむことに期待できるかもしれません。

秋川莉々と恋に落ちる…ってことはないかな?

スポンサードリンク

「早子先生、結婚するって本当ですか?」の見どころ

個性的なキャスティングが揃った「早子先生、結婚するって本当ですか?」ですが、清楚なイメージのある松下奈緒さんがドタバタ劇を繰り広げることになるのか、結婚がなかなかすることができないキャラをどう演じてくれるのか楽しみです。

結婚だけではなく学校の教師という立場から、子ども達とも多く接し、いろんなことを学ぶ機会も出てくることになるでしょうし、奥深いストーリーになっていることに期待したいところです。

学校の先生が婚活をしている話がすでに面白くて独特な世界観ですし、先生も一人の人間なんだということを実感することができるテーマといえそうです。どんな雰囲気のドラマになっているのか楽しみです。

見た感想

想像していた以上に面白かったです。婚活ネタのドラマはTBSの方でも中谷美紀さん主演で放送されていますが、個人的には早子先生の方が面白いかなと。意外とゆっくりと間を使って淡々と物語が進んでいくので感情移入もしやすかったようにも感じます。

姉妹役を演じる松下奈緒さんと川栄李奈さん。美人系と可愛い系、背が高い系と背が低い系、全く姉妹には見えませんけど、美人姉妹であることは間違い無いですね。川栄李奈さんの演技って初めて見ましたけど、意外と上手かったように感じました。

AKBを辞めて何するんかなーって思ってましたけど朝ドラ「とと姉ちゃん」にも登場するので女優として、意外といけるのかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!