砂の塔〜知りすぎた隣人 佐々木弓子(松嶋菜々子)が怖すぎる…犯人なのかな?【1話ネタバレ】

砂の塔〜知りすぎた隣人

「砂の塔〜知りすぎた隣人」1話のネタバレと感想

ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」の第1話、めちゃくちゃ面白かったですね〜!こんな世界が本当にあるのかって思うくらい関わりたくない状況でしたが(笑)それにしても主演の菅野美穂さんは38歳だというのに可愛いですよね。

そして、松嶋菜々子さんも出演をしているのだから超豪華ですよね

このドラマは菅野美穂さん主演のドラマで高野亜紀という二人のお子さんを持つ女性の物語ですが、憧れだったタワーマンションに引っ越し幸せな生活を送ろうとしているところに、タワーマンションに住む住民に翻弄され歯車が狂っていくというストーリーとなっています。

スポンサードリンク

1話の冒頭から衝撃的な映像が…

▶︎ 2話:息子の和樹(佐野勇斗)は不良で犯人と関係している?
▶︎ 3話:そらが行方不明になるも弓子が助け近づく!
▶︎ 4話:息子の和樹が弓子の共犯者?生方航平が亜紀に近づくのも怪しいが…
▶︎ 5話:健一と弓子は元恋人か元夫婦?高野家崩壊の危機!
▶︎ 6話:弓子と健一に子供がいて共犯者?和樹が養子の可能性も!
▶︎ 7話:和樹は弓子の子供で健一とは元夫婦!風呂場の謎は兄弟がいた?
▶︎ 8話:口笛を吹いてた人って誰だ?生方コーチが犯人の可能性もありそう。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」はタワーマンションに引っ越してきた高野亜紀(菅野美穂)がそこの住民に翻弄されていくというストーリーとは別に周囲で発生している連続幼児失踪事件=通称「ハーメルン事件」が連動していくことになります。

失踪現場には一輪の花、黄色いカーネーションが残されているのですが、花言葉は「軽蔑」の意味が込められていることがこの事件を担当している刑事・荒又(光石研)が突き止めていましたが….。

ドラマ冒頭で佐々木弓子(松嶋菜々子)が血の海と化したお風呂場を汗だくで掃除するシーンから始まりました。そこには子供の服も落ちていまいしたが…。

ここってお風呂場の大きさからしてタワーマンションではなく、1ヶ月前に引っ越す前の家だったのかもしれません。

これって、佐々木弓子がハーメルン事件の犯人….なんでしょうかね。いや、どう考えても犯人としか思えない状況ですし第1話の一番最初のシーンで、これをネタバレさせるのは、この人物の不気味さをより引き立たせるためのものなのかもしれません。

50階建てのタワーマンションの25階に住む亜紀

高野亜紀は上層階行きのエレベーターで行くことができる25階の部屋。タワーマンションってコンシェルジェもいるんですね。しかも共同の書斎があるってどんなんや。しかも防犯カメラが各所に設置されていてセキュリティも安心。でも部屋の中にも監視カメラがあるのは….どうなんだろうか。

亜紀の旦那はサラリーマンの高野健一(田中直樹)ですが、たまたま1500万円も安く買うことができたからタワーマンションを購入したのでした。

って、1500万円も安く買えるか?普通。

ここは疑うべきところだったのかもしれませんね。のちに前住んでいた住人が自殺をしてしまって安く売りに出された事故物件だったことが明らかになっていましたが…。不動産屋も申告していなかったのか。こりゃ、訴えてもいいレベルなのでは。

とにかく階数にこだわる住人たち

亜紀は長女のそら(稲垣来泉)を送迎のバスに送り出すときにタワーマンションにする奥様方と出会うことになりますが…階数が高い方が部屋の値段が高いから収入状況がわかるのだという。つまり、上層階に行けば行くほど「偉い」ってことみたい。

さらにこの奥方に嫌われてしまうと子供たちも仲良くできなくなってしまうなど、かなり面倒くさいタワーマンションのようです。いや、こんなところ絶対に住むたくないわ。マジで。

  • 50階:阿相寛子(横山めぐみ)
  • 45階:橋口梨乃(堀内敬子)
  • 38階:柳汐里(音月桂)
  • 32階:三浦篤子(佐藤乃莉)
  • 26階:佐々木弓子(松嶋菜々子)
  • 25階:高野亜紀(菅野美穂)
  • 2階:尾野綾香(ホラン千秋)

他にもいっぱいいるんでしょうけど、亜紀の周囲を取り巻く奥方はこの方々がメインとなるようです。

尾野綾香(ホラン千秋)は配送屋の兄ちゃんと不倫

低階層に住んでいる尾野綾香(ホラン千秋)は旦那が高所恐怖症だから2階に住んでいるが口癖の女性で、他の方々と比べて少しタイプが違うようです。

そんなある日、亜紀は配送屋の兄ちゃんとイチャついている姿を見てしまうことに。綾香はみんなには内緒にしていてとお願いされもちろん亜紀もそれを了承するのですが、のちに何者かにイチャついている時の写真をみんなにメールで送信されてしまうことに。

これを見ていたのは亜紀だけだったので当然、綾香は亜紀がメールをみんなに送ったのだと激怒することになります。まあ、そうだよね。でも、本当はこの写真を送りつけていたのは佐々木弓子だったのです。

子供からのプレゼント

長女のそらと年の離れた長男の高野和樹(佐野勇斗)は亜紀にサプライズとしてプレゼントをこっそりと買ってカバンの中に忍ばせていたのですが、亜紀は奥方らに誘われて合コンに参加。もちろん、内容を聞かされないで参加したのでかなり驚いていましたが…。

てか、タワーマンションの奥方は暇なのか?

その帰り道に合コンにいた男に言い寄られるのですが亜紀は「離してください!」と突っぱねます。その時にカバンをひっくり返してしまい小さな箱が橋の下の川に落ちていってしまうのでした。

亜紀は中身が何だったか分からなかったのでそのまま放置したのですが、帰宅すると和樹からそらと一緒に買ったサプライズだったことを知るのでした。この兄ちゃん、本当に妹想いですよね。

これだけ年が離れているとこんなに優しい兄ちゃんになるのかな。

スポンサードリンク

川に落ちたプレゼントを生方航平(岩田剛典)と探す

亜紀はこの件をしばらく放置していたのですが佐々木弓子(松嶋菜々子)が二人が亜紀のためにプレゼントを選んでいるところを偶然見かけて「あの、プレゼント。大切にしてくだいね。」と言われたことをきっかけに川に行ってプレゼントを探しことに。

てか、この川。ゴミありすぎじゃない。東京のど真ん中の川にこんな不法投棄??

と、そこに通りかかった子供教室の体操コーチ・生方航平(岩田剛典)も一緒にプレゼントを探すことに。そして、子供達からのプレゼントを発見することに成功し一件落着。

佐々木弓子(松嶋菜々子)の本性が怖すぎる…

佐々木弓子は子供がいないことから比較的、自由にタワーマンション内で行動しているように見えます。まあ、あの冷静なエレガントな雰囲気があの口うるさい高層階の奥方たちを寄せ付けなくしているのかもしれませんが。

弓子は亜紀に少しずつ自然に近づいていき亜紀も自分がピンチに陥った時に弓子が助けてくれたこともあり彼女には本当の気持ちを話すことができる関係にまでなっていきます。

「そのネックレス、一人で見つけたの?」
「え?あー….はい。」

で、出た。怖えええええ!弓子は全てを知っているという感じですね。ある日の夜、弓子は部屋でタワーマンションに仕掛けられたカメラの映像を複数台のパソコンで監視しています….。

そして、亜紀が航平と一緒にプレゼントを探している写真も。一体何者なんだよ….。

(女は時々、嘘をつく。でも、女たちは知らない。見守られているということは見られているということ。女たちは知らない。嘘の先に待ち受けている落とし穴はどんなに深いか。この美しいタワーは砂のように脆いことを。)

弓子は亜紀が二人でプレゼントを探している写真を見て「嘘つき」と一言。

黄色いカーネーションの花言葉は「軽蔑」。つまり弓子は母親でありながら子どもを裏切るような行為をした奥方を陥れようとしているのかもしれません。でも、何のために?

弓子自身も過去に何かがあってこういう行動を取ってしまっているということなのかな。謎ですね。

「砂の塔〜知りすぎた隣人」は単なるマンションタワーの隣人問題だけの物語ではなく隣人の佐々木弓子が謎すぎる点がよりいっそう面白くしているように思います。今期の中ではかなり面白い部類に入るドラマではないでしょうか!?

▶︎ 2話:息子の和樹(佐野勇斗)は不良で犯人と関係している?
▶︎ 3話:そらが行方不明になるも弓子が助け近づく!
▶︎ 4話:息子の和樹が弓子の共犯者?生方航平が亜紀に近づくのも怪しいが…
▶︎ 5話:健一と弓子は元恋人か元夫婦?高野家崩壊の危機!
▶︎ 6話:弓子と健一に子供がいて共犯者?和樹が養子の可能性も!
▶︎ 7話:和樹は弓子の子供で健一とは元夫婦!風呂場の謎は兄弟がいた?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!