黒い十人の女(ドラマ)あらすじとキャスト!脚本はバカリズム、主演は船越英一郎!

黒い十人の女

2016年9月29日(木)23:59からスタートするドラマ「黒い十人の女」は1961年に公開された映画「黒い十人の女(脚本:和田夏十、監督:市川崑)」をバカリズムさんが脚本を担当しリメイクした作品ということで、どのような感じに現代版の物語にリメイクされるのかが注目されることになるでしょう。

さらに、主人公の風松吉は映画版は船越英二さんが演じていましたが、現代版の「黒い十人の女」では船越英二さんの長男である船越英一郎さんが演じ、親子2代に渡って10股不倫をしているダメ男を演じることになります。父親が演じた同じ役を息子が演じるって凄いですよね。

スポンサードリンク

2016年になってから芸能界は不倫の話題が多く、ドラマ「不機嫌な果実」がリメイクされるなど、ちょっとしたブームになっていますが、「黒い十人の女」で最大の不倫劇を描いて2016年を締めることになりそうです。

追記:1話の放送が開始されましさた!バカリズム流でなかなか面白かった!

▶︎ 黒い十人の女 1話:成海璃子と水野美紀が本気でやり合いカフェラテまみれに!
▶︎ 黒い十人の女 2話:久未は不倫の星の下に生まれたのか、修羅場に巻き込まれる!
▶︎ 黒い十人の女 3話:水川夢(平山あや)が6人目の愛人!奥さんの睦も登場!
▶︎ 黒い十人の女 4話:真衣(白羽ゆり)が7人目の愛人!佳代と夏希のバトルが壮絶!!
▶︎ 黒い十人の女 5話:成海璃子と水野美紀が本気でやり合いカフェラテまみれに!
▶︎ 黒い十人の女 6話:愛人たちのアクションシーンとクズ合戦が修羅場すぎる!
▶︎ 黒い十人の女 7話:不倫ドラマが低視聴率で風松吉がピンチに!
▶︎ 黒い十人の女 8話:不倫終了宣言がきっかけで計画が始動する!
▶︎ 黒い十人の女 9話:計画実行も死んだはずの風松吉が生きている?
▶︎ 黒い十人の女 最終話:10股不倫劇の結末はハッピーエンド?最後の修羅場が迫力ありすぎ!

ドラマ「黒い十人の女」について

  • 読売テレビ、日本テレビ系列:2016年9月29日(木)23:59〜
  • 原作:映画「黒い十人の女」(脚本:和田夏十、監督:市川崑)
  • 脚本:バカリズム
  • 演出:渡部亮平:時をかける少女(脚本)、東京センチメンタル(脚本・監督」)..など

原作は55年前の映画「黒い十人の女」

原作は1961年に公開された同名映画「黒い十人の女」となっており、主人公の風松吉が美人な奥さんを持ちながら9人以上の女性と不倫をするという、世にもダメ男の行く末を描いた作品となっています。

映画「黒い十人の女」は見たことがなかったのですが、1960年代という未知の時代に10人を股にかけた不倫がテーマになっているということで、非常に興味を持ちレンタルして見てみました。後ほど、詳しく感想などを書きたいと思いますが非常に面白かったです。55年も前の作品ながらいつの時代も男と女は分かり合うことはなく女は怖いなーと思わせる作品です。

完全に10股をしていた風松吉の自業自得なんですけどね。

でも、船越英二さんは本当にカッコいい。彼なら10股もあり得るんだろうなーと思わせてくれる。船越英一郎さんはイケメンって感じじゃなくて優しさ溢れるおじさまって感じなので、風松吉のキャラをどう変化させてくるかが非常に楽しみです。あと、中村玉緒さんがめちゃくちゃ若くて可愛かったことに衝撃を受けました。

脚本はバカリズム

脚本は竹野内豊さん主演ドラマ「素敵な選TAXI」などを手掛けたバカリズムさんが担当します。「素敵な選TAXI」は1話完結型のドラマでしたが、今回の「黒い十人の女」は連続ドラマということでバカリズムさんにとっても新たな挑戦と言えるのかもしれません。

個人的にもバカリズムさんの脚本は好きで、最後には感動を上手く持ってきたりするので、最後の最後でまさかの大感動もあり得るのでしょうかね。

主演の船越英一郎さんは現代に甦った「黒い十人の女」は「サスペンス、コメディ、ラブストーリー、すべてのジャンルを内包した誰も見たことがないドラマが生まれる予感」とコメントをしています。不倫劇なのにサスペンスが見れるのは船越英一郎さんファンにとっては堪らないのかも?

ちなみに、「素敵な選TAXI」ではちょい役でバカリズムさん本人が出演していましたが、「黒い十人の女」は本人出演はないのでしょうかね?風松吉の同僚役とかで出てくれないかな?

登場人物とキャスト

風松吉:船越英一郎

主人公の風松吉は船越英一郎さんが演じます。

船越英一郎さんは船越英二さんの長男で、ドラマ版の「黒い十人の女」の話が出た時に自ら出演を熱望したんだそうです。

船越英一郎さんといえば刑事モノのサスペンスドラマに出演している印象が強いですが、今回の風松吉という役は妻がいながら9人以上の女性と不倫関係を持ってしまうという絶世のダメ男を演じることになります。

風松吉はテレビ局でドラマのプロデューサーをしている人物。特に取り柄もなく金も力も名誉もない男がどうして10股を掛けることになったのかが描かれることになります。(プロデューサーってお金持ってそうなイメージありますけどね…)

風睦:若村麻由美

風の妻・風睦(むつみ)は若村麻由美さんが演じます。

若村麻由美さんは数多くのドラマや映画に出演をしている大女優さんですが、さづが貫禄ある役での登場となりますね。第3話から登場することになり、いよいよ妻の睦から計画を言い渡されることになるのでしょうか。

神田久未:成海璃子

松吉の9人目の愛人でテレビ局の受付嬢・神田久未を演じるのは成海璃子さんです。

成海璃子さんは1992年生まれで5歳の頃から子役として活動をしており、2000年にドラマ「TRICK」で山田奈緒子(仲間由紀恵)の少女時代を演じて話題になったことも。若くして主演を演じることも多く「鍵のない夢を見る」や「咲くやこの花」などに出演をしています。

神田久未は9人目の愛人なのに名前が上に来ているということは、松吉とはかなり深い関係ということなのでしょうか。

相葉志乃:トリンドル玲奈

若手女優・相葉志乃を演じるのはトリンドル玲奈さん。

トリンドル玲奈さんはオーストリア人の父と日本人の母の間に生まれたハーフで、1992年生まれで2009年にモデルとしてデビューを果たしています。バラエティ番組からドラマと幅広い活動をしており、最近ではドラマ「せいせいするほど、愛してる」や「いつかティファニーで朝食を」では主演として起用されていました。

相葉志乃は若手女優でディレクターの浦上と松吉との間で心揺れている。おそらく映画版の四村塩(中村玉緒)と同じ役と思われます。

弥上美羽:佐藤仁美

テレビドラマのアシスタントプロデューサーで松吉の部下・弥上美羽は佐藤仁美さんが演じます。

佐藤仁美さんは1995年のドラマ「海がきこえる」でテレビドラマに初出演を果たして以降は数多くのドラマや映画で活躍をしています。最近では「マネーの天使」や「37.5℃の涙」、「早子先生、結婚するって本当ですか?」などに出演をしていました。

弥上美羽は数多くいる愛人の中で自分が一番だと思っている女性。

如野佳代:水野美紀

舞台女優・如野佳代を水野美紀さんが演じます。

水野美紀さんは1987年に「第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト」に出場したのをきっかけに芸能界入りを果たし、ドラマや映画、モデルで活躍をしています。最近ではドラマ「ラブソング」や「家族ノカタチ」などの出演をしています。

如野佳代は舞台女優で松吉とは8年に渡って不倫を続けている。おそらく映画版の石ノ下市子(岸恵子)と同じ役と思われます。

皐山夏希:MEGUMI

脚本家の皐山夏希を演じるのはMEGUMIさん。

MEGUMIさんは1981年生まれの元グラビアモデルで、一時期はバラエティ番組に出演をしていましたが、近年は女優としての活動が中心となっています。最近はドラマ「朝が来る」や「スペシャリスト4」などに出演をしていました。

文坂彩乃:佐野ひなこ

神田久未の友人・文坂彩乃を佐野ひなこさんが演じます。

佐野ひなこさんは1994年生まれで2013年にグラビアモデルとしてデビュを果たし、最近では女優としても活躍しドラマ「デスノート」や「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」、「好きな人がいること」などの話題作に出演するなど女優としての存在感を増しています。

浦上紀章:水上剣星

バラエティディレクターの浦上紀章。相葉志乃に好意を抱いている。

その他

現時点では一部の女性キャストしか判明していませんが、松吉の妻を誰が演じることになるのか、また途中で幽霊になってしまう三輪子役を誰が演じるのかが非常に気になるところ。(本ドラマで幽霊となるかどうは不明ですが)

あらすじ

ドラマPの風松吉(船越英一郎)と不倫している神田久未(成海璃子)は、ある日見知らぬ番号からの着信を受け、呼び出される。

そこに現れた舞台女優・如野佳代(水野美紀)から知らされる衝撃の事実…驚く暇もなく、偶然居合わせた風の部下でドラマAPの弥上美羽(佐藤仁美)と佳代の壮絶なバトルに巻き込まれる…さらに風が新ドラマにキャスティングする若手女優・相葉志乃(トリンドル玲奈)にも秘密が…誰もがどこか間違えた泥沼の恋愛模様が、今幕を開ける!

スポンサードリンク

原作映画「黒い十人の女」のネタバレ

原作となっている映画「黒い十人の女」の簡単なあらすじを紹介します。

主人公はテレビプロデューサーの風松吉。

彼には妻の風双葉がいるのですが数多くの女性と不倫を繰り返していました。しかもテレビ局内に勤務している女性との関係が多く、舞台女優の石ノ下市子、台本の印刷業をしている三輪子、コマーシャルガールの四村塩、テレビ局の演出家の後藤五夜子、さらに虫子、七重、八代、櫛子、十糸子といった情勢が彼の周りにはいたのです。

そのことは風双葉も認識していたのですが彼女自身がレストランを経営していることもあり見て見ぬふりをしていたのです。

そんなある日、風松吉の知らない間に不倫女性ら集結し話し合いと殴り合いを重ね交流することに。そして、妻の風双葉と不倫相手で舞台女優の石ノ下市子が話し合い機会ができ、風双葉をみんなで殺してしまおうという計画が持ち上がります。

とはいえ、本当に実行をするわけではなく計画することで鬱憤を晴らすだけのものだったのです。しかし、三輪子は風松吉のことが本当に好きで結婚をして欲しいと彼に告白をし、さらに愛人らがみんなで風松吉を殺そうとしている計画をしていることをバラしてしまったのです。

その日から、風松吉は周りで起きる出来事に敏感になってしまい本当に狙われているのではないかと思い込みます。

命を狙われていることを妻の双葉に話すと計画をしていることを認めますが、最後に「あなたを殺して何のメリットがあるの?」と冗談であることを明らかに。風松吉は精神的にも疲れきっており愛人たちの関係を断ち切るためにその計画を本当に実行したかのように見せかけることに。

双葉は愛人9人を集めて松吉を糾弾する会を開催します。

双葉が空砲のピストルを松吉に撃ったかのように見せかけ、松吉は胸に仕込んであったトマトをつぶして死んだかのように見せかけます。愛人たちは双葉に全ての罪を着させてその場を立ち去りますが、本当に松吉のことが好きだった三輪子は後追い自殺をしてしまいます。

その後、愛人たちは松吉が死んだということが何もニュースにならないことに疑問を感じ、あの時の出来事が狂言だったことに気付いたのでした。愛人たちは双葉に言い寄り、命を絶った三輪子の幽霊も「何のために私は死んだのよ?」と激怒。

双葉は離婚をすることを決意し松吉を自由にしてもいいと言い出します。しかし、この計画を実現するために仕事を休みんでいた松吉に男としての魅力を感じることができなくなった愛人たちは松吉の元から立ち去り舞台女優の市子だけが残ります。

市子は勝手に退職届けを出し松吉を無職状態に。仕事を失ってしまった松吉は絶望を味わうことに。松吉を手中に収めた市子ですが、自分のものになってしまうと熱も冷めてきてしまいます。

市子は劇団を退団。そのパーティで愛人たちと再会することに。双葉はレストラン経営を楽しんでおり、四村塩は結婚をすることになるなど幸せを感じているようです。市子は松吉を引き取ってしあったことを後悔しているのか、車のエンジンを掛けて車を走り出します。

道中、事故により火災が発生していましたが、見向きをせずに車を走らせます。

最後のシーンの解釈が難しいところですが、市子は松吉と一緒になれたけど幸せになっていく元愛人たちの姿をうらやましく思っていることは間違いないでしょう。そして市子自身も自分の人生を自ら歩み出そうとしているように感じました。

松吉は軽い感じで10股を掛けたことによって妻を失い、職を失い、すべての愛人から見放されてしまうという絶望の最後を迎えたのかもしれません。でも、一番可哀想なのは騙されて命を絶ってしまった三輪子だったのかなとも思いますけどね。

この辺りの描写が新ドラマ版「黒い十人の女」でどのような感じで描かれることになるのか注目ですね。バカリズムさん脚本ですから面白おかしく、コメディ要素がより強くなり、最後は感動の物語で締めくくってくれることに期待したいところ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!