ドラマ 火の粉 1話の感想とネタバレ!狂気じみた隣人に恐怖を感じる面白さ!

00022

ドラマ「火の粉」の感想

フジテレビの昼ドラが廃止されて土曜の深夜にドラマ枠「オトナの土ドラ」を設けられ、その第1弾となるドラマ「火の粉」が2016年4月2日より放送が開始されましたが、なかなか面白いドラマですね。

新ドラマ枠の第1弾としては相応しいドラマになっているのではないでしょうか。

ドラマ「火の粉」は、2003年に発売された雫井脩介さんにサスペンス小説「火の粉」が原作となっており、2005年にテレビ朝日の「土曜ワイド劇場」にて2時間ドラマで放送されたことがあるのですが、連続ドラマ化は初となります。

スポンサードリンク

サスペンスドラマとなる「火の粉」ですが、なかなか特徴的な演出をしているので見ていて世界観に引き込まれるものがありますね。主人公の武内真伍が謎にバムクーヘンを焼いているシーンなど、結構怖いです。普通、家でバームクーヘンを手作りしないですよ。

登場人物とキャスト

簡単に登場人物を紹介します。

武内真伍:ユースケ・サンタマリア

主演はユースケ・サンタマリアさんで主人公の武内真伍を演じているのですが、役と非常に合っているように感じますね。

武内真伍はある一家3人を殺害した容疑を掛けられていたのですが、無罪判決を受けた人物。ただ、証拠不十分で無罪になっただけなので本当に無罪だったのかどうかはかなり怪しいところです。

その胡散臭さをユースケ・サンタマリアさんは見事に演じきっています。いや、本当に胡散臭さを演技させたら右に出るものがいないんじゃないか…と思ってしまうくらいです。

梶間勲:伊達雅刀

当時、裁判官をしており武内真伍に無罪判決を下した人物で梶間家の家長。現在は大学の教員として働いています。つまり、武内真伍にとっては梶間勲の存在は命の恩人ということになります。

何か、武内真伍について秘密を知っているような…そんな怪しさを感じてしまいますね。

梶間尋恵:朝加真由美

勲の妻で専業主婦。勲の母親の介護をしていおり疲れ切っています。そんな中で武内真伍に助け船を出され、その言葉に甘えてしまうことに。

梶間雪見:優香

勲と尋恵の息子・俊朗の嫁。ずかずかと梶間家に入り込んでくる武内真伍を疑いの目で見ています。

優香さんは笑顔の役が似合うと思うんですけど、ドラマ「山猫」に続いて今作でも笑顔をあまり見せることない役を演じていますね。なんか、ここ最近ドラマ出演が多いように感じるのですが、仕事の方向性を変えてきているのでしょうかね?

池本亨:佐藤隆太

武内真伍を追っている記者で無罪判決となった彼が本当の犯人だと主張する人物。隣に住んでいる雪見に話を聞こうと付き纏うという端から見ると武内真伍よりも怪しく見える人物。

ドラマ「ナオミとカナコ」で達郎と林さんの役を演じていた佐藤隆太さんですが、今回の役の池本亨が挙動不審な行動をするもんだから中国人の林さんに見えてしまう…(笑)

スポンサードリンク

第1話のストーリー(ネタバレ)

ある日、武内真伍は閑静な住宅街にある梶間家の隣に引っ越してきました。害虫駆除をしている武内と雪見、娘のまどかがここで初めて出会い挨拶を交わします。

しかし、雪見は不思議と武内に違和感を感じることに。その夕方、真伍は梶間家に手作りのバームクーヘンなど大量のお土産を持って挨拶にやってきました。

ここで、梶間勲と真伍が対面することになり、二人は突然の再会に驚きを隠せません。

武内を無罪判決を下したのが元裁判官だった勲だったのです。雪見は真伍が殺人容疑をかけられていた事実を知り、より不信感を抱くことになります。

初っ端からユースケサンタマリアさんが演じる真伍は怪しすぎるでしょ。

雪見のカンは鋭いですね。というか、いくら無罪判決になったとはいえ殺人容疑を掛けられてた人物がお隣に引っ越してきたとなると不安を感じてしまうのは仕方がないような。

特に小さい子どもがいると余計に不安になりますよね。さらに、ユースケサンタマリアさんのような怪しい人だったらなおさら…(笑)

→ 後半に続く!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!