ラブソング3話のネタバレ!さくらの恋を陽性転移だという夏希が酷すぎる!

lovesong

月9ドラマ「ラブソング」の第3話、今回はガッツリと福山雅治さんと藤原さくらさんの二人のライブショーでしたね。それなりに歌ってるシーンが長かった。

まさかユーミンの「やさしさに包まれたなら」とLOVE PSYCHEDELICOの「Your Song」が聞けるとは思いませんでした。そして、藤原さくらさんの歌も上手ですし福山雅治さんもノリノリだった。これ、演じてる側も楽しんでやってるからいいですよね。

スポンサードリンク

第1話では神代公平(福山雅治)と吃音症に悩む若い女性の佐野さくら(藤原さくら)の出会いが描かれ、2話ではさくらが得意とする歌で吃音症を克服するためにいきなりライブハウスSのイベントに出演を目指すというスゴイ展開になりました。

いくら歌が得意とはいえここまで急展開するってなかなか無いとは思うのですが、それがさくらの運命だったということなのかもしれません。吃音症というハンデがある代わりに歌という素晴らしい特技を持ったさくら。どう開花することになるのか、これからの展開が楽しみです。

→ 最終回 ネタバレ
→ 9話 ネタバレ
→ 8話 ネタバレ
→ 7話 ネタバレ
→ 6話 ネタバレ
→ 5話 ネタバレ
→ 4話 ネタバレ
→ 2話 ネタバレ
→ 1話 ネタバレ

「ラブソング」3話のストーリー(ネタバレ)

ライブハウスSのイベントに出場することを決め、3週間後に本番が迫っており練習を進めるさくらと神代。しかし、さくらは早くも緊張をしており思うように声を出すことができません。

そこで神代は世間話を始めて緊張を解す事に。

神代「佐野さん、出身どこ?」
さくら「ひひひ広島です。」

神代は広島カープの応援歌を弾き始め、さくらは笑顔に。

さくら「すす好きですか?」
神代「別に。」
さくら「ひひひ広島ファンにとっては侮辱ですよ」

そして神代の年齢の話からさくらの両親をライブに呼んではどうかと聞きます。しかし、さくらの母親は小さい時にガンで亡くなり施設に、そして父親は小さい時から知らないと…。そして、練習を始めようとします。そこで、さくらが神代に聞きたいことがあると。

さくら「せ..先生、け…結婚してますか?」
神代「いや。」

さくらは笑顔に。

さくら「かか..彼女とか..。」
神代「カ行が特に苦手なの?」

その時、神代の患者から電話が掛かってきて屋上に出ます。その間にさくらは神代のギターを持ってカープの応援歌を弾き始め歌い始めるのでした。

神代、意地悪ですねー。完全にさくらの話を避けてますよねー。まあ、年齢が年齢だから一線があるってのは何となくわかりますけど。

さくらは真美(夏帆)の自宅にいます。そして、真美は前にデートをした人の話を聞きますが、さくらは「そんなんじゃない」と笑顔で言いライブで歌を歌うと告げるのでした。真美は「本当に?」と喜んでくれていますが、天野空一(菅田将暉)は不機嫌になります。

その頃、神代は夏希(水野美紀)の自宅に帰ります。

さくらがライブに立つことを知らなかった夏希は少しご立腹。そして「クライアントとの距離感を気をつけなよ。陽性転移するよ」と。神代は「彼女は俺のクライアントじゃないし、ステージに立てと言ったのは夏希じゃん」と。

そして神代は夏希のパソコンを打つ音の「カタカタターン」というのが嫌いだと言いギターをガシャガシャと弾きます。負けじと夏希もパソコンのキーボードを打ち、まさかのギターとパソコンのキーボードのセッション開始。

ギターとタイピング音のセッション…。これは新しい音楽の形としてアリなのかもしれない…。

新しい言葉が出てきました。陽性転移。心が弱っている時にカウンセリングをしている先生に擬似(?)恋愛をしてしまうことを言うらしいです。恋愛転移とも言うんだとか。時が経てばその思いが消えてしまうらしいんですが、そんなもんなの?それにしても、なんでも立派な名称が付いているもんですね。

スポンサードリンク

さくらと神代はライブに向けて練習をしています。と同時にさくらの吃音症を改善させるために夏希のクリニックにも通っています。

ある日、さくらは夏希に「す..好きな人はいないんですか?」と聞きますが、歳を取ると付き合うとかよく分からなくなると。夏希はさくらに好きな人はいないのかと聞くと笑顔になり「秘密」と。

夏希「さくらちゃん、神代先生に特別な気持ち持ってない?でも、大丈夫。それは自然な感情だから。あの人がさくらちゃんを気にかけるのは仕事だから。それを恋愛と勘違いしてまうんだよ。」

さくら「な…なんかよくわかんない..」

夏希「それを医学用語で陽性転移とか恋愛転移っていうの。もし、そういう気持ちを持っていても自然と消えていくもの」
さくら「もし消えなかったら?」
夏希「二人の仲がどうこうなっているわけじゃないからこのままでいい。…彼が困るから」

さくらは笑いながら「わ私…もっと若い人がいいから」と誤魔化すのでした。その夜、さくらは家に帰ってパソコンで陽性転移の事について調べていました。

夏希…結構ヒドイ事してないか?

若い女性の恋の芽を摘もうとしている。まあ、本当は夏希は神代の事が好きなんだから仕方ないのかもしれないけど、大人気ないなー。さくらを本当に助けたいと思っているのか?!神代に対して素直にもなれないのかなあー。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!