ON異常犯罪捜査官 藤堂比奈子 4話ネタバレ!比奈子の過去が明らかになり闇が深そう。

ON 異常犯罪捜査官 藤堂比奈子

ドラマ「ON異常犯罪捜査官 藤堂比奈子」の第4話、藤堂比奈子(波瑠)の闇の部分も徐々に明らかになってきましたが、想像以上にその闇は深そうな感じですね。本当に下手したら犯罪者になりかねない感じです。

そして、心療内科医の中島保(林遣都)との関係はかなり良好になってきました。と同時に、中島の闇の部分も少しずつ明らかになってくるなど、なかなか面白い展開になってきました。

スポンサードリンク

基本的には原作の第1作となる「ON 猟奇犯罪捜査官藤堂比奈子」で描かれていたストーリーが大きな柱となっており、同時に違う事件が混ざりあっていくというスタイルが取られており、原作を読んでいる方に取っても楽しめるようになっていると思います。

ただ、藤堂比奈子のキャラ設定が相当変更されているので、そこに拒否反応を示す方も多いみたいですけどね…。

ON 4話 ストーリー(ネタバレ)

藤堂比奈子(波瑠)と吉田佐和(中島亜梨沙)は佐藤都夜(佐々木希)に拘束されてしまいました。

都夜は美しい女性の肌を剥いでマネキンに貼り付けるという異常行動をしていることが明らかに。都夜は比奈子の白くて綺麗な皮膚を剥いでやるとハサミをチョキチョキし脅しますが、衝動でやると後始末が面倒になると冷静になります。

美人でモデルもしていた都夜がなぜ綺麗な皮膚を求めているのか。モデル時代にストーカーされた男に硫酸を全身に掛けられたことで背中の皮膚が爛れてしまっていたのです。

「じゃあ、そろそろ処理を始めましょうか。」

そう言って都夜は佐和の元に近寄っていきます。そして、あと数年経ったら娘の吉田遙香(住田萌乃)の皮膚も剥がして張ってやると、サイズが小さいからもう少し大きく育ってからにしてやると言うのでした。

「醜い…。醜いと言ったんです。背中の火傷以上に。他人の皮を剥いでどうにかなると思っている感覚に。完全な自分になれるわけないじゃないでしょ。本気でそう思っているなら滑稽ね。あなたの狂気のスイッチが入ったきっかけ、それは生まれつきなのか、それとも初めて人を殺した時なのか、硫酸をかけられて夢を奪われた時なのか。」

比奈子は自分で腕に縛られた紐を持っていたナイフを使って解きます。

「興味深い。」

感情的になった都夜はハサミで比奈子を一刺し。

「そう、その顔を見たかったの。」

比奈子は動じることなく持っていたナイフを使って都夜の顔に切りつけ反撃をするのでした。そこに、東海林泰久(横山裕)と中島保(林遣都)が中に入ってきて都夜を押さえつけるのでした。比奈子はそのまま気を失ってしまいます。

結構、早い段階で都夜が捕まってしまいましたね。

いくら自分が理不尽な理由で全身が醜い皮膚になってしまったとはいえ、他人の皮膚を剥ぐって…怖すぎるわ。そして、綺麗に剥ぎ取ってマネキンにくっ付けている技術が凄い。

そして、比奈子も犯罪者の素質を持ってそうで怖い。

傷だらけの佐和は娘の遙香がいる病院に駆けつけ抱き合います。

都夜は厚田巌夫(渡部篤郎)らに取り調べを受けて全ての犯行を認めました。そして「私が殺し損ねた、藤堂って女。あれ、何?あの女、私のこと….。」

その頃、都夜のクリーニング店は捜査線が引かれて捜査が開始されています。倉島敬一郎(要潤)は比奈子が入院している病院に何度も何度も電話をして心配をしています。

比奈子は命には別状はないようですが「何もかも、僕の失態だ!先輩失格だよ!こうなったら責任取らないと。」と言います。すると倉島は比奈子に「プロポーズをしようと思う!」と言うのでした。

現場に入っていた東海林は鑑識の三木(斎藤慎二)に押収された狂気は犯人が持っていたハサミだけかを確認しますが、ハサミしか見つかっていないと。東海林は床に飛散した血しぶきを見て比奈子があの時に何かを隠していた様子を思い出します。

比奈子の夢の中。ある部屋で都夜はミシンで何かを縫っています。

「あら、私をころせなくて残念だったわね。」

「私はただころしたいとは思っていない。結果的にそうなってもいいとは思っている」

「あなたの方こそ、私より壊れてる。子供のころからそうだったんでしょ?ずーっと。」

場面が変わり比奈子の幼少期時代と思われる場面が…。

比奈子の目の前には子供の頃とみられる比奈子の姿が。そして父親と思われる声が「出て行くなら勝手に出て行くがいい!でも、あの子は怪物だ!」と。

そして、幼少期の比奈子は「そのいつかは、まだ来ていないの?」と。

子どもの頃から少し変わった性格だった比奈子。でも父親が怪物呼ばわりしたことで、それが加速していったということなのかな。自分の子どもを怪物呼ばわりするって、かなり酷い親ですね。

何があったのだろうか?

病院のベッドで寝ていた比奈子が目を覚まします。そこには中島の姿がありました。床に落ちていたナイフは気付かれないように中島が預かっているのだという。

「初めて、人にナイフをふりました。子供の頃、機械を分解して遊んだんです。バラバラにするのが楽しくて。」

中島は子供の破壊行動は知的好奇心のもので珍しいものではないというが、生き物だと血が出て面倒だという。子供の親に「いつか、必ず、人をころすと」と言われたと。

もし、あの時に中島らが助けに来なかったら本当にやっていたかもしれないと。しかし、中島はその仮定は意味のないもので、はっきり言えるのは現時点では比奈子は何もしていないのだという。

そこに、死神女史の石神妙子(原田美枝子)がやってきます。仲良く話ていた二人を見て「へぇー、ふーん。」という顔をしています。

その頃、関東中央テレビでは「スイッチを押すもの」という者からDVDが届きます。

比奈子が持っていたナイフをさり気なく隠したのは比奈子のことが気になっているから?それとも、比奈子の行動に興味があるから、ここで終わってほしくなかったというおもいが働いたのかな?

スポンサードリンク

回復した比奈子は「スイッチ、オン。」とアパートを出て出勤します。書類業務が溜まっているからバリバリと働かないといけないと気合が入っています。

署内では比奈子と中島が交際しているということになっているようです。

「え、どうして私が中島先生と付き合っていることになってるんですか?」

石神が勘違いをして二人が付き合っていると言いふらしてしまっていたようです。比奈子はすぐに石神の元に駆けつけると「こういう殺伐とした仕事だから縁は大事にしないといけないよ。」と後押しされるんどえした。

その夜、比奈子と中島はメイドカフェの個室に。

比奈子は久しぶりの出勤だったから表情筋を酷使したのだという。中島は自分の前なら身構えなくてもいいと言って、現場で拾ったナイフを比奈子に返すのでした。

「先生が私に興味を持たれているのは心療内科医としてですよね。異性とか性的対象とかではなく….」

中島は直球の質問にむせてしまいます。

「医師としてというよりは、人としてですね。そういう意味では好意は抱いていると思います。迷惑ですか?」

「いや、意外でした。こういう人間なのに好意を抱いてくれているとは。」

中島はシンパシーかもしれないという。比奈子は自分自身が何者かを知りたくて刑事をしている、中島は人の心を触れたくて犯罪者と向き合う鑑別者をしているという。犯人も怪物ではなく僕らと同じ人間なのだという。

「私の父は私のことを怪物だと言いました。しかし、先生は私と人として向き合おうとしてくれています。」

「僕にとってあなたは人として興味深い。」

「だから私も先生に人として好意を抱くべきだと判断しました。」

会計時、掴み取りで飴をたくさん掴んだ比奈子。比奈子の手元から落ちた飴の包み紙を見た中島は少女の口に飴玉が詰め込まれた状況を思い出して気分が悪くなってしまいます…。

比奈子と中島の会話って難しいよね…。

こんな気の張る会話が楽しいという比奈子はやっぱり変態的な思考を持っていることは間違いないでしょう。まあ「好意を抱くべきだと判断した」と言ってくる時点で普通じゃないよね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!