ON異常犯罪捜査官藤堂比奈子 2話ネタバレ!東海林(横山裕)の過去が明らかに!

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子

ドラマ「ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」第2話はかなりヤバイ話でしたね。凍った遺体が続々と出てくる時点で普通では考えられない犯罪なんですけど、この事件を起こした犯人の正体がヤバかった。

当たり前の事ですが犯人に感情移入することができません。

でも、もし自分がそんな親の元に生まれたとしたらどんな気持ちだったのか。本当に答えを出すことができないかもしれません。運命を呪うとはこの事なのかもしれません。

スポンサードリンク

さて、主人公・藤堂比奈子(波瑠)と東海林泰久(横山裕)は原作の「ON 猟奇犯罪捜査官 藤堂比奈子」から人物像がかなり改変されています。特に比奈子に関しては単なる記憶力の高い女性捜査官というわけではなく犯罪心理に非常に興味を持った少しヤバイ女性捜査官になっています。

そういえば第2話では記憶力が良いことが事件の解決の糸口を見つけるという設定があまり出てこなかったですね。まあ、ドラマ的には犯罪心理に興味を持つ女性が主人公の方が面白いですからね…。

第2話のストーリー(ネタバレ)

盗難されたトラックをパトカーが追い、警察が訪れたその先で発見されたのは凍った遺体が2体…。驚いた警察らは本部に連絡をします。

藤堂比奈子(波瑠)は交通課の鈴木仁美(篠田麻里子)が目の前で死んでいる現場に立っています。そこに犯人の大友翔(三浦貴大)が血だらけの状態で現れます。

「興味…深いか?」
「ええ、とても。あなたの留置所の謎の死も。」

「お前は壊れている。俺と同じ。だからいずれは…。」

比奈子は右手にレンガのようなものを持っています。すると、「比奈子、大丈夫よ。」と母親の声と七味。

その時、目覚まし時計が鳴り比奈子は目覚めます。これは比奈子の夢だったのです。ガンさんこと厚田巌夫(渡部篤郎)から電話が鳴り事件が発生したという連絡が。

比奈子は現場に駆けつけると夏なのに凍死して椅子に座っている遺体が目の前に…。被害者の身元と死因の確定を急ぎます。

「興味深いですね。」

東海林泰久(横山裕)に比奈子は言います。

「興味深い..。」

比奈子はこういう夢ばかり見ているのだろうか…。普通の人だったら精神が病んでしまいそうな感じですが、彼女は平気なんですよね…。しかも犯罪者の心理について非常に興味を持っているという…。

夢の中の小林翔太はいずれ比奈子も犯罪を犯す…と言いたかったのかな。

捜査本部ではNシステムを使って盗難された冷凍トラックの行き先を追って事件解決に向けて動いています。

比奈子は東海林が休憩している休憩場に。

「どうして、嘘の報告をしたんですか?私と先輩がコンビで大友(小林翔太)を追っているって。本当は単独で動いていたのに。」

東海林は上からギャーギャー言われるからだと答えますが、比奈子もなぜ単独で動いたのかを聞きます。

「大友が犯人だという確証がなかったからです。」
「二度と、くだらないことをするな。目の前で死なれたらこっちが迷惑だ。」

一人の青年が「二人を置いてきた…。仕方なかったんだ。警察にも追いかけられて…」と頭を抱えています。この青年の父親だとみられる男・霜川が「言い訳をするな。お前というやつは…」と。そばにいた女が「父さん、そんな風に言ってもこの子は…」と言います。

「頑張ってるんだよ、僕は。家族みんなで暮らせるように…」

石上妙子(原田美枝子)が凍った死体の身元が分かったと。2体とも胸部に刺し傷があったことと。二人はかなり近い血縁者で兄弟の可能性があると。

石上は鮫島の検死に行くために東京拘置所に比奈子を連れて行きます。すると心療内科医の中島保(林遣都)と出会います。そして、石上は比奈子と保に二人で食事に行って来いと言い「中島先生に何かアドバイスしてもらえるかもしれない」と送り出すのでした。

刺してから凍らせて椅子に座らせる。完全に理解できない犯罪心理ですね。そして、この青年と老人は一体何者なのだろうか。

鮫島は保が担当していた受刑者で、服を引きちぎって自分で首を絞めて死んでいたのだという。

「何か、特別なスイッチがあったのでしょうか?大友にとっての香水と裸電球のような。」

保は大友の精神鑑定をしていて彼と話していて比奈子のいう衝動の発露があるのは確かだと。しかし、犯罪の理由を衝動だけにしてしまうのは間違いだという。例えば、今日あった冷凍の遺体の事件は遺体を椅子に座らせて移動させているので愛着を持っているのではないかと。ただ、犯罪者の心理はそう簡単い解きあかせるものではないと。

「とても、興味深いです。」

Nシステムで冷凍車の行き先を割り出すことに成功し冷凍設備のある一軒の商店に比奈子らは向かいます。しかし、そこには誰の姿もありません。しかし、裏庭にあった冷凍庫にが誰もいないのに動いていることに気付き、中に入るとそこには凍った遺体が2体椅子に座っていたのでした。

凍っていた遺体は霜川幸三(螢雪次朗)と長女の由美(赤間麻里子)である事が判明。冷凍車の方が長男の栄太と次男の裕太。幸三の母親は22年前に病死していて父子家庭だったのです。

凍った遺体を見た比奈子は「笑ってる..?」と違和感を感じます。

後日、幸三は死んでから2年前から冷凍庫に入れられていたことも判明。長男の栄太は2年ほど前から家業を継いでいたが、次男の裕太は恐喝などの暴行の前科がで暴力団との繋がりもあったと。長女の由美は父親が姿を消してから見なくなったと。

先ほど、謎の青年と話をしていた幸三と由美が凍った状態で発見されたことになりますが、犯人はこの青年ということでしょうか。どんな関係性があるのか。

スポンサードリンク

比奈子と東海林は由美が交際していた男性に話を聞きに行きますが、2週間前から姿を見せなくなったと。

由美とは一緒に暮らしていて結婚の話を出すと自分は子供を産めない体だから結婚したくない、それ以上に家族を持つことに抵抗があり「うちの家族は狂っているから」と言っていたのだと。

比奈子は東海林に犯人は家族の中にいたのではないかと推測しますが、東海林に「言い切るな」と。

「なあ、お前家族は?」

「両親は小学生の時に離婚して母子家庭でした。母も警察に入った年に病気で…。ベッドの脇に七味が置いてあったんです。」

比奈子が東海林の家族について聞くと両親は健在しているが「妹はいた。」と意味深なことを言います。そんな中、東海林の元に解剖結果が出たと石上から電話が掛かってきます。

さらに比奈子の元に今回の事件をプロファイリングしたというメールが受信。

比奈子は石上の元に。幸三は自然死でそのあとに冷凍されたもので長女の由美はスタンガンで気絶させてから締殺し冷凍させたことが明らかに。そして、すべての子供に虐待の傷があり、おそらく父親の幸三がやったものなのだろうと。

東海林は保のプロファイリングのメールを見て一人でどこかに行ってしまい、比奈子は保のプロファイリングを再び見返します。

「この事件の犯人は強く家族を求めています。

凍らせた遺体と冷凍庫に運び込まれたテーブルは家族の団欒を象徴だと思われます。犯人は家族を引越しさせようという感覚だった。最初に2体は警察から追われたから一時的に置いたもの。

犯人の年齢はおそらく10代後半20代前半。霜川家に住みながら家族として正式に認められていない存在。愛人の子、養子、親戚の子といったことが考えられます。」

比奈子はこのメールを見て保に「ありがとうございます。おかげでとても興味深い犯人に会えそうです」と返信するのでした。

東海林に会った比奈子は笑顔で霜川家の引越し先の情報を得ることができたかを聞き、今度は最初からそ操作に同行させて欲しいと。東海林は「ついて来るなら笑うな。もっとピリッとした顔しろ」と言って同行を認めます。

その頃、鑑識では霜川家にはもう一人別の人物がいたことを突き止めていました。

さすが、野比先生。情報が少ない中でここまでプロファイリングしてしまうとは。というか、ほぼ当ててるんじゃないか。

中島保は今後のストーリーで非常に重要なキャラクターになっていくのですが、比奈子とどのようにして接近することになるのか今後の展開が非常に楽しみですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!