iPhone7のデザインと機能や性能をiPhone6/6sと比較してみた!

iPhone7/6s/6のデザインや機能を比較!

iPhone7とiPhone7 Plusの予約がいよいよスタートしますが、買うかどうか迷っちゃいますよね。

特にiPhone6s/6s Plusを持っている人は2年更新を待つ前に機種変更をするほどのメリットがあるのか?そう疑問に感じるかと思います。そこで、iPhone7とiPhone6s、さらに2世代前のiPhone6と性能や機能を比較して、どう違うのかをしっかり把握してから購入しましょう!

スポンサードリンク

デザインの違い

本体デザインはiPhone7とiPhone6s/6は同じですが、背面部分のアンテナラインのデザインが変更されており、iPhone7の方がすっきりとしたデザインになっています。

iPhone7とiPhone6s

カメラレンズのデザインが変更されています。

iPhone7とiPhone6sのカメラレンズのデザイン

iPhone7の方がさらに出っ張りが高くなったように見えますが、カメラレンズの周囲のリングは撤廃されて本体のアルミ筐体を曲げることでレンズを保護するデザインに変更されていますね。賛否ありそうなデザインですが、個人的にはiPhone7の方が好きなか。

あと、iPhone7 Plusはデュアルカメラシステムを搭載していることから2つのレンズが搭載されており、横長のレンズになっています。また、iPhone7は3.5mmのヘッドフォンジャックが廃止されたことから、下部分のデザインが変更されています。

サイズはiPhone6sと同じです。

重量138g143g129g

iPhone7 iPhone6s iPhone6
サイズ 138.3mm
67.1mm
7.1mm
138.3mm
67.0mm
6.9mm

ディスプレイの違い

iPhone7のディスプレイはより綺麗な色を表現することができる デジタルシネマの規格「DCI-P3」に対応したRetina HDディスプレイを搭載しています。これはiMac 5K/4KディスプレイやiPad Pro 9.7に搭載しているディスプレイでもあります。

これがiPhone7にも搭載されることになります。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
サイズ 4.7インチ
解像度 1,334 x 750ピクセル
326ppi
コントラスト比 1,400:1
最大輝度 625cd/m2(標準) 500cd/m2
規格 広色域ディスプレイ(P3) フルsRGB
3D Touch ×
iPhone7
Plus
iPhone6s
Plus
iPhone6
Plus
サイズ 5.5インチ
解像度 1,920 x 1,080ピクセル
401ppi
コントラスト比 1,300:1
最大輝度 625cd/m2(標準) 500cd/m2(標準)
規格 広色域ディスプレイ(P3) フルsRGB
3D Touch ×

正直なところ広色域ディスプレイ(P3)とフルsRGBのディスプレイの差はほとんど分からないと思います。フルsRGBのiPad Air 2と広色域ディスプレイ(P3)のiPad Proの違いがあんまり分からないんですよね…。

カメラの違い

カメラの性能は日々向上しているので1年の差は結構大きいように感じます。iPhone7 Plusはデュアルカメラレンズ(広角と望遠の二つのレンズ)が搭載されています。

背面のiSightカメラの性能は以下のとおりです。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
画素数 new1200万画素
1.22μmピクセルサイズ
1200万画素
1.22μmピクセルサイズ
800万画素
1.5μmピクセルサイズ
レンズ f/1.8 f/2.2
光学式手ぶれ補正 4.7インチ:○
5.5インチ:○
4.7インチ:×
5.5インチ:○
LEDフラッシュ 4つ 2つ
4K動画 ×
その他 強化されたローカルトーンマッピング
強化されたノイズリダクション
ローカルトーンマッピング
ノイズリダクション

前面のFaceTimeカメラの性能は以下のとおりです。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
画素数 700万画素 500万画素 120万画素
レンズ f/2.2
Retina Flash ×

iPhone6sの時も120万画素から500万画素に大幅に性能が向上しましたが、iPhone7でも700万画素のイメージセンサーにグレードアップを果たしています。自撮りをしている方にとってはいいかもしれませんが、これ以上画素数が上がると顔のシミなどがハッキリしすぎてどうなんだろうかとも思いますが。

CPUプロセッサの性能

CPUプロセッサの性能は世代を重ねるごとに性能が大幅に向上しており、モバイルプロセッサの進化は凄いですね。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
チップ A10 Fusion A9 A8
CPUコア数 クアッドコア
高性能コア2×高効率コア2
デュアルコア
プロセスルール 16nm FinFET(?) 16nm or 14nm FinFET 22nm

すでにベンチマークスコアが公開されているので、それを参考にして比較してみました。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
シングルコア 3233 2387 1471
マルチコア 5363 4141 2502

iPhone6sのA9プロセッサもかなり速いなーって思っていましたが、iPhone7のA10 Fusionプロセッサはさらに高速化され、A8プロセッサと比較してCPUが2倍、GPUが3倍にまで高速化していることがAppleより発表されています。

RAMの容量

RAMの容量はiPhone6は1GBでしたがiPhone6sで2GBに倍増しましたがiPhone7は2GBが維持されることが予想されています。しかし、デュアルカメラシステムを搭載しているiPhone7 Plusは3GBのRAMが搭載されているのではないかという情報もあります。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
容量 iPhone7:2GB(?)
iPhone7 Plus:3GB(?)
2GB 1GB
規格 LPDDR4 LPDDR4 LPDDR3

ホームボタン

iPhone7のホームボタンは今まで通り搭載されていますが、物理的にクリックできないタッチセンサー式に変更されています。しかし、Taptic Engineを使用した触覚フィードバックシステムでクリックした感覚を得ることができる不思議なホームボタンになっています。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
ホームボタン タッチセンサー式 物理ボタン式
Touch ID 新しいホームボタンに内蔵された第2世代の指紋認証センサー ホームボタンに内蔵された第2世代の指紋認証センサー ホームボタンに内蔵された指紋認証センサー

これは3D Touch機能を応用した技術ということですね。

海外レビューを見ると違和感がありまくるらしいです。それでも、物理ボタンを廃止した背景には以下で珠海する防水機能を実現するためのものだったのかもしれません。

防水防塵に対応

iPhone7にはiPhoneシリーズで初めて防水防塵機能を実現することになります。

iPhone7 防水

防水防塵の規格は「IP67」と呼ばれるもので、「粉塵が内部に侵入せず定められた条件で水中に没しても内部に水が入らないもの」の条件をクリアしたものとなっています。水浸の条件は不明ですが、一般的には水深1mの中で30分間、水が侵入しないことが条件となっているようですね。

かなり高い防水性能を持っていることになりますが、Appleはあくまで「耐水」としており「防水」とは言っていません。また、公式ページの下の方に小さな文字で「水濡れによる損傷は保証の対象になりません。」と書いてあるので、あくまで「水の中に少しだけ入ってしまっても壊れる可能性が低いですよ」というスタンスなのかなと思います。

まあ、プールの中でiPhone使う人はいないと思うので雨の中でも神経を尖らす必要がなくなったのは大きな進化といえるかもしれませんね。間違ってもお風呂に入りながらiPhoneを使うことだけはやめましょう。

防水と聞いて一番やりそうなことですからね。

Wi-FiとLTE通信の速度

Wi-FiとLTEの通信速度も世代を重ねるごとにスピードが速くなっていますね。iPhone7では最大450Mbpsのデータ通信が可能となるカテゴリー10に対応しています。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
Wi-Fi MIMO対応
802.11a/b/g/n/ac
802.11a/b/g/n/
LTE 450Mbps 300Mbps 150Mbps

まだまだ、対応エリアは少ないと思いますが今後基地局の整備が進んだときには爆速iPhoneが誕生することは間違いないことでしょう。

電池の持ち

iPhone7は電池の容量が増えているのではないかという噂が出ていましたが、A10 Futionプロセッサは高効率のコアを2つ搭載していることからシステム側で上手に電力管理が行われているのでしょう。iPhone7で最大で2時間、iPhone7 Plusで最大1時間も駆動時間が長くなっています。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
インターネット利用時間 3Gで最大12時間
4G LTEで最大12時間
Wi-Fiで最大14時間
3Gで最大10時間
4G LTEで最大10時間
Wi-Fiで最大11時間
連続通話時間3G 最大14時間
連続待受時間 最大10日間

これは単純に嬉しい進化ですね。

iPhone6sはバッテリー容量が減ったことから実際のバッテリー駆動時間が短くなったような印象が強かったのですが、物理的にバッテリー容量が増えたのだとすれば電池の持ちが向上するのには期待できるかもしれません。

FeliCa対応しおサイフケータイに

FeliCaは日本で広く普及している電子決済カードですが、日本向け仕様としてFeliCaに対応します。FeliCaに対応することでSuicaやQUIK Pay、iDに対応することが発表されています。

iPhone7 FeliCa

今までのモデルはApple Payとして非接触決済システム(NFC)に対応しており、海外では電子マネーの決済をiPhoneですることが可能でした。しかし、日本は交通機関にFeliCa規格のSuicaを採用していることからApple独自の決済システムを普及させることは難しいと判断したのかもしれません。

iPhone7 iPhone6s iPhone6
NFC Apple Pay(FeliCa対応) Apple Pay

iPhoneがFeliCaに対応したことで、Androidをおサイフケータイのために使っていたという方もiPhoneという選択肢が生まれることになるかもしれません。

とりあえず、SuicaやQUIK Pay、iDの3つのサービスに対応することになりますが、今後はEdyやWAONなどにも対応してくれると使い方の幅が広がるので嬉しいですね。

まとめ

個人的にはiPhone7 Plusに搭載されるデュアルカメラシステムが非常に気になっています。二つのレンズを使用することで光学ズーム2倍まで対応することができるそうで、撮影の場面が一気に増えることになることに期待したいのと、ぼかしを調整することができる機能なども面白そうですよね。

機能の進化も凄いと思うんですけど、何よりも新色の「ジェットブラック」がとてもカッコイイことに惹かれています。機能はどうでもいいから、「ジェットブラック」がカッコイイから僕はiPhone7を買いたいと思っています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!