ドラゴンボール超 ザマスは不死身を願いブラックは悟空のコピー?58話ネタバレ!

ドラゴンボール超の第58話、少しずつではありますがザマスが何をしてゴクウブラックを生み出したのかが明らかになってきましたね。

最大の謎はザマスがなぜ不死身の身体を手に入れることができたのか、またゴクウブラックは一体何者なのかというところでしょう。その謎が第58話にて明らかになりつつあります。

まあ、前回の第57話にてザマスがズノー様のところに行って超スーパードラゴンボールの存在を聞いていた時点で、超ドラゴンボールを使って不死身の身体を手に入れたということは間違いないことなのかもしれませんね。

スポンサードリンク

第58話のストーリー(ネタバレ)

ザマスはズノーの元に行って超ドラゴンボールのことについて聞き、第6宇宙と第7宇宙にまたがって散らばっていることを知り、使い方についても脅し聞きます。ザマスは今は使ったばかりだから光を失い1年の時を待たねばならいという。

さらに、超ドラゴンボールの在り処と孫悟空のことについても聞き出すのでした。

その頃、未来から戻った悟空、ベジータ、トランクスは仙豆を食べて復活します。ブルマは「戦いに行く前に仙豆を忘れるってどういうことよ!!」と怒り心頭。悟空は未来に行く前にトイレに仙豆を忘れていたのでした。

本題はゴクウブラックとザマスのことになり、ザマスが未来の世界に現れてめちゃくちゃ悪いやつになっていたと。さらに不死身の力を手にしていたことをみんなに説明するのでした。悟空は「よし、やり返しい行くか!」と再び未来の世界に行くと言いますが不死身の力を持っているザマスにどう抵抗するのかという疑問は。

「オラ達も不死身の力を手に入れる!」
「そんなことができるのか?」
「できる!仙豆をわんこそばのように食べる!!」

一同は言葉を失います。

「そもそも、そんなに仙豆はない!!」

ここで地球のドラゴンボールを使って「不死身にしてほしい」というお願いはしないんですね。まあ悟空とベジータのプライドだったら不死身の力を手にしたいとは考えないかもしれませんね。

これには納得です。

ブルマの家の界王神とビルス、ウィスの3人がやってきます。

界王神が悟空らに話があるという3人で来たのです。ビルスとウィスはいつも通りスイーツのパフェを食べ、界王神から話を聞きます。

「実はズノーという賢者から私に連絡があったのです。」

ブルマは「あら、ズノーさんは元気?」と。

「はい。ズノーが言うには超ドラゴンボールと悟空さんのことを聞きにはるばるやってきたんだそうです。」

ビルスは「それが、ザマスなんだってよ。」と言います。

「ザマスが?!」

悟空らは未来ザマスが敵になっていたこと、ゴクウブラックがスーパーサイヤ人ロゼに変身できることなどを説明します。

「なんかうまそうな名前だね。」

ブルマは「だから知恵を貸して欲しいの、神様を倒す方法を!」とビルスとウィスに言います。ウィスは「あら、ずいぶんと恐ろしいことを言いますね。」と。ビルスはブラックの気がザマスに似ていたことを気にしています。

ウィスは「興味深い情報が揃いましたね。」と今までの話をまとめ始めます。

「天才と賞賛された界王でありながら悟空さんに敗れたザマスがズノーさんが聞くほど悟空さんにこだわる。これはザマスは力を求めているからでしょう。つまりザマスは自分の正義を押し通る力が欲しかった。絶対的な協力者を求めることに思いついたんです。」

「オラ、わかったぞ!超ドラゴンボールだな。」
「そう。その通りです。超ドラゴンボールです。」

「超ドラゴンボールでお願いしたんだな。ブラックを作ってくれって。」

「そう、その通りです。あくまで現時点の推測です。でも、ゴクウブラックは超ドラゴンボールで作られた孫悟空さんのコピー。そう考えるのが自然です。」

回想(神の龍を呼び出したザマスは「孫悟空と同じ力を持ったしもべを我に与えたまえ」と)

「ブラックがカカロットのコピー人形?」
「なんで、悟空さんを作ったんだろ?」

「それは、悟空さんと戦ったときに興味を持ったんでしょう。さらにザマスが1年待って超ドラゴンボールを使っって不死身の身体を手に入れたのでしょう。)

回想(ザマス「我に不死の力を与えたまえ!」)
回想(ザマス「…これで良い。不死身の我が体。人間を滅ぼす孫悟空の力。正義を執行する力が整った。」)

ビルスは「一年も待つとは律儀なやつ。」と言いますが「そうか、時の指輪か。あれを使えば1年待つ必要がないってわけか。」と。

「どうしてブラックが持っていたのよ?」

「知るか、本人に聞け。そもそも、時の指輪は界王神しか持てない。簡単に貸し借りができるものじゃない。ザマス界王神見習いだ。どうやって手に入れたのか。」

トランクスは「第10宇宙の界王神さまとザマスの間に何かがあったということ…ですね。」と。ウィスは「ゴワスさまの命が危険ということです。」と答えます。

理解できない悟空はブルマは「あんた、さっきのひらめきはどこ行ったのよ。ザマスはゴワスさんを殺して時の指輪を乳母て界王神になってやりたい放題やってるってこと。」と説明。

「もし、その話が本当ならザマスの正義のために未来の世界は…。

悟空と界王神、ウィス、ビルスの4人は再び第10宇宙に向かうことに。

ゴワスを隠れて倒すことで界王神にさりげなく昇進したってことなのかな?普通は界王神を倒したってなると全王さまが黙っていないと思うのですが、それでも界王神として君臨し続けることができるのがよく分からないですね。

あと、第10宇宙の破壊神はどうなるんだろう?その辺りの設定が曖昧な感じなのかなー。

その頃、未来の世界では悟空らがブラックに叶わなかったこと、さらにザマスも登場したことで解く戦意喪失。マイとヤジロベーは戦略的撤退だという生き延びてトランクスのことを待とうと励まします。

第10宇宙の界王神のもとに。
ビルスはゴワスに聞きます。

「ザマスはいる?」
「それが、今朝からザマスは不在で。」

「ザマスについて気になる点はない?例えば正義について。」

「ん?正義?そのことについては迷いは晴れているはず。ザマスは神の務めを学び、やがて界王神として第10宇宙を見守る、神とは何かを私と共に問答を繰り返してました。」

「その迷いは今は消えたと?」

「はい。彼の心が澄み切っています。長いこと神のあり方。善と悪。そして己の正義に迷ってきましたが今や彼は悟りの道を開いたのです。」

と、そこにザマスが現れます。

「ゴワスさま、お茶をお持ちしました。」

スポンサードリンク

第58話「ザマスとブラック 深まる謎」の感想

ゴクウブラックが超ドラゴンボールから生み出されたコピーである可能性が指摘されましたが、ザマスを気が似ていることが謎のままでしたね。単純にコピー人間として産み出されたものなのだろうか??

個人的には第6宇宙の地球が復活したことと関係しているのかなーって思っていたんですけど、単なるコピーだとしたら、少しガッカリですね。でも、まだ謎が隠されているみたいだから違う展開も期待できるかな?

第59話のサブタイトルは「界王神ゴワスを守れザマスを破壊せよ」です。

一旦はその場を立ち去る悟空らはウィスの力でゴワスとザマスの様子を観察することになります。ゴワスがお茶をこぼしていましたが、どうなるのでしょうか。「破壊せよ」ということは破壊神であるビルスが手をくだすことになるのかな?

なお、第59話は9/18はお休みで9/25に放送されるようです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!