レンタル救世主のあらすじやキャスト!沢村一樹が電話一本で人生の危機を救ってくれる!

レンタル救世主

2016年10月から日本テレビの日曜22:30ドラマとして「レンタル救世主」が放送される事が明らかになりました!

主演は沢村一樹さんが演じ、その相棒としてジャニーズWESTの藤井流星さんが起用されるというかなり異色タッグになるようですね。タイトルの「レンタル救世主」から何となく内容は想像する事が出来るのですが、電話一本で救世主をレンタルすることができて、無理難題の案件を見事に解決に導く….そんな内容になっているようです!

同ドラマ枠で放送された「ゆとりですがなにか」ではレンタルおじさんが登場しましたが、レンタルの世界もついにヒーローも登場する世界になってしまいましたね…。救世主は雇う時代になった…ということなのでしょうか(笑)

→ 第1話が放送されたので記事にしました!

スポンサードリンク

ドラマ「レンタル救世主」について

  • 日本テレビ:2016年10月9日(日)22:30〜(初回30分拡大で22:00から)
  • 原作:オリジナル
  • 脚本:渡辺雄介(STシリーズ、映画「進撃の巨人」、映画「ドラゴンボールZ 神と神」….など)
  • 演出:菅原伸太郎(世界一難しい恋、ど根性ガエル…など)、狩山俊輔(エンジェル・ハート、金田一少年の事件簿N(neo) …など)、岡宅真由美(STシリーズ、幸せの時間…など)

ドラマ「レンタル救世主」は原作は存在せずドラマオリジナル作品となっています。日テレの日曜10時ドラマって比較的、原作がないオリジナルドラマが放送されることが多いように感じますね。それだけ、この時間帯のドラマを重要視しているということでしょうか。

脚本はドラマ「ST」シリーズや映画「進撃の巨人」などを手掛けた渡辺雄介さん。いろいろと酷評の映画「進撃の巨人」については町山智浩とさんとの共同ということですが、規模の大きい作品も手掛けているだけに壮大なヒーロー物語に期待ができそうです。

ちなみに同クールに放送されるテレ東の「石川五右衛門」の脚本も渡辺雄介さんが担当されています。

レンタル救世主とは?

期間限定で料金加算方式で「あなただけの救世主」をレンタルすることができるサービスで、サービス期間中だけの関係で後腐れなし、秘密厳守という徹底したサービス。ただし、期間を1秒でも過ぎると赤の他人になってしまうので、そのたびに支払いをする必要があるのだという。

さらに、契約中にクーリングオフを適用することができるというから利用者にとっても非常に使い易いサービスとなっっています(笑)もし、救世主が怪我などをしてしまった場合は依頼主が治療費、さらに別途2万円の支払いが必要になるとか。

救世主が死亡してしまった場合は葬儀代と200万円の支払いをしなければいないそうですが…安すぎませんか???!救世主の命って安いんですね。

そして、本当に視聴者の依頼を受けるというキャンペーンを実施しているから驚き。

応募締め切りは8月31日までとなっていますが、本当に困ったことがあれば応募すればレンタル救世主を無料で借りることができるらしいですよ。あくまで短期間で解決する案件が対象になっているみたいですが、これは新しい試みで面白いですね。「学園祭を盛り上げて欲しい」と言ったお決まりの案件など入ってきそうですね。

これって依頼者もテレビに出演するってことなのかな?どんな感じで撮影が進められるのか分からないですが、ジャニーズWESTの藤井流星さんに会いたいって方が多数応募してくるような、そんな予感すらします。

登場人物とキャスト

明辺悠五:沢村一樹

主人公の明辺悠五を演じるのは沢村一樹さん。

沢村一樹さんは最近ではドラマ「偽装の夫婦」でゲイ役を演じるなど、かなり幅広い役を演じている方ですが、まさかヒーロー物(?)の主人公に起用されるとは思ってもみなかったのではないでしょうか。どんな、熱いキャラクターを演じてくれるのか非常に楽しみですね。

明辺悠五は膨大な借金をかかけた中年男。愛する妻子のために「命を懸けて救世主をさせられる」ことに。

葵伝二郎:藤井流星(ジャニーズWEST)

相棒となる葵伝二郎を演じるのは藤井流星さん。

最近ではドラマ「サムライせんせい」や「ようこそ、わが家へ」などにも出演をし俳優としての幅を広げている若手で今後ますますドラマで見かけることが多くなるかもしれませんね。

葵伝二郎は明辺悠五と同じく「レンタル救世主」として活動。とにかく目立ちたがりの性格というか「スポットライト症候群」という病気(?)なんだそうです。スポットライト症候群はスポットライトを浴びることで脳内快楽物質が出て心地よさを感じてしまうそうですが…。とにかく、葵伝二郎は異常なほど前向きな性格の持ち主ってことでしょうか。

百地零子:志田未来

二人がレンタル救世主として初めての依頼者・百地零子を演じるのは志田未来さん。

志田未来さんはジブリ映画「借りぐらしのアリエッティ」で主人公のアリエッティを演じたことで知られていますね。女優としても数々の賞を受賞するなどの功績を残している若き女優さんで、数多くのドラマや映画に出演されています。

百地零子は元お嬢様で家で少女。

明辺悠五と葵伝二郎の二人が初めてレンタル救世主として事件を解決する依頼者ということで、今後も彼らに深く関わっていくヒロインということになりそうです。

紀伊ロイ:勝地涼

レンタル救世主のメカニック担当の紀伊ロイは勝地涼さん。

勝地涼さんは最近ではドラマ「奇跡の人」や「ど根性ガエル」、「ヤメゴク」などに出演をしていましたね。しばらくNHKに出演をしていたみたいですが、民放ドラマに約1年ぶりに出演をすることになります。

紀伊ロイはレンタル救世主のメカニック担当で彼の手に掛かれば直らないものはないという。

明辺紫乃:稲森いずみ

明辺の妻・明辺紫乃は稲森いずみさんが演じます。

稲森いずみさん、久しぶりに見たような印象を受けますが最近ではドラマ「戦う!書店ガール」でW主演を演じたりしていました。

明辺紫乃は元スタイリストで思い込みが激しい性格。明辺の妻ということで、どのように絡んでいくことになるのか非常に楽しみなところ。

奏野いろは:中村アン

レンタル救世主黒字の秘書・奏野いろはは中村アンさんが演じます。

中村アンさんも最近よくドラマで見ることが多くなりましたが、最近ではドラマ「営業部長 吉良奈津子」や「世界一難しい恋」に出演をしていましたね。

黒宇寛太:大杉漣

レンタル救世主の社長・黒宇寛太は大杉漣さんが演じます。

大杉漣さんは1980年代から第一線で活躍し続ける俳優さんの一人で、最近ではドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」や「お迎えデス。」などにも出演をし、幅広いジャンルで活躍しています。

黒宇寛太はレンタル救世主の社長で悪態があるも人柄いいことがあり憎めない存在。

葉石りさ子:福原遥

レンタル救世主の会員・葉石りさ子は福原遥さんが演じます。

福原遥さんは子役としてデビューしEテレの子供向け番組に4年間もメインキャラクターをしていた方でもあり知っている方も多いのかも?最近ではドラマ「MARS〜ただ、君を愛してる〜」などに出演をしてます。

葉石りさ子はレンタル救世主の会員の一人なのですが、会員制であることがここで明らかになりました(笑)

柿本信也:梶原善

明辺の元同僚・柿本信也は梶原善さんが演じます。

梶原善さん個性俳優でドラマや映画で少し癖のあるキャラクターを演じることが多い俳優さんですね。最近ではドラマ「家売るオンナ」や朝ドラ「あさが来た」などにも出演をしていました。

柿本信也は明辺のことを騙して逃走している人物で、物語に大きく影響を与えそうな人物。

薫:稲葉友

謎の女装男子・薫を演じるのは稲葉友さん。

稲葉友さんはジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞して芸能界入りをした超イケメンボーイ。そんな彼が薫役で女装男子を演じるというから見物ですね。

薫は謎だらけの人物ですが、女装はかなり完璧。

完成度高すぎる!
一体どんな人物なのか楽しみです。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ)

あらすじはまだ概要しか発表されていませんが、紹介しますね!

人生最大の危機が訪れた時に家族や友達に救済を求めることができますか?
辛い自分の姿を隠したいと思いませんか?

なんとか人生の危機を乗り越えたい。

そんな時は電話一本でどんな無理難題も解決してくれる、それが「レンタル救世主」なのです。新しいレンタル会社がレンタル産業がムーブメントを起こすことに。

しかし、頼みの綱である救世主となる男たちは救世主と呼ばれるヤツらではありません。借金を抱えたお人好しの明辺悠五、目立ちたがり屋の葵伝二郎、そして家でした元お嬢様の百地零子…。自身の欠落を抱えながらお金のために救世主に。彼らはやがて街の本当の救世主になることができるのか?

「レンタル救世主」の見どころ

レンタル救世主って便利屋が一歩踏み込んだような業種と言ってもいいかもしれませんね。

というか、人生の危機って他人が解決することができるのか?

とも思ってしまいます。他人に依存しながら人生の危機を解決していくのはその人のためにはならないと思いますが、レンタル救世主が助言をすることで、自らの手で危機を解決するという物語が描かれるとするなら、素晴らしいように感じます。

また、視聴者を巻き込んだ企画も面白いですね。

本当に依頼を受けてしまいそれをドラマにしてしまおうという試みは面白い。つまり、現時点でもどのような物語になるかは分からない回があるということ。撮影の時間的余裕があまりなさそうな気もしますが、今までのドラマは一方通行のものが多いなかで視聴者を巻き込んでいくのはなかなか良いですね。

どんな依頼が舞い込んでくるのか、楽しみです。

「レンタル救世主」の感想

「レンタル救世主」を見たので感想を書きたいと思います。

第1話は一部、生放送されるということで期待して見てたんですけど本当に一部だけでしたね。ドラマの一部が生放送されるのかなーって思って見てたのでちょっと期待はずれ。ドラマが始まる前に1分くらい主演の沢村一樹さん、藤井流星さん、志田未来さんの3人が登場して視聴者から本当に悩みを募集して番組の終わりに3人が相談に乗りますよ…というもの。

これって藤井流星さんと話せると思って電話した人結構いそうですよね。確かに、こうすることでドラマを最後まで見てしまうかもしれませんね。なかなか上手な作戦なのかも…(笑)

さて、肝心のドラマの内容ですが意外と感動系のストーリーなのかな?1話は志田未来さんが演じる百地の心の闇を沢村一樹さんが演じる明辺悠五が見抜いて、頼んでもいないのに助けるというものでした。でも、この行動に百地は心のそこから号泣し、今までの苦しんでいたことを言葉に、ラップにして吐き出したことで一皮向け、一見落着。さらに百地自身もレンタル救世主として仕事をしたいと。

1話はレンタル救世主のメンツがどんな人物なのかということを焦点に当てた内容になっていたのかなと思います。あと、志田未来さんの演技が上手かったですねー、あのラップとかスゲーって思ってしまいましたよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!