神の舌を持つ男 2話ネタバレ!舞台を温泉に絞ったことで展開が似て面白くない?

神の舌を持つ男

ドラマ「神の舌を持つ男」の第2話。まさかの初回放送の視聴率が6%というかなり厳しいスタートとなった堤幸彦監督作品ですが、結構賛否が分かれる感じのドラマのように感じますね。

向井理さんが演じる朝永蘭丸が絶対舌感という謎の特殊能力を持っていることから、ベロを出すのが気持ち悪いとか、甕棺墓光(木村文乃)がギャーギャーうるさくて何のために存在するか謎な役、宮沢寛治(佐藤二朗)はただただツッコミを入れている役。

ドラマの雰囲気としては堤幸彦監督らしく好きなんだけど、キャラクターが少しイマイチなのかなー。あと、温泉を舞台にしているのでストーリーが似たり寄ったりになってしまっているような。まだ2話目だから何とも言えないところですけど。

スポンサードリンク

そういえば、第2話のベロを出すシーンって目が悪くなったかなと思うくらいボケてたと思うんですけど、不評だったから急遽処理したのかな?まさかの向井理のベロにぼかしが入れられてしまうとはね…。ちょっとオドロキです。

ということで、第2話の振り返りです!

第2話のストーリー(ネタバレ)

朝永蘭丸(向井理)と甕棺墓光(木村文乃)、宮沢寛治(佐藤二朗)の三人は温泉芸者のミヤビを追い求めて温泉宿「南出田楼」に向かいます。

お約束通り、甕棺墓光のオンボロ車がガス欠を起こしてしまい車が止まってしまいます。近くを散策すると温泉の源泉のお湯が通ってる源泉管を発見します。すると、この源泉管を管理している順吉(徳井優)が現れ、緩んでいたバルブを調整します。

三人は温泉宿「南出田楼」に辿り着きます。女将・順子(山村紅葉)と順吉が二人で切り盛りしている宿だったのです。

ミヤビの居場所を聞くもののお座敷を終えて今朝出て行ったことを知ります。肩を落とす蘭丸ですが、宿を見つけるための今回も三助をするから泊まらせてくれというお願いをします。

しかし、客は一人しかいないと言う。すると、息子の天童(中尾明慶)が10年ぶりに宿をまだ見つけていないという女性三人を連れて帰ってきたのです。お客が急遽できたことで蘭丸たちはこの宿にタダで泊まることができるようになります。

お約束の流れですね。今後も車がガス欠を起こして旅館について三助をするから泊まらせてくれとお願いをして、そこで殺人事件が起きていく…。これが基本スタイルとなるのでしょうか。

やっぱり温泉ってテーマを決めてしまうと展開が限られてくるから厳しいのかなー。

湯守の順吉が蘭丸たちの部屋に入ってきて挨拶をしてきます。すると10年ぶりに息子が帰ってきたことを知り、天童の元に。

「お前、今まで何の音沙汰なしで何考えている!」

二人はもみ合いになり部屋でプロレスを開始されて大変な事態に。この宿はトリップランキンくんで10年間ずっと最下位(1523位)であることが明らかに。その原因はこの宿の仲居が心臓に悪い接客をすることのようです。

その夜、蘭丸は女性三人に三助をおもてなしするのでした。

蘭丸たちは従業員扱いとはいえ、こんなに派手にプロレスをするなんてこの親子、どうかしてるぜ。というか、順吉が意外と強いという(笑)さすが、毎日山道を歩いてバルブ調整をしているだけあるな。

翌日、蘭丸たちは天童が温泉の温度調整をしているところを訪ねます。

蘭丸の1ヶ月前の回想シーン。

「いつになったら僕を大学の助手にしてくれるの?」
「馬鹿者!この研究所に居られるだけ感謝しろ!天才は例外だが凡人は知識力よりコミュニケーション能力が必要なんだ!」

蘭丸は子供の頃から父親の朝永竜助(宅麻伸)とともに山閉じ込められて野草を無理矢理食べさせられて効能を調査させられていたのです。こんなことをしていたら給食も食べられなくなって小学校で中退、竜助に教えられて大学は卒業するという異例の学歴を持っているのです。

「キャーーーー」

女性の叫び声が突然聞こえてきます。すると、その先にはミヤビの姿が!驚いたミヤビはそのまま逃亡、近くに人の死体が倒れています。

甕棺墓光のいうとおり幼児虐待ですな。そりゃー変わった子に育ってしまうのも頷けます。でも中学を中退しているのに大学卒業できたのは、やっぱり天才なんだろうな。

スポンサードリンク

蘭丸は泣きながら死んだ人を舌で舐め始めます。すると硫化水素の成分を検出。死因は硫化水素である可能性が浮上します。すると間欠泉からお湯が噴き出してきて、ここのお湯にも硫化水素が含まれていると…。

すると町長が現れ、この間欠泉で事故は一度も起きていないと。

甕棺墓光は「町長のいうとおり、これは殺人よ!!」と。そして、頭に打った跡があることが明らかに。

町長は「私は見た。ここに捨てたのは、南出太楼の主人だ!!」と。蘭丸らは順吉に話を聞きに行きますが身に覚えがないと。甕棺墓光はこの宿は芸者を呼ぶような宿には見えないと疑問を投げかけます。

順吉はこんな宿だからこそ盛り立てようとしたのだという。そのたった一人の客が牧野という男でミヤビの接待を受けたのだという。

「嶋村さんって本当に殺されたんですか?」
「え?嶋村さんって…被害者の名前ですか?なんで名前を知っていたんですか?」

牧野と嶋村は温泉マニアで話をしたりしていたのだという。接待は最悪の旅館だけど、温泉の質は良いのだというのです。

外では刑事が来て順吉が任意同行されそうになっています。嶋村は温泉の成分を調べるキットを持ち歩いていたという。偽装温泉であることを知りバレるのを恐れて嶋村をやった。それを町長に目撃されていたという憶測をします。

この結末だったら1話と完全に同じじゃんって思ってしまいましたが、まあ違うよね。同じ結末だったら驚いてしまいますよ。

というか、死体を舐めるって蘭丸は正気なのか。気持ち悪すぎるんだけど。でも、成分を検出するには仕方のないことなのか。あんまり、嫌そうじゃないのが怖い。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!