ラブソング 7話ネタバレ!さくらの喉の調子が悪かった原因が癌とは可哀想すぎる!

lovesong

月9ドラマ「ラブソング」も第7話が第2章の最終章だったみたいで…次回の第8話が第3章になるみたい。この章仕立て、必要なのかな。

まあ、それはいいとして第6話で佐野さくら(藤原さくら)に曲を提供した神代広平(福山雅治)でしたが、この曲は20年前に春乃(新山詩織)のために作った曲だったことが明らかになりましたが、第7話ではそのことを巡って夏希(水野美紀)と対立することになり、さくらも巻き込まれていく展開に。

スポンサードリンク

そして、ラストに喉の調子がオカシイことから思わぬ展開になっていくようですが…。ちょっと、これは衝撃かもしれませんね。こんな展開、アリなのか。最近の月9はヒロインをとことん不幸にする物語が多いように感じるのは気のせいだろうか。

→ 最終回 ネタバレ
→ 9話 ネタバレ
→ 8話 ネタバレ
→ 6話 ネタバレ
→ 5話 ネタバレ
→ 4話 ネタバレ
→ 3話 ネタバレ
→ 2話 ネタバレ
→ 1話 ネタバレ

「ラブソング」7話のストーリー(ネタバレ)

神代広平(福山雅治)は夏希(水野美紀)に借りていたキーボードを返却するために自宅を訪ねます。

どことなく、気まずい雰囲気が流れます。二人は同時に話しかけます。神代は「あの、佐野さんの曲なんだけどさ…」と言うと夏希は「ああ…もしかしてお姉ちゃんのために作った曲?遺品の中にあったのを見つけた。」と答えます。

神代は「20年も前の曲だからね。ちょっと古い?」と聞きますが夏希は「ううん。いい曲だと思うよ」と答えます。しかし、本当は姉のために作った曲をさくらに提供したことが複雑な心境だったのです。

ライブハウスSではさくらと神代が新しく作った曲「ラブソング」をお披露目しています。トップレコードで元マネージャーの弦巻(大谷亮介)は「この曲の評判が上々で会社でも前のめりになっている」と。増村泰造(田中哲司)は神代は音楽をやっている時の方がいい、白衣は似合わないという。

夏希はこの曲を聴いて複雑な顔をしています。歌っている最中、さくらは咳をします。その様子を増村は見逃しませんでした。中村真美(夏帆)と天野空一(菅田将暉)はこの曲を聴いてテンションが上がっている模様。

真美と空一の後ろに背後霊のようにナイナイの岡村隆史さんの姿がありましたね。一体、どうしたん?なんで観客で何気なく出演をしているんでしょう。めちゃイケの企画とかでなんかあったんですかね?

やっぱり、夏希としては複雑な心境なんですかね。姉ちゃんのために作った曲をさくらが作詞を乗せて歌っていることが許すことができないのかな…。

演奏終了後。

弦巻は「やっぱり天才だ!今回でそれがはっきりした!」とさくらではなく神代のことを大絶賛。弦巻はトップレコードに所属しているシェリルというアーティストが神代の曲に興味を持ってると。作曲依頼があるかもしれないと。

その頃、空一は笹裕司(宇崎竜童)に「ささやん、ギター教えて!」とお願いをします。笹やんも「どうした?女にモテたいのか?」と聞かれた空一は「超モテたい!」と。笹は空一に「さくらがここまで来たのはお前のお陰だから」とボトルキープをご褒美にプレゼント。そしてギターを教えることに。

夏希は酔って神代によしかかりながら「なんで、あの曲なの?」と聞きたいことを聞きます。しかし、神代は真面目に答えようとはしません。

増村はさくらに「喉の調子悪くない?少し高音がかすれていたから。俺、耳鼻科やってるから今度見せにおいで。」と病院の名刺をさくらに手渡します。

あの咳き込んだシーンを見ただけで異常を見抜くってさすが耳鼻科の先生ですね。このことが、今後のさくらに転機になってしまう予感。

真美とさくらは帰宅します。

さくらが作詞した詞を絶賛する真美ですが、神代に思いが伝わっていないことを知り「鈍感だね。」と。真美は早く告白しないと遠い存在になってしまうと急かします。

翌日、さくらは真美の言う通り告白をしないと焦りを感じてしまい職場で空回りしてしまいます。

神代がいる先にさくらは付けていたことから、神代は作業場にやってきて「ねえ。なんで俺のことを監視してるの?どうして?」と。さくらは思い切って「こ..こ…今度、飲みに行きませんか?…レコーディングのお疲れ会。」と神代を誘うのでした。

神代「いいよ。じゃあ、今夜は?」

あっけなくデートをすることになりさくらは笑顔になって喜びます。

20代の女性が40代の男に飲みに誘う….そんなことがあってもいいのだろうか。実際にそーいう誘いを受ける男性は数えるほどしかいないんだろうな…(笑)神代もあっけなく誘いをOKするもんだから、勘違いしても仕方がないよね。

さくらは神代とのデートにウキウキになり真美に「服貸して」とメールをします。その頃、真美は空一と一緒にいます。

真美「今夜、神代先生とデートかもよ。あんた諦めな。」

空一は真美の部屋からいらないものを物色しているようで、化粧品が欲しいと言い出します。

真美「え?化粧品だよ。誰かにあげるの?」

空一はおどおどし「お世話になっている人に..」

真美「ね、そいつとやったでしょ。」
空一「や…やってないし。」
真美「やったね。」
空一「さくらには言うなよ。」
真美「やっぱ、やってんじゃん。どうだったの?」

と、さくらが帰宅し「女だけの話がある」と隣の部屋に。そして「せ..セクシーにして。頼む。」と真美にお願いをするのでした。

空一、女に弱いねー(笑)真美にめっちゃいじめられてるし。というか、真美のアパートに出入りしすぎじゃないかい。まあ、訳あり幼馴染だしそんなもんなのかね。

スポンサードリンク

さくらはいつもと違った大人っぽい格好で神代と合流し「あれ?今日は随分と雰囲気違うね。」と女が喜びそうな言葉を神代がかけます。

歩き出す二人。しかし、慣れないハイヒールを履いていることから足から出血。神代はさくらをオンブしてシューズショップに入り白色のシューズを購入するのでした。

その頃、空一は渡辺涼子(山口紗弥加)と二人でライブハウスSに。

涼子に喜んでもらうために化粧品のプレゼントをしますが、「どうせ、さくらも使わないだろうし」と口走ってしまいます。

涼子は空一から出てくる言葉にいつも「さくら」がいることに嫉妬しているような素振りを見せ、しまいには笹やんに「わたしー、この前、空一くんとやっちゃってさー。楽しかったよね!」と暴露しだします。笹やんは笑いながら「やったじゃないか!」と空一を賞賛。空一はかなり焦っています。

その頃、神代とさくらは予約していたお店に。

そこには弦巻の姿が…。神代がレコーディングの打ち上げだから呼んでおいたと。この状況にさくらは落胆の色を隠せません。

3人は食事をします。

弦巻がトイレに行った時にさくらは神代に「な..なんですか?普通、お疲れ会って…」と何かを言いかけた時に弦巻が戻ってきます。さくらは不機嫌になり「帰ります。」と先に帰っていってしまいます。神代も帰ろうとしますが、弦巻は「ちょっと話がある」と留めます。

デートだと思って行ったらもう一人いた。裏切られた気分ですね。ちょっと、さくらが可哀想かも。

神代はさくらの気持ちには気付いていると思うんですけど、うまくかわしている感じですよね。そうやっていつも何人もの女性を泣かせてきたのかな。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!