火の粉 4話のネタバレ!武内と池本が直接対決で行方不明に!

00022

ドラマ「火の粉」、かなり面白いですね。もしかして、今季一番の面白さを誇っているかもしれません。

フジテレビ・東海テレビの土曜ドラマ枠オトナの土ドラは昼ドラから鞍替えしたドラマ枠ですが、週一放送になって気合いもかなり入っているのかも。

「火の粉」の第4話は、雪見(優香)と池本亨(佐藤隆太)が組んで武内(ユースケ・サンタマリア)が的場家一家の事件の犯人であるという事実を明らかにしようとしますが、武内の方が一枚上手。上手くいくはずもなく、武内のことを怪しんでいた雪見ですら武内のことを信用してしまうことに。

どうなってしまうんだろう。第4話を見ると武内は完全に冤罪で池本の方が逆にかなり怪しいのではないか、そう思えてくる。

でも、やっぱり武内が全ての黒幕なんですよね。まあ、原作小説見れば、話が分かるんでしょうけど、ドラマで見ていきたいので小説はパスします。

スポンサードリンク

第4話のストーリー(ネタバレ)

雪見は梶間家から追放されてしまい路頭に迷います。そして、琴音(木南晴夏)の家にしばらく住まわせてもらうことになります。

そんな中、琴音は武内と接近していることを少し気にしている模様。琴音は「どうもしないけど?」と言います。

その頃、梶間家は武内の家でパーティーをしています。

そして、雪見が家を出て行ったことを知ります。話を変える俊朗(大倉孝二)は部屋のセンスがいいと褒め、尋恵(朝加真由美)が「こんな素敵な部屋に一人なんて勿体ない、誰かいい人いないんですか?」と聞きます。

武内「実は、ちょっと気になっている人がいるんです。まだどうなるか分からないですが、とても明るくて楽しい方です。趣味も合うので」

尋恵は男性側から誘わないといけませんよとアドバイスするのでした。

琴音と武内はお近づきになろうとしているんですかね。また、年齢の離れた年の差カップルですね。まあ、琴音もちょっと変わってそうだしお似合いなのかも。

というか、これも全て武内の計算なんですよね。スゴイ。

ある日、琴音は占い師の女性に恋愛運について占ってもらっています。この占い師はここ数日、お店に食べに来ていたお客さんなんだとか。

琴音が気になっている男性とは「その方と出会うために今があったのかもしれません」と前向きになるようにアドバイスを受けます。

その話を聞いて雪見は誰のことを言っているのか聞きます。すると、武内といい感じになっていることを知り顔色が曇ります。一方、雪見も占いをしてもらうと今は苦しいときだと。

「あなたの力になってくれる人が現れます。すでに近づいてきているかも?心当たりありませんか?」

雪見は池本のことを思い出しているようです。

やっぱり琴音と武内はいい感じになってるんですね。

占い師が酒井若菜さんですか。役作りで前歯を抜いて銀歯を入れたって話題になってましたけど、第4話ではまだ銀歯になっていないのかな?全然分からなかったんですけど。

というか、役作りで前歯抜くって怖い。前歯だったら上から被せれば良かったのではないの?って思ってたら元々が差し歯なんですね。なんか、報道の仕方が自前の歯を抜いて銀歯にしたような感じだったから…。まあ差し歯って時点で同じようなもんか。

雪見は喫茶店で池本と会います。

武内は雪見が家にいられなくなるように仕向けたと言い、雪見の実家から彼女の日記を盗んで送りつけたこと地蔵の件を立証することができれば、裁きを再びすることができると。

と、雪見の携帯に梶間勲(伊武雅刀)から電話が鳴ります。家を出て行ってからどうしているのかが気になったようです。

「君は頑張りすぎるところがある、それで余計なすれ違いが生まれたんだろう。

一つ確認をしておきたいんだが、池本が近づいてきていないだろうね?しつこそうな男だったからもし近づいてきたら応じないように」

雪見は、池本に「私の問題なので結構です」とその場を立ち去ったのでした。池本は電話を掛けて「俺だ、そっちでも動いてくれ」」と誰かに指示を出しています。

やっぱ、池本って男もかなり怪しいですね。誰に電話をしているんでしょうか。他にも協力者がいるってことなのか。

雪見は勲と二人で喫茶店で会います。

勲「お互いに非を認めて謝り合えばきっと理解し合えるはずだ。君も反省しただろうからね。」
雪見「反省?待ってください、なんで私が謝らなければいけないんですか?言いましたよね、虐待も浮気も誤解だって。謝ったら私が認めたことになるじゃないですか。」

勲「真実はともあれ今は何よりも家に戻ってくることを考えるべきだろう」
雪見「元裁判官とは思えない発言ですね。」

雪見は謝るつもりはないと言い、武内を無罪にした本当の気持ちを追求し「本当に武内さんのことを疑っていないんですか、意識的に武内さんと距離を置いていませんか?本当は何となく怪しいと思っているんではないですか?」と強く問うのでした。

元裁判官とは思えない発言

これが勲の本質なのかもしれませんね。武内の裁判の時も裁判官らしくない判決をしたってことなのか。

スポンサードリンク

雪見が公園で池本と会います。

祖母の墓の隣に置かれた地蔵の件で石材店を調べたところ、武内が発注していたことを突き止めたと。そして「これでヤツの化けの皮を剥がすことができる!」と。

その頃、武内の家には琴音と息子が遊びにやってきました。武内の元には的場陽介からの封筒が届いており「俺を殺したのはお前だ、素直に認めろ」と筆で書かれた手紙が…。

武内は琴音から最近占い師が来てそれが当たるという話を聞くのでした。

その夜、武内は母に向けたビデオレターにて日記も地蔵も梶間家のためのこと思ってやった手段だと話します。なのに雪見は池本とともに陥れようとしている。正々堂々戦います!

雪見は池本とともに梶間家に訪れて話をすることに。勲は話し合いには参加したくなかったことから仕事だと言って喫茶店でビールを飲んでいます。

池本は「あなた方は武内を知らない、異常なまでに親切なのは自分にとって居心地のいい場所を作るためだ。気に入らない奴がいればどんな手段を使っても廃城する」と武内の本性について話し出します。

しかし、俊朗と尋恵はその話を信用することはありません。そして俊朗は武内を交えて話をしてみてはどうかと。

肝心な時に隠れる勲。やっぱり、あの裁判には何か裏があるんでしょうね。何を隠しているんだ、このオヤジは。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!