火の粉 5話のネタバレ!武内の本性がついに明らかに!琴音は生きているのか?

00022

ドラマ「火の粉」も第5話に突入し佳境に入ってきました!本当に面白いドラマですわ。深夜ドラマで放送しているのが勿体無いくらい。

今までの物語で、武内(ユースケ・サンタマリア)の本性が視聴者目線で明らかになってきてきましたが、ドラマの中での家族は武内にうまく丸め込まれている状況でした。

しかし、第5話では武内の無罪判決をした元裁判官の梶間勲(伊武雅刀)が武内のことを裁判をしている時から疑っていたことを明らかにし、再び武内と梶間家、家族内での歪みが生じることに…。そしてついに武内の本性を知ってしまうことになり物語が急展開することになります。

スポンサードリンク

第4話では自作自演で武内を陥れようとしていた池本亨(佐藤隆太)の姿が突如消えてしまい、妻の池本杏子(酒井若菜)が武内に旦那がころされてしまったと訴えていましたが、実際のところはどうだったのか..。

第5話のストーリー(ネタバレ)

梶間勲は夜中に物思いに耽り一人で飲んでいます。

外から物音がすることに気付き、勝手口から外を覗いていると武内が怪しいスーツケースを重そうに引きずっている姿が…。

ある日、武内は関弁護士(迫田孝也)の事務所に誕生日プレゼントを持って訪ねます。しかし、関はクライアントとの贈り物は断っていると。しかし、武内は依頼人ではなく友人としてのプレゼントだと机を激しく叩きプレゼントを渡すのでした。

武内は佐々木琴音(木南晴夏)のパート先の定食屋に行って、旅行券を受け取ってくれなかった話をします。琴音は「受け取ってくれないなんて酷い、せっかくですから私たちで使いましょうよ!武内さんとならどこへでも行っちゃいます!」と。

武内は笑顔を見せます。

武内はいろんな人にプレゼント尽くしですね。本当にこんな人がいたら怖いわ。

というか、琴音は武内のことが好きになってしまったんですね…。警戒心が全くないですから。でも武内にとっては、逆に向こうからグイグイ来られてしまうとペースが乱されてしまうような雰囲気もあるような。

そーいう意味では貴重な人物と言えるかもしれません。

ある日、勲は関の事務所を訪ねます。関は武内が梶間家の隣に引っ越してきたことを本当に偶然だと思っているのか、武内は3年前の事件で無罪にしてくれたことで恩を返そうと近づいてきたのではないか、この状況は3年前の的場さんの事件の時と類似していると指摘。

勲「関先生。何を言いたいんですか?」
関「本当に武内は無実だったのでしょうか、ネクタイのプレゼントが気に入らないと言われたから事件を起こした、この動機はあの人ならあり得るのではないですか?」

関は勲に裁判官を辞めた理由を尋ねますが、勲は「後進を育てるためでそれ以外の理由はない」とその場を立ち去っていくのでした。

勲がバスを待っていると池本杏子(酒井若菜)が現れ旦那の亨(佐藤隆太)が姿を消した事実を知ります。この話を聞いて、勲は武内が昨夜にスーツケースを運んでいた姿を思い出します。杏子は力を貸して欲しいと言いますが勲は無視しその場を立ち去ります。

まあ…武内の裁判の時に勲と武内の間には何かあったことは間違いなさそうですね。いくら有力な証拠がないとはいえ、無罪で解放されてしまうとはね。白か黒かだけを判決しろってのもね…。

それにしても池本杏子の行動が傍目から見ると怖い。まあ、本当の被害者でもあるので、このような心境になってしまうのは仕方ないことなのかもしれませんが、頭がオカシイ人だと思われても無理がないような。

勲は武内の自宅を訪ねます。

武内の家に空き巣が入られたらしく荒らされている模様。武内は犯人の見当は付いているようです。そこに、勲が深夜に見かけたスーツケースと同じものを発見。そこの血のようなものが付着していることに気付きます。

勲は何で武内の自宅を訪ねたのだろうか?鍵を壊したのは誰なんだろうか?武内のことが気になっている勲だったりして?

勲は脳裏に武内が裁判を受けていた時の様子がフラッシュバックしています。

スポンサードリンク

琴音は武内の自宅を訪ね武内真吾の「真」の文字が入った服をプレゼントします。

琴音「着てみてくださいよ!」
武内「琴音さんは僕の過去は聞いてきませんね。」
琴音「だって関係ないですもん。今、楽しければそれでよくないですか?」

二人はいい感じの関係になりつつあるようです。

梶間俊朗(大倉孝二)は勲の講演会を聞いて裁判官の難しさについて深く考えるようになります。勲は10年前に裁判をした被告を死刑判決にしていたのですが、その苦しみは相当なもんだと。偶然にも武内もこの講演会の話を聞いていてこの話は初めて知ったと。

俊朗「武内さんが無実だったから、正直なところ親父は助かったんじゃないですかね?」

翌日、武内は琴音と公園にいます。

武内「琴音さんは信じていた人に裏切られたこと、ありますか?」
琴音「誰かに裏切られたんですか?」
武内「まだ分かりません。そうでないと信じたいのですが。」
琴音「私は…裏切りませんけどね。」

そう話していた時に息子の陸が「今日もパパの所に行くの?」と話掛けてします。琴音は「パパなんていないのに何言っているのだろう、気にしないでください!」と誤魔化しますが…。

場面が変わりパート先で琴音の顔には傷が…。

雪見は武内を庭で見かけて琴音の顔のアザについて何か知らないかを尋ねます。武内は「いえ、気付きませんでしたが」と答え「雪見さんはまだ僕のことを疑っているんですね」と。しかし、雪見は本当にそーいうつもりで訪ねたわけではなかったのです。

このシーンは結構大事なところだったかもしれませんね。武内が信用している人に裏切られたかもしれないと感じており、おそらくスーツケースなどを運んでいる姿をわざと見せて罠を仕掛けているのでしょう。

琴音の顔の傷は誰が付けたものなのか?断片化されたドラマの演出では武内がやったかのように見えますが違うのでしょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!