僕のヤバイ妻 4話ネタバレ!横路(宮迫)が悪い顔、鯨井(高橋一生)もかなり怪しい!

bokuno

フジテレビの火曜ドラマ「僕のヤバイ妻」の第4話、どのような展開になっていくのか気になっていましたが、しばらくは2億円をめぐって物語進むことになりそうですね。やっぱり、みんなお金が欲しいんだよ。しかも、ほぼ部外者の横路正道(宮迫博之)も2億円を狙っているという…。

あんた、ただお金欲しいだけでしょって感じですが。第4話では小暮久雄(佐々木蔵之介)については全く進みませんでしたね。

スポンサードリンク

その代わり、隣人の鯨井和樹(高橋一生)と鯨井有希(キムラ緑子)の関係について若干進んだ感じがしますね。年齢差があるなーって思っていましたけど、完全にお金で繋がっているっぽいですね。

あと、緒方彰吾(眞島秀和)の死亡現場に現れるなど、何かを匂わす行動をしているのがかなり気になる。犯人はまさかの鯨井和樹なのか?

第4話のストーリー(ネタバレ)

望月幸平(伊藤英明)が2億円を緒方彰吾(眞島秀和)から奪うために早朝に彼がいるレンタルルームに訪れるものの、クーラーボックスの中には2億円は入っておらず、代わりにコーヒー豆が入っていました。

緒方の姿がないと思っていた幸平ですが、レンタルルームの駐車場で緒方が死んでいるのを発見。驚いて走って車まで戻って「なんで死んでんだよ!」とパニックに。

不倫相手の北里杏里(相武紗季)から電話を受け緒方が死んでいることを伝える幸平。そこに近くで事件があり聞き込みをしているという警察が幸平に話しかけます。警官は幸平を見て誘拐事件の女性の旦那であることに気付き、緒方がそれに関わっていることも知っており、幸平がここにいることを怪しんでいます。

幸平は人違いだと言って車を発進させます。

完全にパニックになっていますね、幸平は。こんな逃げ方をしたら怪しまれるのは当たり前でしょう…。

刑事の相馬(佐藤隆太)の元に幸平が近くにいたという情報が捜査員から伝えられます。

相馬は幸平に電話を掛けますが繋がりません。幸平は運転をしながらこの事件の犯人は真理亜(木村佳乃)ではないかと感じ、自分が犯人にされるのではないかと焦ります。

一方、真理亜は幸平のカフェでコーヒー豆の配達伝票を笑みを浮かべながら破ってゴミ箱に。そこに、横路正道(宮迫博之)が「昨日は二日酔いで…幸平くんがいたらコーヒーを淹れてもらおうと思って」とやってきます。

真理亜が「私が淹れてあげる」といいコーヒーを淹れに行きますが、その隙にゴミ箱から配達伝票を盗みだす横路。

真理亜が伝票をゴミ箱に入れたのってわざと見えるように捨ててますよね。これも全て真理亜の計画通りなのかな。横路が早朝に店にやってくることも予想していた。

もし、そうだとしたらとんでもない女だな。

カフェに相馬がやってきて緒方が死んだことが真理亜に伝えられます。近くで幸平の姿があったことも明らかにし、もし帰ってきたら必ず連絡をするようにと真理亜に伝えるのでした。

相馬は横路の顔を知っており、元刑事をしていたことや手柄の為なら何でもやるという男だったことが本庁の人間なら知っていると部下に言います。

横路が警察を辞めた理由は野球賭博に手を出し押収品を横流していたことが原因だったのです。

横路は元刑事だったんですね。野球賭博をして追放されたって…。なんかタイムリーなネタだな。わざとこのネタを使っているとしか思えないのですが。

幸平が杏南の家に逃げ込み、冷蔵庫から水を取り出し飲みだします。すると、相馬らがやってきます。

杏南は「幸平くん!窓から逃げて!」と玄関から靴をこっそりと持ってきてベランダから外に逃がします。幸平は何とかその場逃れますが相馬は部屋に幸平が来ていたと感付いています。

相馬は携帯電話の通話記録を裁判所に令状を取っているといい「あなたの話が本当かはすぐにわかりますよ。」と笑みを浮かべます。

幸平が駐車場に停めていた車に戻ると後部座席にいた真理亜が抱きついてきます。

真理亜は「本当に手が掛かる人。私に頼った方がいいのに。車は捨てましょう。警察はバカじゃないわ。」と言い喫茶店に入ります。

真理亜「どうして、緒方の場所を知っていたの?あの女がつけていたの?二人でお金を盗もうとして、緒方君をやったの?」

幸平は「俺はやってない!お前がやったんだろ?!本当のことを言え!」とナイフを隠れて突きつけます。

真理亜「まさか、私だったらもっと丁寧にころす。人知れず遺体の見つからない方法で。あなたを犯人に仕立てるならナイフに指紋をつける。ねえ、ナイフ渡して。大変なことになるわよ。警察呼んだの。もう囲まれている。」

幸平「…俺を売ったのか?」

真理亜「あなたのためよ。大丈夫。4時まで黙っていれば無実が証明される。必ず助ける。」

相馬が現れて幸平は警察署に連れて行かれるのでした。

もう、完全に普通の夫婦の会話じゃないですよね…。

さっさと別れてしまえばいいのに。でも2億円があるからそう簡単に離れることはできないのか。しかもカフェもほとんどが真理亜のお金ですからね。

鯨井和樹は腰を痛めた鯨井有希のためにご飯を作って食べさせようとしています。そこに、緒方が死んだというニュースが流れてきますが、和樹はテレビを消します。

有希は「何で消すの?」と聞きますが和樹は「いや、別に。」と。

有希「ごめんなさい。お金の先月分の振り込み遅れちゃって。もう少し待ってくれる?」

和樹は顔色を変えて「分かりました。」と言って部屋を出ていくのでした。

あー、やっぱり鯨井も普通の夫婦じゃないんだねー。

お金が欲しいがために年上の有希と結婚をしたのかな。介護みたいなもんやね、これは。顔色が変わるのが露骨すぎるだろ。あんなに爽やかな笑顔を見せていたのに。

スポンサードリンク

幸平は取り調べ室で相馬に「聞きたいことは一つ。なぜ、緒方が死んだ現場にいたんですか?」と聞かれるものの真理亜が言われた通りにずっと無口を通しています。

相馬は転落した緒方はナイフを持っていたと。自殺するのにナイフを持っているのは不自然、誰かともみ合いになって転落したと考えるのが自然だとし他殺の可能性が高いと。

コンビニの防犯カメラに幸平の姿が映っていたこと、さらに緒方がいたレンタルルームの非常階段の手すりから幸平の指紋も検出されたという。

その頃、鯨井和樹は緒方がいたレンタルルームの外観を眺めています。何かを確認しているようです。

杏南が警察署にやってきて「幸平くんを助けに来ました!実は、今朝近くで会うつもりだったんです。私たちはまだ繋がっているんです。事件とは関係ありません。」と相馬に言います。

しかし、相馬は「これ以上嘘を重ねるようなら犯罪に問われますよ。通信記録を調べて嘘がバレる前に自分から話しておこうと考えたのでしょう」と。

杏南は言い返すことができず警察署を出ようとしますが、そこに真理亜が現れます。そして真理亜が雇った弁護人からお金の入った封筒を渡され「これhは退職金です。」と。

鯨井和樹が超絶に怪しいですね、緒方をやった犯人は彼なのかな?

でも、なぜ?今まで深く物語に関わっていないようにも感じましたが、よく考えると真理亜が誘拐された時に手紙を持ってきたのも彼なんですよね。

やっぱり、真理亜と深く繋がっているのかな?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!