iPhone7のレビュー!カメラやCPUの性能比較、メリットとデメリットは?

iPhone7レビュー!使ってみた感想など!

ついに、iPhone7とiPhone7 Plusの発売が開始されましたね。

僕も4.7インチのiPhone7をゲットしたので実機レビューを書いていきたいと思います。今回手に入れたiPhone7はシルバーの128GBモデルです。iPhone7は5色のカラーラインナップとなっていますが、一番スタンダードな色なので発売日でも比較的、手に入れやすいモデルと言えるかもしれませんね。

iPhone7

ということで、以下外観レビューや使ってみた感想などを書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

蓋を開けると本体がいきなり出てくるのではなく説明書が一番上に入っていました。

iPhone7 箱を開けると

説明書の下にiPhone7本体が出てきます。

iPhone7 本体

今までは箱を開けてすぐに本体が置いてあったので落としてしまいそうな不安がありましたが、そんな余計な不安を感じる必要は無くなりました。

iPhone7からは3.5mmのヘッドフォンジャックが廃止されましたが、その代わりにLightningコネクタを搭載したヘンドフォン「EarPods」、変換アダプタが付属しています。

iPhone7 Lightningコネクタの変換アダプタ

以下、iPhone7の本体デザインをレビューしています。

iPhone7のデザインをiPhone6sと比較

iPhone7は前モデルのiPhone 6sとデザインがどう変化したのかを、実機を並べて比較してみたいと思います。

iPhone7の基本的なデザインはiPhone 6sと同じなのですが、白色の線の一部がiPhone7で撤廃されたことで、背面部分は非常にスタイリッシュなデザインになりました。

iPhone7とiPhone6s

まだ、完全に白色のラインが消えたわけではないので完璧ではありませんが、いずれ無くなることに期待したいですね。そして、iPhoneのロゴ書体が変更されたようです。この書体はもともとiPhoneに使用されていた書体だと思おうので、元に戻したという表現が正しいのかもしれません。

iPhone7とiPhone6s 背面デザイン

白色のラインがなくなったこともありカメラのレンズがさらに大きくなりました。レンズ周りにあったリングが廃止され本体のアルミを曲げてレンズを保護するデザインに変更されています。なかなかかっこいいではないでしょうか。

iPhone7 カメラレンズ

なお、画素数は1200万画素と同じですがイメージセンサーが新しくなってf1.8の明るいレンズを新しく採用、光学式手振れ補正機能にも対応しています。

iPhone7とiPhone6sのカメラレンズ

ホームボタンは物理式からタッチセンサー式に変更されました。これはiPhoneの歴史上で最大の変更と言ってもいいかもしれません。

iPhone7 ホームボタン

感圧式のホームボタンで指で強く押すことで振動して今までのようにホームボタンを押した触感を得ることができる不思議なボタンです。まあ、若干の違和感はあるのですが、ホームボタンとしての役割は十分に果たしていると思います。

3.5mmのヘンドフォンジャックは廃止されスピーカーグリルのようなものが搭載されています。ここにスピーカーが搭載されているのかなーって思っていたのですが、ここから音は鳴っていないようでした。マイクが搭載されているのかもしれませんね。

iPhone7 Lightningコネクタ

右サイド部分に電源ボタンとSIMカードスロットが搭載されています。

iPhone7 電源ボタン

左サイド部分に音量ボタンとミュートスイッチが搭載されています。ボタンとボタンの間のくぼみがiPhone7はなくなっています。防水に対応するためにスッキリとさせたのかもしれません。

iPhone 7 音量ボタン

iPhone7じゃ防水防塵に対応したので、今まで気を使って雨に濡れないように頑張っていましたが、そんなに気を使う必要がなくなりそうですね。防水を待ち望んでいたユーザーさんは多いでしょうし、iPhoneが防水に対応したということはこれからのスマートフォンは防水機能がスタンダードなものになる可能性は高いのかもしれません。

iPhone7のCPUとGPUの性能

iPhone7はクアッドコアの「A10 Fusion」プロセッサが採用しています。4つのコアがフル稼働しているのではなく高性能コアが2つ、高効率コアが2つの合計4つとなっており状況に合わせてコアを切り替えて動作しているようです。

Geekbench 4にてiPhone7とiPhone6sでCPU性能を測定してみましたが、iPhone6sと比較して40%ほど性能が向上しているでしょうか。

iPhone7 CPU性能

シングルコア3441、デュアルコア5586というスコアはMacBookのIntel Core Mプロセッサよりも性能が高いものとなっており、モバイルプロセッサもデスクトップで使用されるプロセッサと同等レベル以上の性能を持ったと理解してもいいのかもしれませんね。

3D MARKを利用してGPUの性能も測定してみました。

iPhone7 GPU

iPhone6sが27679というスコアなのに対しiPhone7は37377というかなり高いスコアを叩き出しています。この数字はA9XプロセッサのiPad Proよりも高いスコアとなっており、こんなに小さなデバイスなのにかなり性能が高まってることがわかります。

カメラの性能

カメラの性能もiPhone7とiPhone6sで比較してみました。同じ1200万画素のイメージセンサーですがレンズの明るさがf2.2からf1.8と明るくなったこと、光学式手ぶれ補正機能が搭載されたことで、暗いところの写真撮影が強くなっていると思われいます。

ということで、若干暗いところでR2-D2を撮影してみました。

左がiPhone6sで右がiPhone7です。少しだけ右のほうが明るく写っているように見えますね。さらに手ぶれ補正機能の効果が手持ちのブレが少なくなっているように感じます。

iPhone7 カメラ性能比較

暗い部分を拡大してみます。

iPhone7のカメラの比較

画素数が同じなのでそんなに違いはありませんが、影になっている部分のノイズがiPhone 7のほうが少なくなっているようにも見えます。まあ、本当に少しだけ映りが良くなった….くらいかも。

スポンサードリンク

iPhone7にする乗り換えるメリット

iPhone6sを使っていてiPhone7に乗り換えるほどのメリットがあるのか?

そう考える人も多いのではないでしょうか。実際にiPhone7を手にしてみて感じた乗り換えるメリットをまとめてみました。

  • デザインがカッコよくなった
  • 防水防塵に対応
  • FeliCaが使えるようになる
  • ステレオ音声で音楽を楽しめる
  • 暗いところの撮影が綺麗に

なんと言っても本体デザインがカッコよくなったのは何よりもメリットと言えるでしょう。

iPhone7 デザイン

さらに防水防塵に対応したことで雨の日でも多少くらい濡れても操作することが可能となります。これはかなり大きなメリットですし、写真の撮影の仕方も変わってくるかもしれません。さすがにプールに入って撮影することは無理だとは思いますが、できるだけ水に濡れないようにしながら撮影をするということは可能かもしれませんね。

FeliCa機能に対応したことも大きなメリットと言えるでしょう。

Suica対応は10月以降になるようでまだ使うことはできませんが、iPhone7があればICカードを持たなくても決済をすることができる時代は、もうすぐそこまで来ているのかもしれません。

iPhone7はステレオ音声に対応しています。受話スピーカーを使ってステレオ再生にしていることに驚いてしまいましたが、今までに比べても臨場感ある音楽を楽しめるのは確かです。iPadがステレオスピーカー化が進みましたがその流れはiPhoneにも受け継がれたことになります。

また、カメラの性能が向上したことで夜間の撮影がよりやりやすくなっています。LEDフラッシュも2つから4つに進化しているので、肌の色もより自然に撮影することができ、夜行性の方にはオススメなのかもしれません…。

iPhone7にする乗り換えるデメリット

iPhone7に乗り換えるデメリットもあることを忘れてはなりません。

  • ケースを付けたらデザインは関係ない
  • ホームボタンがタッチセンサー式
  • ヘンドフォンジャックがない

iPhone7はデザインがカッコよくなったと書きましたが、ケースを着用している人にとってはあんまり関係のないことなのかもしれません。なので、デザインでわざわざiPhone7に乗り換えることはしなくてもいいのかなと感じます。

最大のデメリットはホームボタンが物理式ではなくタッチセンサー式に変更されたことでしょうか。

これをデメリットとして取り上げるのもどうかなとも思いましたが、クリック感を求めてiPhoneを使っていた人にとっては満足できるクリック感を得ることができるかどうかは怪しいところです。ただ、タッチセンサー式とはいえクリックすると押した感覚がフィードバックしてくるので僕はそんなに違和感なく使えています。

あと、ヘッドフォンジャックがないので充電をしながらヘッドフォンを使うということができなくなったのも注意すべき点と言えるでしょう。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!