家政夫のミタゾノのあらすじやキャスト!男版家政婦のミタで原作や脚本は?

家政夫のミタゾノ

テレビ朝日の深夜ドラマは攻めてきますね〜、これは面白そうなドラマだ。2016年10月から放送が開始されるテレビ朝日の金曜ドラマ(23:15〜)は「家政婦のミタゾノ」がスタートします。

なんと男版の「家政婦は見た」ということになるのですが、主演にTOKIOの松岡昌宏さんが起用されるということで…こりゃ、とてつもなく面白そう!今の時代は男が家政夫をすることもあるでしょうが、身長180cm超えの松岡昌宏さんが家政夫って凄い。

そして鉄腕ダッシュの経験から凄い家事をしそうですよね。是非とも、そのあたりも考慮したドラマにしてほしいな。

スポンサードリンク

家政婦のミタゾノについて

  • テレビ朝日:2016年10月21日(金)23:15〜
  • 原作:ドラマオリジナル
  • 脚本:八津弘幸(半沢直樹、下町ロケット、刑事7人、ルーズヴェルト・ゲーム…など)
  • 演出:七髙剛(スペシャリスト、アイムホーム、遺留捜査…など)
  • 主題歌:TOKIO「愛!wanna be with you…」

ドラマ「家政夫のミタゾノ」はもちろんオリジナル作品となっており、最近では日本テレビの「家政婦のミタ」がヒットをしましたが、市原悦子さんが演じた元祖「家政婦は見た!」はテレビ朝日で1983年から2008年に放送されていた長寿ドラマ。さらに米倉涼子さんが演じていた「協栄家政婦協会の沢口信子」を2014年に放送しています。

そんな、家政婦シリーズのお家芸とも言えるテレビ朝日がついに禁断の男性版家政夫である「家政婦のミタゾノ」を製作しちゃいます。

脚本は「半沢直樹」や「下町ロケット」を手がけた八津弘幸さん、演出に「スペシャリスト」や「アイムホーム」を手掛けた七髙剛さんが担当するなど、相当気合いの入ったドラマになっているようですよ。本当にテレ朝の深夜ドラマって気合い入ってますよね。

どんな作品になるのか、想像もできません。

家政夫のミタゾノの登場人物とキャスト

三田園 薫:松岡昌宏

主人公の三田園薫(みたぞの かおる)を演じるのは松岡昌宏さん。

松岡昌宏さんは数多くのドラマに出演をしていますが、主演は2012年のドラマ「13歳のハローワーク」以来、4年ぶりになるようです。

4年ぶりの主演ドラマに家政夫って…インパクト最強ですね。しかも、ビューラーやブラジャーをして女装をして家政夫をするというからマジでヤバイのではないでしょうか。これで目覚めてしまったら怖いですね…。

松岡昌宏さんが女装までして家政婦をする理由があるのか、この辺りのストーリーも描かれることになるのか注目です。

三田園薫は家政婦紹介所に所属する派遣家政夫で、掃除・洗濯・料理に関してはプロ級のスキルを持っている男。高いスキルを持っていることから依頼主からの信頼を得るのも早く、まさに家政夫の鏡といったところ。

その一方で、何を考えているのか分からないという不気味な一面も見せ、派遣先の家庭が抱える秘密に気付くと、それを暴いて依頼主の化けの皮を剥いでいき、家庭を崩壊されるというヤバイ人物でもあります。

結頼子:余貴美子

家政婦紹介所の所長・結頼子は余貴美子さんが演じます。

余貴美子さんは台湾人の父と、日本人の母親のハーフなんですね。女優として数多くのドラマや映画に出演をしており、最近では映画「シン・ゴジラ」やドラマ「ファーストクラス」、「はじめまして、愛しています。」などに出演していました。

花田えみり:清水富美加

派遣家政婦・花田えみりは清水富美加さんが演じます。

清水富美加さんは、朝ドラ「まれ」で一子役を演じたことで注目され、数多くのドラマやCMに出演、最近では「にじいろジーン」でサブMCとしても活躍をしていますね。

花田えみりは三田園薫とよくペアで組み派遣される家政婦で、三田園薫の神出鬼没さや不気味さ、家事スキルの高さを一番よく知っている人物。しかし、彼がどうして女装をしている
かまでは知らず、気になっている。

藤川蘭:柴本幸

派遣家政婦・藤川蘭は柴本幸さんが演じます。

柴本幸さんは父親が俳優の柴俊夫さん、母親が女優の真野響子さんという二世女優さん。大河ドラマ「風林火山」でヒロイン役を演じて以来、数々のドラマに出演をし、最近では「偽装の夫婦」や「ST 赤と白の捜査ファイル」などの出演をしていました。

藤川蘭は派遣家政婦の一人で不幸な人生を歩み、家政婦紹介所の所長である結頼子と出会い家政婦に。他人の不幸話はゴシップネタが大好き。

有沢春希:堀田茜

派遣家政婦・有沢春希は堀田茜さんが演じます。

堀田茜さんはCanCam専属モデルで最近では「世界の果てまでイッテQ」などでバラエティ番組にも不定期で登場し、女優としても「遺産争族」や「ノンママ白書」で起用されるなど幅広く活躍をしていますね。

有沢春希は若くしてお金に苦労、結頼子に拾われることに。ウワサ話や悪口が大好き。

阿部真理亜:平田敦子

派遣家政婦・阿部真理亜を演じるのは平田敦子さん。

平田敦子さんは劇団出身の女優さんで、最近ではドラマ「HOPE〜期待ゼロの新入社員〜」や「マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜」などに出演をしていました。

ここに来て超個性的な家政婦さんが登場してきましたが、阿部真理亜は長年の家政婦経験により多大な情報量と人脈を持っている人物。

家政夫のミタゾノのあらすじ

主人公は家政婦紹介所に所属する家政夫・三田園薫(松岡昌宏)は掃除洗濯、料理、子どもの面倒など男性でありながら家事全般の能力は一流。そんなこともあり、依頼者から信頼されるのも速く、まさに家政婦の鏡と言えます。

三田園薫が派遣される家は世間的には勝ち組と呼ばれるお金持ちでプライドが高く、傲慢、身分の低い人間をひどく見下すという人間ばかり。

そんな家に派遣される三田園薫は家庭の隠された秘密を知ることになり、その秘密を少しずつ誰にもバレないように明かしていき、化けの皮を剥がし人間関係を崩壊させるのでした。

しかし、ただ家庭を崩壊させているのではなく、その先には家族の再スタートが待っているのです。一見すると関わりたくない人物に見えますが、三田園薫が関わってくることで家庭がいい方向に動く出すことも?

ただの家政婦ではないダークヒーローがここに現る!

スポンサードリンク

家政婦のミタゾノの見どころ

松岡昌宏さんが家政婦を演じるというだけでも大きな見どころと言えますよね。今まで、鉄腕DASHで身につけてきた知識を存分に発揮することになるのか非常に楽しみです。

物語は脚本に「半沢直樹」や「下町ロケット」を手掛けた八津弘幸さんが担当することもあり、痛快なストーリーになり面白くなりそうな予感がしますが、それ以外にも家事で役に立つhow-toも数多く実践されることになるそうで、様々な視点からドラマを楽しむことができるかもしれませんね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!