はじめまして愛しています 1話の感想とネタバレ!美奈のピアノが信次と男の子を虜にして家族に!

はじめまして、愛しています。

「家政婦のミタ」や「偽装の夫婦」などの脚本を手がけた遊川和彦さんの最新ドラマ「はじめまして、愛しています。」がテレビ朝日の木9ドラマ枠で放送が開始されました!

第1話からなかなか面白い内容になっていましたね。これは、感動のドラマになること間違いないかもしれませんよ。

このドラマは原作なしのオリジナルストーリーとなっているドラマで遊川和彦さんが手掛けているだけあって主人公の梅田美奈(尾野真千子)の心の声が出てくるあたりが「偽装の夫婦」のような雰囲気が出ていたように感じます。

とはいえ、「家政婦のミタ」や「偽装の夫婦」のように独特な雰囲気は抑えられているようで、旦那の梅田信次を演じる江口洋介さんが今までの彼が演じてきたキャラクターとは少し違う雰囲気がまた面白いです。まあ、演技はどこからどう見ても江口洋介さんですけどね。

スポンサードリンク

「はじめまして、愛しています。」は特別養子縁組をテーマにしたドラマとなっていますが、今期ドラマでは安田成美さんと田中直樹さんが出演している関テレのドラマ「朝が来る」で同様のテーマが取り扱われています。

同期に同じテーマのドラマを放送するってどうなんだろうと思ってはいたのですが、内容としてはかなり違うものになっているようで、また違った視点で特別養子縁組というものを知ることができるのでいいかもしれませんね。

第1話のストーリー(ネタバレ)

(モーツァルトは35で死んだ。同じ年になったというのに私は何も成し遂げていない。10年前に結婚したけど子供はまだいない。いや、作らなかった。

プロのピアニストとして認められるまで夫にわがままを言って。なのに、今は時間だけが指の間から零れ落ちていくようだ。ハッキリしているのは今の自分は若い頃の自分が思い描いていたものとはかけ離れているということ。)

主人公の梅田美奈(尾野真千子)の父親は有名な音楽家でファンも多い。美奈は自宅でピアノ教室をしながらプロのピアニストになるために父の背中を追いかけていたのです。

家のチャイムが鳴ります。

ピアノを習おうとある母親が娘を連れてやってきたのです。ピアノを教えようとする美奈ですが、その子があまり積極的ではないことから「ピアノは好き?」と聞くとその子は首を横に振ります。

「じゃあ、辞めよっか。ピアノは嫌々やっていても上手くはなりません。」

母親は「ピアノを好きにさせるのもあんたの仕事でしょ!」とブチ切れて帰っていくのでした。美奈はトイレに行って便器に顔を突っ込んで「ああああああアーーー!!」と大声を叫びます。美奈は内に溜まった鬱憤をこうやって発散しているのでした。

どっちの言い分も分かるなー。興味がないことは伸びないから、素直に辞めてしまうという考え方と、好きになるために教えるのも先生の役目だと。ここから開花することもあるでしょうし、なかなか難しいところですね。

でも、母親主導でアレコレと決めるのは如何なものだろうか。

旦那の梅田信次(江口洋介)帰宅。信次は不動産屋の営業をしているダジャレが好きな熱血漢溢れる男で少し暑苦しいくらいです。

「やっぱ、美奈ちゃんのカレーは最高だな!俺への愛がいっぱい詰まってるんだよ!」
「…そういうこと言える信ちゃんが羨ましい。」

信次は最近、近所でゴミ箱を漁るなどする不審な生き物だ出没しているという話をします。すると、庭から「ガサっ」という音が聞こえています。美奈は驚いて庭に出ますが、誰かがいるような気配はありません。そこに信次の妹の不破春代(坂井真紀)から電話が掛かってきて施設にいる母親の見舞いに行って欲しいとお願いを受けることに。

翌日、美奈が家でピアノの練習をしてながらプロのピアニストになることは今度のコンクールでダメだったら諦めようと思っています。

すると庭から物音がしたことに気付いて美奈は恐る恐る、庭を散策します。すると茂みの中から服も体も汚れた男の子が出てきたのです。

「…はじめまして、お名前は?お母さんは?お父さんは?もしかして、お腹空いている?」

そう言って家の中からドーナツを取ってきてくるとお腹が相当減っていたのか夢中でドーナツを食べるのでした。

不審者が庭にいたら驚くけど、小さな男の子がいても驚くなー。まさか、子供が庭にいるなんて誰も想像しないですよね。下手に関わると誘拐したんじゃないかとかイチャモン付けられそうだし…。

男の子は衰弱仕切っているようで病院に運ばれ美奈と信次もそれに付き添います。体についたアザなどからネグレクト(育児放棄)にあってしまった子供であることが明らかに。児童相談所の堂本真知(余 貴美子)が現れて、異臭がしているアパートがあってそこに住んでいる子であるようです。

「これから、あの子はどうなるんだろうな?」

信じはあの子のことが気になって仕方ありません。男の子が住んでいたと思われるアパートを訪ね、大家から預かった鍵を使って中に入ります。中には両親はおらず部屋は荒れ放題。そこに、男の子が繋がれていたと思われる鎖が…。

「ねえ、何考えてるの?」
「いや、俺に何かできることないかなと思って。」

「変なこと考えないでよ。今までもそうやって苦労してきたんだから!」

不動産会社に勤めているからこそできる技ですね。普通は勝手に部屋に入ることは許されないと思いますが。でも、両親も姿を消して、この状況だと退去手続きもまともにせずに消えてしまったんだろうな。

自分の子供を部屋に残して姿を消すって、そんなことが本当にできる人がいることに驚いてしまいます。

スポンサードリンク

美奈がピアノの演奏会から帰ると信次が料理を作って待っていました。料理を作っている間、美奈はピアノを弾いています。

すると庭先から再び物音がします。

カーテンを開けるとそこには施設に入ったはずの男の子が立っていたのです。信次はまた来るのではないかと思っていたのか、素早く行動し家の中に招き入れいれそうとすると男のは熱があったことから、養護施設に連絡をして施設で看病を受けることになります。

信次は堂本に男の子の両親が見つかったのかどうかなどの情報を聞き出そうとしますが個人情報だから教えられないの一点張り。

美奈は「少しくらい教えてくれてもいいんじゃないですか。訳わからないんですようちに二回もやってきて、誘拐したのではないかと疑われたのよ。」と強気に出ます。

堂本は「アパートを契約していたのはあの子の母親だけど契約書の情報はデタラメ。男が何人も出入りしていたみたいだから、誰の父親なのかを特定するのは難しいと思う。」と男の子が誰の子なのかは分からない状況のようです。

その夜、信次はあの男の子のことを考えています。

「なんでうちに来たんだろう?」
「もしかして、私たちに会いたいから…なんて言わないよね。」

「これ見て、録画していたテレビを止めたら55:11(ココがいい)だよ!ほれ、ココがいい!」
「勘弁してよね、これ以上の深入りするのは。」

信次は語呂合わせが好きですね….。こんなこと運命を感じていたら体がいくつあっても足りなような…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!