ラストコップ エピソード0 第1話ネタバレ!30年ぶりに目覚めた京極浩介の身体能力に驚愕!

THE LAST COP/ラストコップ

2016年10月からの新ドラマとして唐沢寿明さんと窪田正孝さんが主演の「THE LAST COP(ラストコップ)」がスタートしますね。

このドラマは元々はHuluと日本テレビの共同制作ドラマで地上波では放送されていないドラマ(第1話だけ金曜ローSHOW枠で放送)だったのですが、連ドラ化をするにあたり9月3日(土)、9月10日(土)9月17日(土)に3週連続ラストコップ祭りとして「THE LAST COP(ラストコップ)エプソード0」がHuluで放送されていた内容を再編集、さらに新規映像を追加して放送されることになります!

スポンサードリンク

Hulu版のラストコップはエピソード1〜5まであり、連ドラ版はエピソード5の1年後となる物語が描かれることになり「エピソード6」ということになりますが、実際に連ドラ版で「エピソード6」というサブタイトルが付けられるかどうかが気になるところですね。

ラストコップ エピソード0の第1話はHuluのエピソード1と2が描かれることになります。そして、1話で新キャストが発表されることになるようです。

さらに筧美和子さんも登場する事になるようです。どう、絡んでいくのかな?(追記→潜入捜査官として筧美和子として登場し、今回だけの出演のようですね。)

追記→新キャラクターとして三島菜々子に桜井日奈子さん、小山内美咲に武田玲奈さん、鑑識の山瀬栞に伊藤沙莉さんが起用されることが明らかになりました。

ラストコップ エピソード0 第1話ストーリー(ネタバレ)

前半の物語はエピソード0では大幅にカットされ、佐々木希さんが演じている結衣さんがストーカーされる事件を中心に描かれていました。京極と亮太の二人が事件の現場で1年前の出来事を思い出して振り返っているようなスタンスで物語が進んでいきました。

以下の物語はHulu版のオリジナルストーリーです。

1985年、主人公である刑事の京極浩介(唐沢寿明)がある犯罪組織を追っていましたが爆発に巻き込まれてしまう向かいの民家(ムーンライト清美といマギーさんが演じてる人物の家)に爆風でぶっ飛んでしまいます。

一命は取りとめることができましたが意識が戻ることなく昏睡状態になってしまうことに。

京極は目を覚ますことなく30年もの月日が流れることになります。京極が昏睡状態に陥ったのは22歳の時で眠ったまま52歳という年齢になっています。

そんなある日、テレビから昔のアイドル(斉藤由貴の「卒業」が)の懐かしい曲が流れてきて眠りの中、それを聞いている京極はそれに反応し京極は目を覚ますことになるのでした。実は、この音楽は民家で意識を失う前に聞いていた曲だったのです。

京極は髭ぼうぼうのパジャマ姿で病院を抜け出して記憶の中にある家に帰ることに。

しかし、30年間眠っていたことにより体が言うことを聞かず、坂道でへばってしまい、妻と娘の名前を呼ぶ京極。そこに電気自転車に乗っている女性が心配をして話しかけてきて、スイスイと坂を登っていく姿を見て驚いてしまいます。

我が家だと思っている家にたどり着くと、表札を見て京極ではなく鈴木になっていることに違和感を感じます。

家の中から妻の加奈子(和久井映見)が現れますが、急に老けたことに驚いてしまう京極。そして、30年間眠っていたという事実を知りショックを受けることに、さらに妻だった加奈子は再婚をしてしまったことに激怒してしまうのでした。

30年も眠っていていきなり立ち上がり歩いて家まで帰ることができること自体が驚きですよね。

このドラマは本当にビックリすることの連続ですが、演じているのが唐沢寿明さんということでそれだけで納得してしまうのは、さすが彼の演技力なのではないでしょうか。

刑事の望月亮太(窪田正孝)と柏木サオリ(黒川智花)は市民から原始人が暴れているという通報を受けて現場に駆けつけます。すると、髭ぼうぼうのパジャマ姿の京極が…。

「本当に原始人だ..!」

暴れる京極に蹴りを一発お見舞いして京極は取り押さえられることになります。

加奈子の再婚相手は鈴木誠(宮川一朗太)はかつての京極の後輩でもあり、取り押さえられたことを聞いて驚いてしまいます。鈴木は京極に再会をすると、鈴木と再婚をしたことを知らない京極は激怒しています。本当は加奈子と結婚をしたのは自分なのにそのことを言えなくなってしまう鈴木。

そこに、かつて京極と同僚だった鯨井雅高(田山涼成)とも再会。

京極は長期休職扱いになっていたことからいつでも復帰することができるのだという。それを聞いた京極はすぐにでも復帰をすると回答し、まさかの目覚めた次の日にも刑事の職に鈴木部下として復帰することになります。

知らない間に後輩と再婚をするって、普通なら波乱ですよ。まあ、30年も眠られていたら仕方ないことかもしれませんが、ちょっと京極が可哀想でなりませんね。

京極は亮太とタッグを組むことを命じられますが、亮太は何をしでかすか分からない京極と組むのは嫌な様子です。

二人はあるイベントの警備をすることになります。ベストにふなっしーが登場して会場は大盛り上がり。ふなっしーの声に反応してショベルカーを操作することができるというシステムのお披露目会のようです。すると、会社のサーバーがハッキングされてしまいショベルかーが暴走してしまうことに…。

そしてふなっしーがショベルカーに突き飛ばされて空に消えてしまいます。

と、そこに手榴弾を持った男が暴れ出し会場が騒然となります。京極と亮太は男に応戦しますが、車に乗り込まれてしまいます。銃を撃ってくることはないと思っている犯人ですが昔の考えの持ち主の京極は躊躇せずに車に発砲。

驚いた犯人ですが、そのまま逃亡されてしまうことになります。

スポンサードリンク

京極は住むところがないことから亮太の家に転がり込んで生活をすることに。ボサボサだった髪の毛や髭は整えられて綺麗に。毎朝の日課は生卵を大量に飲んで腹筋をすること。

この異次元の日課に早くも絶叫する亮太なのでした。

その頃、警察は逃亡したのは安藤と五十嵐という男で犯罪組織「SHISA(シーサー)」であることを突き止めます。京極はこの二人に関しての聞き込みに、亮太はSNSを使って情報を集まるのを待っています。

京極はスマートフォンというものを知り、SNSというものがどんなものかを知ります。そして、娘の結衣(佐々木希)のアカウントから勤め先を知ることに成功。京極は娘の顔を見に行こうとデパートに。

ちなみに、結衣は本当の父親の存在を明かされておらず鈴木は父親だと思って生きてきました。

デパートで結衣が子供のころにしていたネクタイと同じ柄を見つけた京極はそれを見つめます。すると鈴木のネームプレートを付けた女性が声を掛けてきます。この女性こそが京極の娘の結衣だったのです。

大きく美しく成長した娘を見て言葉を失ってしまうのでしたが、見かねた亮太は鈴木の下で刑事をしていることを伝えてその場を立ち去ります。

このシーンはこのドラマの中でも本当にいいシーンですね。30年ぶりに本当の親子が接した名シーンです。ここで、本当のことを言わない京極は大人だ。

犯罪組織のシーサーから「インドラのいかずちが落ちる」というビデオメッセージを受け取る警察。京極は犯人のタトゥーが30年前の事件で追っていたカグラと同じであることに気付きます。

亮太と二人でカグラに関する捜査資料を探しますが、カグラに関する資料だけがゴッソリと消えていることの違和感を感じます。そこに、京極のかつての相棒だった遠藤勇二(佐野史郎)が現れて「あの爆発でカグラは死んだ」と過去の事件のことは忘れというのでした。

犯行予告の当日、どこで事件を起こすか手がかりも掴むことができない警察ですが、京極は足で情報を掴み犯人らが狙うのは空港だという情報を得たのでした。

空港ではシーサーから飛行機を墜落させるという場内アナウンスが入ります。加奈子はその飛行機に結衣が乗っていることを明らかに。

「結衣は必ず助ける。」

京極は強く加奈子に言います。

スポンサードリンク

京極は刑事の勘を頼りに犯人の安藤と五十嵐をビルの屋上にいることを突き止めます。

そして安藤が6歳の頃まで暮らしていた施設のおばあちゃんの話をして絵を取り出して交渉をすることに。明らかに動揺している安藤でしたが、この絵は別の安藤が書いたものだったのでした。

これをきっかけに安藤は自分のことなど誰も覚えていないと自虐し飛行機を落とすことにさらに気持ちが高まっていきます。

京極は安藤らがいるビルにものすごい脚力で飛び越え、五十嵐を退治します。安藤と交渉をするものの京極は銃で撃たれてしまうことに…。しかし、京極は生きていて安藤に飛び蹴りをして撃退します。京極は亮太から預かっていたスマートフォンに助けらたのでした。

亮太は安藤のタブレットで飛行機の墜落を止めようとしますが、パスワードが掛かっていてできません。京極は安藤の思い出の地で見た飛行機のおもちゃに書かれた型式を思い出し「NV-7578」と入力するように亮太に指示。すると、パスワード解除に成功し飛行機の墜落を阻止することに成功したのでした。

飛行機が落ちるかもしれないというシーンは妙にリアルで怖かったなー。

それにしても、ビルを飛び越えたり30年前の男はこんなにも強かったのか、それとも京極だけが異常だってことなのか、京極と亮太の凸凹コンビが一つの大きな事件を解決です!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!