地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子(ドラマ)あらすじやキャスト!石原さとみが日テレ連ドラ初主演!

地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子

ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」について

2016年秋からスタートする日本テレビの水10ドラマに「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」がスタート!主演に女優の石原さとみさんが起用されるということで、日本テレビの連続ドラマで初主演というのはかなり意外ですね。

今回のドラマは「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」という少し変わったドラマタイトルですが宮木あや子さんの小説「校閲ガール」が原作となった作品の実写ドラマ化となります。タイトルの通り、校閲という仕事が地味だけど凄いということを強調したかったのでしょうね。

校閲の仕事というのはあまり馴染みのないものですが、石原さとみさんがどんな感じで演技をしてくれるのか非常に楽しみです!

スポンサードリンク

第1話・2話の感想など書きました!
▶︎ 地味にスゴイ!校閲ガール 1話 いきなり河野悦子と森尾、折原は三角関係になりそう!
▶︎ 地味にスゴイ!校閲ガール 2話 是永是之の正体は折原幸人、悦子と急接近?
▶︎ 地味にスゴイ!校閲ガール 7話 折原幸人と本郷大作は親子だった!

地味にスゴイ!校閲という仕事を初めて知りましたが、文字通り地味な仕事ですね。でも本当にスゴイと思います。この仕事がないと出版が成り立たないんだなーって。河野悦子は必要以上に校閲する本の事実関係を確認してしまい、様々なトラブルが発生することになってしまいますが、信念というものが垣間見ることができ、地味だけど毎回スゴイなーと思わせてくれます。

河野悦子はフトしたことことから是永是行の名前で小説を書いている折原幸人(菅田将暉)と出会い、心惹かれてしまうのですが、ファッション雑誌の編集者である河野悦子の後輩・森尾登代子(本田翼)にモデルとして見出されることになるのですが、お金がないことから恋人でもないのに家に住まわせてもらうことになります。

本田翼さんの家に転がり込むことができる菅田将暉さんが羨ましい。いや、美男美男子だからね。そして、そのことを河野悦子が知ってしまい波乱が巻き起こるというラブストーリー的な部分も非常に楽しめる部分でもあります!

面白いです!

原作や脚本について

  • 日本テレビ:2016年10月5日(水)22:00〜
  • 原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA)
  • 脚本:中谷まゆみ(ディア・シスター、ラスト♡シンデレラ、WATER BOYS…など)
  • 演出:佐藤東弥(掟上今日子の備忘録、ST、家政婦のミタ…など)
  • 主題歌:栞菜智世「Heaven’s Door ~陽のあたる場所~」
  • オープニングテーマ:chay「12月の雨」

原作は宮木あや子さんの「校閲ガール」シリーズとなっています。原作は今のところ読んだことはありませんが、レビューを見る限りなかなか面白そうな作品かもしれませんね。

校閲の仕事のストーリーが大きな柱にあり、主人公の河野悦子の周りを取り巻く環境だったり、何でもズバズバと発言をしてしまったり、男に対して冷めている部分など面白要素が散りばめられているようです。

脚本はドラマ「ディア・シスター」や「ウォーターボーイズ」シリーズを手掛けた中谷まゆみさんが担当します。

「ディア・シスター」は2014年に石原さとみさんと松下奈緒さんのダブル主演で注目された作品で今回のドラマ「校閲ガール・河野悦子」で再び中谷まゆみさんと石原さとみさんがタッグを組むことになります。

演出はドラマ「掟上今日子の備忘録」や「家政婦のミタ」などを手掛けた佐藤東弥さん。雰囲気としては「掟上今日子の備忘録」に近いドラマになるのかもしれませんね!

校閲と校正の違い

校閲と校正って同じことなのかなーって思っていたのですが、調べてみると全然違うものなんですね。

よく聞く校正は原作者が書いた原本と印刷所で刷られるモノが同じ内容に仕上がるように確認をしていくというもので、内容について確認するものではありません。

一方、校閲については原作者が書いた内容に誤りがないか、矛盾がないか、文章の意味が間違っていないのか、などを事実確認をする作業となっており、非常に重要な仕事となっています。

場合によって原作者と対立するようなことも発生してしまうのかもしれません。もしかすると、そこもこのドラマの見どころになっているのかもしれません。

そう考えると大変な仕事ですよね。もし事実と違うことが世の中に出てしまっては信用問題にも関わってきますかなら。そして、校閲という仕事は確かに地味かもしれません。あくまで原作者の本を出すための裏方の仕事で世に名が出るわけでもありません。しかし、このような方々がいて、素晴らしい本が世に出てきていることを考えると頭が下がります。

登場人物とキャスト

河野悦子:石原さとみ

主人公の河野悦子(こうの えつこ)を演じるのは石原さとみさん。

石原さとみさんといえば、「リッチマン、プアウーマン」や「失恋ショコラティエ」などで主演を演じてきましたが、最近ではドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」でラブコメに挑戦し可愛らしい姿を見せてくれましたね。

日本テレビのドラマに出演をするのは2010年のドラマ「左目探偵EYE」以来ということになり主演も初めてということで注目されることになりそうです。今回のドラマでは常に前向きでポジティブな女の子を見せてくれることになりそうです!

主人公の河野悦子はファッション雑誌の編集者を目指して出版社に入社。しかし、配属されたのは校閲部と呼ばれる地味な部署でした。性格は非常にポジティブでド派手なファッションで仕事をするウーマンです。そんな中で折原幸人に一目惚れをすることに…。

折原幸人:菅田将暉

悦子が一目惚れする大学生・折原幸人は菅田将暉さんが演じます。

菅田将暉さんは最近ではドラマ「ラヴソング」や「民王」などに出演するなど注目作品に立て続けに出演をしていましが、今回も主人公の悦子が好きになってしまうという重要な役回りで出演することになります。ちなみに、石原さとみさんとは舞台「ロミオとジュリエット」で共演するなど懐かしい感じのようですね。

折原幸人は謎めいた大学生で実は是永是之という作家をしている人物。悦子の後輩の森尾がそんなことは知らずに容姿がいいことからモデルとして誘うなど物語に大きく関わってくるキャラクターです。

森尾登代子:本田翼

悦子の高校時代の後輩・森尾登代子は本田翼さんが演じます。

本田翼さんが「地味にスゴイ!」に参戦ですかー、これは楽しみですね。本田翼さんは2015年7月に放送された月9「恋仲」でヒロインを演じましたが、それから1年ぶりの連ドラ出演となるようですね。確かに、ドラクエのCM以外で久しぶりに見るような気がします。

森尾登代子は悦子の高校時代の後輩ですが悦子が憧れているファッション誌の編集者として活躍している女性です。悦子が一目惚れをする折原幸人を発掘した人物でもある。

貝塚八朗:青木崇高

悦子の犬猿の仲でもある・貝塚八朗は青木崇高さんが演じます。最近ではNHKのドラマ「トットてれび」で篠山紀信役を演じるなど個性的な感じですね。

貝塚八朗は文芸編集部の売れっ子編集者で悦子の所属している校閲部を見下す節があります。二人は犬猿の仲でドラマ内でも言い争うシーンなどが期待できるかも?

茸原渚音:岸谷五朗

校閲部の部長・茸原渚音は岸谷五朗さんが演じます。最近ではドラマ「残念な夫。」や「ぴんとこな」などに出演をしており、連ドラ出演は約1年ぶりといったところでしょうか。

茸原渚音は校閲部の部長で悦子の才能に期待している一人。

藤岩りおん:江口のりこ

校閲部員・藤岩りおんは江口のりこさんが演じます。ドラマや映画などに多数出演をしている女優さんで最近ではドラマ「コウノドリ」に出演をしていました。

藤岩りおんは校閲部の中でも厳しい人物。

米岡光男:和田正人

校閲部員・米岡光男は和田正人さんが演じます。

米岡光男は校閲部の中でも弱気で根暗な人物なんだそうですが、最近の和田正人さんってこういった役柄が多いように感じますね。ドラマ「家売るオンナ」でも篠田麻里子さんが演じるお天気お姉さんの旦那さん役で出演してましたが、弱々しい感じでしたし…(笑)

尾田大将:田口浩正

おでん屋の大将・尾田大将は田口浩正さんが演じます。最近ではドラマ「時をかける少女」や朝ドラ「とと姉ちゃん」などに出演をしていました。

尾田大将は悦子が住んでいる家の下にあるおでんやの大将。

本郷大作:鹿賀丈史

ミステリー作家・本郷大作を演じるのは鹿賀丈史さん。なかなか渋いキャスティングですねー、演じるのは日本を代表するミステリー作家で大御所を演じることになるようです。

悦子は初仕事を依頼することになるのですが、果たして?

相関図

「「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」」の相関図が公開されています。

なかなか個性的なキャスティングですが、やっぱり石原さとみさん、本田翼さん、菅田将暉さんの3人トライアングルはヤバイですね。ここの3人って三角関係になったりするのでしょうか。

スポンサードリンク

あらすじ

主人公の河野悦子(石原さとみ)はおしゃれが大好きで超ポジティブな性格の持ち主のスーパーガール。ファッション編集者になることを夢見て出版社に入社します。

しかし、河野悦子が配属されたのはファッション編集者とは程遠い、原稿の文章の間違いや矛盾がないかを精査する校閲部という超地味な部署でした。

そんな中でも超前向きな河野悦子は地味な校閲な仕事に真っ向勝負することになります。

担当した小説の些細な点が気になってしまい舞台となっている北海道にまで足を運び、週刊誌が追っていた事件の真相を確かめるため現場に潜入取材も敢行。そして、原作者に矛盾点を指摘し大幅に内容を変更させたり、地味な仕事でありながら「あれ?この仕事、地味にスゴイ?」という思いも。

しかし、ファッション編集者の夢は諦めず校閲の仕事を真摯に向き合うことに!校閲という地味な仕事でどんなドラマが待ち受けているのか?!

ドラマ「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」の見どころ

こんな場面があるかどうかはわかりませんが、個人的には校閲の仕事をしている河野悦子(石原さとみ)が原作者と対立してバトルを繰り広げられる姿を楽しみにしています。また、追加キャストも続々と発表され本田翼さんや菅田将暉さん、さらに和田正人さんも加わり、個人的にはかなり好きな方が揃った感じなのでかなり楽しみですね。

夢描いて就職した先で自分がやりたかった仕事じゃなかった…なんてことを感じる方は非常に多いと思います。

隣の芝は青く見えるとはまさにこのことだと思いますが、自分が今している仕事が思い描いている内容じゃないとしても、与えられた仕事を真摯に向き合って熟すことで見えてくる世界がある、そうエールを送っているかのような作品と言えるのではないでしょうか。

どんな状況下に置かれても、常にポジティブな主人公の河野悦子を演じる石原さとみさんに秋からは元気を貰うことになりそうですね。

第1話・2話の感想など書きました!
▶︎ 地味にスゴイ!校閲ガール 1話ネタバレと感想!いきなり河野悦子と森尾、折原は三角関係になりそう!
▶︎ 地味にスゴイ!校閲ガール 2話 是永是之の正体は折原幸人、悦子と急接近?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!