ドラゴンボール超【62話ネタバレ】本当に魔封波でザマスとブラックを封印できるのか?

ドラゴンボール超 62話「世界はオレが守る!トランクス怒りの超パワー炸裂!!」で青年トランクスが怒りで超変身をしてパワーアップし、ブラックとザマスに立ち向かっていましたが、この変身は一体何だったのでしょうかね。

スポンサードリンク

青色のオーラの周りに金色のスーパーサイヤ人…。目が白目になって筋肉ムキムキになっているあたりがブロリーっぽいですが。伝説のスーパーサイヤ人ってやつなのかもしれませんが、そのあたりは一つも触れられることがありませんでした。

神の力を持っている悟空やベジータにとっては今更…といった感じなのかもしれません。

ドラゴンボール超 62話のネタバレ

ブラックとザマスに罪人扱いされたトランクスは怒りに火を付け超変身をし「貴様は俺がやる!!」とパワーが炸裂します。

「貴様が俺を倒すだと?見せてみろよ。」
「はああああ!!!!」

ブラックと互角並みに攻撃を加えるもののザマスが応戦してきて攻撃を阻止することが精一杯になってしまいます。そこにベジータが現れザマスの攻撃を阻止、トランクスの目は白目から通常の目に戻っています。

「貴様にこれだけの力があったとは。デザートにはもってこいだ。」

トランクスは魔閃光で応戦し「ここは俺が食い止めます!悟空さんと一緒に過去に戻ってください!」と過去に帰って欲しいと。ベジータはトランクスを置いて帰ることはできないと言いますが倒れている悟空は「過去に帰るしか方法はない」という。

状況から見て一時退散するしかないと思ったベジータはトランクスに全ての仙豆を渡して悟空とブルマと一緒に過去に帰ったのでした。

「逃げられたか…」
「まあまた現れる。」

何回、退散しているのでしょうかね。

逃げる場所があると絶望感が薄れるよね。魔人ブウ戦とか本当にどうしようもないくらいの絶望しかなかったのに、未来トランクス編は未来が舞台だから現代に帰ればそんなもん。

スポンサードリンク

現在のカプセルコーポレーション。みんなが悟空たちの帰りを待ってました。

「この嘘つき!神が神を滅せれば時空に干渉しないわけがない、全然変わってなじゃない!ブラックとザマスは街で大暴れ、もうすこしでやられるところだったわよ!」

破壊神ビルスは「変わらなかったか。そうじゃないかと思ったが。トランクスくんの話が説得力があったから。」とフォローになっていないフォローをします。ビルスを攻めるブルマをベジータは「やめろ!あいつらを倒す方法を考えるのが先決だ!」と制止するのでした。

そして悟空は回復カプセルの中に入り治療、ベジータはビルスとウィスに未来で起きていた状況を説明します。

「向こうの世界では全ての神を殺し未来にいる神は自分たちだけだと言っていた。ブラックはこの世界のザマスがカカロットの体を奪い、未来のザマスが超ドラゴンボールで不死身の力を手に入れた。」

「ふーん。全ての謎が解けた。帰るぞウィス。この世界のザマスは排除してやったんだ。別の世界のことまで僕は知らない。あとは勝手にするんだな!」

そう言ってビルスとウィスはその場を去っていくのでした。

トランクスの話に説得力があったのに自分の言葉を曲げなかったのか。プライドがお高いんですね(笑)

現在のザマスを破壊したのに現在のザマスがブラックになって未来にいるという流れがいまいち理解できていないんだけど、時の指輪が出てきて違う時間軸のザマスということでいいのかな?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!