不機嫌な果実 最終回ネタバレ!みんなハッピーになり不倫は卒業へ!

hukigennna

ドラマ「不機嫌な果実」も最終回となりました。全7話と少し短めのドラマでしたが、なかなか見応えのあるドラマでしたね。最後は一応丸く収まって、みんなそれなりに幸せになりいい終わり方だったのではないでしょうか。

最後の最後は、麻也子(栗山千明)と通彦(市原隼人)、航一(稲垣吾郎)と久美(高梨臨)、玲子(橋本マナミ)と茂(六角精児)の組み合わせで落ち着くことになるのですが、意外にも玲子と茂が元サヤに戻ることになるとは。

まさか、遠山茂が最後の最後に報われた感じで終わったことに驚いてしまいました。

スポンサードリンク

遠山玲子にストーカーしてる男は絶対に茂だと思っていたのに全然違った。むしろ、別れようとしながらも遠山玲子のことを本当に思っていて深い愛を感じましたね。個人的には遠山家が一番感動したエピソードになったようにも感じるくらいです。

最終回のストーリー(ネタバレ)

工藤通彦(市原隼人)は麻也子(栗山千明)に母親の田中早苗(名取裕子)に会って欲しいと言って自宅を訪ねます。

しかし、早苗は航一(稲垣吾郎)が入院していた時に出会っており、旦那がいることを知っていました。まさか息子が不倫をしている女を連れてくることに驚きを隠せず、さらに離婚がまだ成立していないこと大激怒。

麻也子は「本当に申し訳ありません!」と言ってその場を立ち去ります。通彦は麻也子を追いかけて「誰に何を言われようと結婚をする!」と言いますが「ご両親のお怒りは分かるよ。これが普通だと思う。」と。

しかし通彦は麻也子のことをまっすぐに見つめて「絶対に結婚をする!一緒にイタリアに行こう!」と言い、麻也子はそれに応じるのでした。

不倫ネタって本当にタイムリーな話ですね..。

今まで親から反対されたことがなかったのに「不倫はどうしてダメなんだ!」…て当たり前だろってね。そんなことも分からないくらい通彦は甘やかされて育てられてきたんだろうなー。

なんか、通彦と航一のキャラがいきなり被りだしてきたような。結局、好きになるタイプは皆同じということなのか。

麻也子はとりあえず航一がいる自宅に帰ります。

部屋でパズルをしていた航一(稲垣吾郎)は「おかえり」と迎え入れ「彼と結婚するの?」と聞きます。麻也子が「そのつもりだよ。」と答えると賞状入れを差し出し「用意しておいたよ。卒業証書。」と渡すのでした。

すでに離婚届に署名しハンコが押されていました。

航一は麻也子の親友の久美と不倫関係にあったことを謝罪。これが麻也子への最後のプレゼントだと。

麻也子は「どうして記憶喪失になったの?」と聞きます。航一は気を惹こうとしていたわけではなく、何もかも忘れてゼロから始めたかったと思っていたのです。

そして、指一本触れてもらえなかった理由も明らかに。3年前、二人が抱き合っていると麻也子はいびきをかいて寝てしまったのです。

そのことが航一にとっては大きなショックを受けて、心に大きな傷を負ってしまったのです。このことがトラウマになってしまっていたのです。麻也子にとっては「そんなことで…」という理由でしたが航一にとっては大きな理由だったのです。

航一は気が狂ったかのように笑い出し泣き出します。そこに母親の綾子(萬田久子)が現れ「あなたはもう行って、早く!」と逃がしたのでした。外に出た麻也子は結婚指輪を外します。

出た、卒業証書。これは製作陣、絶対に狙ってるでしょう。普通に離婚届でいいのにわざわざ入れ物まで用意して卒業証書にしてしまうのが悪意を感じてしまいます(笑)

それにしても、いびきをかいて寝ていたことにショックを受けるとは…。まあ、確かにショックか。でもそれだけ疲れていたってことでしょう。それくらい多めに見てやってもいいのでは。そして航一も不倫に走ってしまったというわけか。

久美(高梨臨)の自宅に玲子(橋本マナミ)が来ています。そこで、玲子のブログに誹謗中傷のコメントが書かれていることに気付きます。

「何これ?!」

玲子はここ最近誰かに追われているような視線を感じるという…。

その頃、遠山茂(六角精児)が玲子のブログのコメント欄を見ながら「玲子….愛してる..!」と下着の匂いを嗅いでいます….。

麻也子は離婚届を提出して通彦との甘い生活を始めることに。

部屋で通彦がモーツァルトの話をしますが麻也子は心のそこから安心することができませんでした。心の奥に航一の姿があったのです。

通彦は結婚式を挙げたいといいますが、麻也子はあまり乗り気ではありません。

ある日、勤め先の法律事務所の所長が麻也子が不倫して離婚をしたことを知ってしまいます。離婚専門の弁護士でやってるのにスタッフが不倫で離婚をしたのは大問題になると騒いでいます。

その頃、航一は通彦の母親の田中早苗と会っています…。

航一は何を企んでいるのかな?もう最終回ですよ。

何かするにしても時間が無さ過ぎます。と言っても離婚届を提出したしすでに赤の他人。今更、何をしようとしているのか…。

スポンサードリンク

麻也子は仕事帰りに野村健吾(成宮寛貴)とバッタリと会ってしまいます。

野村「久しぶり!よかったら久しぶりに食事しない?」
麻也子「ゴメンなさい。私、通彦さんと結婚することになったの。」

驚きを隠せない野村ですがお祝いをしないといけないねと上手く切り替えす麻也子と食事をすることに。そこで、久美と航一が不倫をしていた事実を知り、二人はあれ以来、話をしていないと…。

玲子は久美のワインバーで飲んでいます。

と、そこに野村が麻也子を連れて現れます。麻也子は気まずいので帰ろうとしますが野村は「一杯だけ付き合ってよ!」と。

久美は麻也子に「本当にゴメンなさい」と謝り、麻也子は「もういいよ。」と。このやり取りを見ていた野村は「女の子って本当のに腹割って話さないよね。」とヤジを入れます。

すると二人はエスカレートし言い争いになり麻也子は思わず久美のことをビンタ。取っ組み合いの争いになりますが、野村は笑っています。そして玲子も巻き込んで取っ組み合いになりワインが二人の服に…。

すると3人は笑い出します。

野村もいいヤツだねー。

壊れた親友の仲をうまいこと修復させたじゃないですか。わざとヤジを入れて本音で話し合いをさせることで関係を修復されるってなかなか出来ることではないですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!