とげ 小市民 倉永晴之 2話ネタバレ!裕美が傷害事件を起こし不倫していることもバレる?

とげ 小市民 倉永晴之

大人の土ドラ「とげ 小市民 倉永晴之の逆襲」の第2話も倉永晴之(田辺誠一)に様々な問題が降りかかりましたね。こんな毎日、胃が痛くなって仕方ないと思うんですけどね。

ただ、2話は倉永がキレてスカッとするシーンはありませんでした。毎回、スカッとがあるわけではないようですね。今回は妻の裕美(西田尚美)が色々と問題を起こすことになり、仕事場だけでなく家庭もヤバイ事なっていくんでしょうかね。

憩いの場であるはずの家庭も壊れていくって….ちょっとヤバイですね。

スポンサードリンク

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲 2話のネタバレ

▶︎ 1話:足を震わせながら立ち向かう姿に感動!
▶︎ 2話:裕美が傷害事件を起こし不倫していることもバレる?
▶︎ 3話:常磐市長ともみ合いになり傷害事件に発展..?
▶︎ 4話:ワニが発見されるも白銀佳代(木の実ナナ)が犯人だった!
▶︎ 5話:倉永と常磐市長のバトルが過熱し自作自演の可能性が!
▶︎ 6話:常磐市長が一枚上手で予期せぬ方向に進みピンチに!
▶︎ 最終回:市議員に立候補し当選することができるのか?

上司が逮捕され倉永が対応

「冗談じゃない!高速バスのチケットをカラーコピーして使うなんて!!」

市民相談室の倉永晴之(田辺誠一)の上司でもある相談室主幹(課長)・加納民夫(日野陽仁)は有価証券偽造容疑で逮捕されてしまったのです。

役所の幹部らは市長選を前になんてことをしてくれたんだと険悪モード。そして、その矛先が倉永晴之に向き「ずっと一緒なのになぜ気付かなかったんだ!」と言われてしまうことに。

幹部らはなんとかこの事態を表沙汰にならないようにしようとしています。

「あの…不祥事を隠すことは事態の悪化を招くのではないでしょうか。市民としては一人の悪事より組織が隠蔽したことの方が問題があるかと…]

倉永晴之は恐れながら言います。

「最もだな」

まさかの倉永の意見が通り、事件があったことをマスコミに公表することになったのでした。倉永は加納のデスクを整理しています。が、人事課や広報課から話を聞きたいと。さらに加納は喫茶店にも大量のつけをしていることも明らかに。

そんな中で橘絵里加(瀧内公美)が休みだから人員補充をしてほしいことを倉永は室長の鳥塚(山口良一)に言います。そして橘のスカートが短いことを指摘し、市民からもクレームが入っていること伝えるのでした。

と、コピー機の写真を撮っている男が…。

「あ、この人、ちとせ中央新聞の記者ですわ!」
「ある、事件を調べていまして。」

「勝手なことをしないでください!」

この男は記者で八嶋という人物でした。八嶋が去っていくとその先には落書きをしていたと思われる男が市民相談室に現れ、倉永は男を追いかけます。すると以前にワニ公園にワニが出たと言ってきた白銀佳代(木の実ナナ)が現れたのでした。

白銀はその場で気絶。ソファーに寝かすことに。そして、目を覚まし「ワニって肉食なのよ。このままだと大変なことになるわよ!!」と言ってくるのでした。しかし、加納の件で忙しい倉永は「今日だけは…」と言うのでした。

その夜、倉永が帰宅。倉永裕美(西田尚美)は夜ご飯を作っておらず「なんか、外で食べに行く?」と言いますが、倉永は「家で食べる」と言います。しかし、外食の言葉を聞いた息子の真也は外に食べに行く気満々になってソファーを飛び跳ねるのですが、誤って頭から床に落ちてしまい出血….。

「救急車!救急車!!」

いや〜…市民相談室って次から次へと問題が発生する部署ですね…。忙しすぎてぶっ倒れると思う。間違ってもこんな部署に配属されたくないわ。

てか、ソファーから落ちて頭から出血ってどんな豪快に落ちたんだろうか。

子供の虐待を疑われる

病院で傷の手当てを受ける真也。泣きながら「パパが叩くから!」と一言で医師の顔付きが変わってしまい別室を通されることに。ソーシャルワーカーの蒲田という女性が現れて真也が怪我の様子について聞かれることに。

「真也くん、あーいった怪我は何度も?」
「いや、初めてですね。」

「真也くんが怪我をした状況を確認します。お父さんのお酒をこぼした真也くんを椅子から突き落としたということですか。」

「え?全然違いますよ!それ、妻が言ったんですか?!」

と、蒲田は倉永が虐待をしていると睨んでいたのです。さらに真也の体にあざがあることを言ってきますが倉永はサッカーでしょっちゅう転んでいるからだと反論するのでした。

真也の処置が終わり「倉永さん、今回は問診だけで結構です。相談してみるのも手ですよ。」と言い市民相談室のチラシを受け取るのでした。

「今日も一緒にママと寝れるの?」
「そうだね。真也、頑張ったもんね。」

裕美は布団を敷く準備をしながら言います。すると、手から血が…。枕を見ると中から針が出ていることに気付きます。

「きゃあーーーー!」

スポンサードリンク

倉永は家に警察を呼んで状況を見てもらうことに。家には鍵を掛けて出たのとこんなことをされる筋合いはないと祐美は泣き出すのでした。これまでに植木鉢をひっくり返されたりタイヤをパンクさせられたりと…。

「状況は分かりました。また何かあったら連絡してください。」
「え、それだけ?もっとなんか調べてください!」

しかし、鍵を変えるとか防犯カメラを付けるとかして対応をしてくれと言ってその場を立ち去っていきます。祐美は「こんなことになったのは誰のせいよ。市民相談室って誰に恨まれるか分からないからね。」と倉永に異動願いを出して欲しいと言うのでした。

そして二人は夫婦喧嘩に発展….。

「そのうちもっと痛い目に遭うんだから。もっとひどいことになるわ。そうなったらもう手遅れよ。」
「なんで、そんなこと言うんだよ…」

翌日、倉永は市民相談室の皆んなに「あと10分で記者会見が終わる。」と記者の取材には答えないように対応することを指示します。

しかし、エレベーターから記者は現れません。するとテレビのニュースで市役所の部長の香田が報道記者を突き飛ばして怪我をさせたことが報道されていたのでした。

倉永は広報課からのリリースを4部印刷をしますが、出てきたのは橘が印刷をしたクーポンチケット。そしてコピー機の紙切れしてしまい倉永が印刷したリリースは出てきません。

「入れなさい。橘くん、君が紙を入れなさい。の印刷で紙がなくなったら自分で入れるのがマナーです。自分が同じ目にあったらどう思う?同じ仕事場の人間として最低限のマナーがある。同じ仕事をしているということを侮辱しているのは君じゃないか!」

「ちょっと待ってください。市民相談室は市民からの理不尽なクレームばかりで役所から邪魔者扱いされて、どうやってまともに仕事できるんですか?」

「それは人を増やすから…」

「またいつものパターン。私が入ってから2年、人を増やすと言って増えたこともなく上司が一人消えて減ってます!上司の言うことも市民の言うことをハイハイと受けて逃げてばっかじゃないですか、部下をもう少し守ってくださいよ!」

「誰から守って欲しいんだ?」
「組織とか、市民とか。」

「自分が楽したいって言ってるもんじゃないか。」
「誰だって楽したいでしょ、倉永さんも車に乗ってるでしょ。だって楽じゃないですか、それの何が悪いんですか?」

「だったら、他の人もその車に乗せてあげればいいんだよ。運転できない人もいる、車の存在を知らない人もいる。そういう人を車に乗せてあげるのがここの仕事。覚えているかな?

橘さんが2年前に配属された時に弁護士の無料相談コーナーのことを知って驚いていただろ。その時、こういうことに気付いてくれた人が来てくれて良かったと思っている。市民相談室は一人でも悩んでいる人を分かってくれると思ったんだ。踏ん張って良かったと思うことがあるだろ?相談室の仕事、逃げるんじゃなくて向き合ってみないか?」

同僚たちが感動している中で橘はあっけらかんに「でも、私は相談室を希望していたんじゃないんですけど。全体的に違うっていうか。」と突っぱねるのでした。

倉永は「もういい、ホテルでもどこにでも行ってくれ。」とついつい口走ってしまいます。

「ホテルって何ですか?いやらしいんですけど。」
「いやらしい?そういうホテル?」
「え?」

「….こんなこともするんですか?係長職って。尾行してるんですか?」

倉永は尾行などしていないと言い昼間っからそんなところに行ってたら偶然見られることがあるという。

「そんな偶然ないでしょ!私のスカートの長さまで報告して!」
「え?なんで君がそのことを知ってるの?鳥塚部長にしか相談してないけど…」

「え?まさかホテルの相手って鳥塚部長?」

まさかの事態に同僚らは唖然とします橘は「あんたのやってることサイテー!」とその場を立ち去っていきます。

なんか、色々と面白い。というか、枕の中から針が出てくるって誰が仕掛けるんだろうか裕美の自作自演なんじゃないかと思ってしまうんだけど、だったら子供の前であんな叫び方はしないのかな。

鳥塚って既婚者なんだっけ?もしそうなら橘と鳥塚が不倫をしているってことになるけど。まあ、それをみんなの前でバラされた橘はたまったもんじゃないかもしれませんね。

スポンサードリンク

裕美が傷害事件を起こす

倉永は加納の家に荷物を届けます。

「参ったよ…たかだかチケットごときで。どうせ、懲戒免職なんだろ?」
「たかだか…?」

加納はもっと酷いことをやってるやつはいると言い26年も上司のために尽くしてきたと声を荒げるのでした。

「君なら分かるだろ?酷い上司に耐え続けている君なら!」

倉永は何も答えることもなくその場を立ち去ろうとします。しかし、加納は「僕の処分、君の口から口添えをしてくれないかな?仕事をきちんとしていた上司だったと!なあ!」と言います。

「平気で嘘をつく人だったと言ってもいいですか?」
「何?この恩知らずが!!!!」

倉永はその場を立ち去っていきます。発泡酒を買って歩いていると記者の八嶋が現れて色々と聞かれますが「分かり兼ねます。」と。

「市民相談室、色々と調べているのですが。掘れば何かと出てきそうで。これからよろしくお願いします。」

名刺を渡され去っていくのでした。倉永はその夜、八嶋のことを調べると食いついたら離さない記者であることが明らかに。と、その時、倉永の元に電話がなります。

「え?妻が傷害事件を?」

倉永は急いで警察署に向かいます。

「妻は何をしたんでしょうか?」

裕美は駐車中の車から降りようとしたところ自転車の男性がよろめいたのだという。そして言い争いになってしまい男性を突き飛ばしてしまったのだという。祐美も突き飛ばしたことを認めているのだという。

相手は示談には応じないと言っているらしいのですが刑事はよく話し合ってみてくださいと。

「傷害罪って…」
「全部、言いがかりよ。あっちが勝手にぶつかってきたの!振りほどいただけなんだって。誰だって手を掴まれたら振りほどくでしょ!正当防衛よ!誰もいなかったし。」

倉永はこんな時間まで出歩いているからだというと「話、聞いてくれなかったじゃない。」と倉永のせいにされてしまうことに..。倉永は懲戒免職は間逃れないのではないかと言うのでした。

翌日、新聞に裕美が企画した現代アートの絵に穴が開けられているニュースが。

息子の真也が友達の悠馬と喧嘩した時に「ごめんね」と謝ったと倉永に話をしてきます。でも友達のみんなは「悠馬くんが悪いから謝らなくてもよかった」と言ってきたのだと。

「真也が考えて謝ったんだろ?だったら、それでいい。自分で考えて行動することが大切なんだ。」

倉永が出勤すると現代アートの絵に穴が開けられて関係部署は電話が鳴りまくっています。そんな状況で祐美が不祥事を起こして対応ができないことで倉永が謝っていたのでした。

と、そこに倉永の元に祐美が傷害を起こした岩本という男から電話が鳴り、今から会いに行くことに。そう裕美にメールをすると職場に来ていました。

「裕美?何してるの、そんな格好で。」
「あのおじさんと会うの?一つお願い、嘆願書を書いてもらって。なんで私が懲戒処分を受けなきゃならないの。納得いかない!」

倉永は岩本という男に会いにいきます。すると包帯を巻いて首にコルセットをして大怪我をしたかのような風貌の男が…。

「ここは何卒、示談にしてもらえると。あと嘆願書も…」
「嘆願書を書いたら懲戒免職をじゃなくなるの?」
「おそらくは…」

「で、いくらなの?奥さんの退職金。」
「300くらいだと。」

「じゃあ、半分。150万。安いよね。」

退職金の半分を要求されることになったのです。

「それにしても、あなたはいい旦那さんだね。男とデート中に起こした事故の尻拭いなんて。」

「え、デート?おっしゃる意味が?」

「ちゃんと、見ましたよ。私は。」
「あの夜、妻は一人だったんですよね?」
「私に言わせるんですか?奥さんに恋人がいるなんて誰にも言いませんよ〜」

なんと、裕美は男とデートをしていた時に起こした事故だったのです…。

とげ 小市民 倉永晴之の逆襲 2話の感想

いちゃもんつけてお金を請求される…こう言うのって実際によくあることなんだろうなーって思う。普通なら警察呼んでもいいレベルだと思うけど、これが役所の人間だからなおさら下手に出ないといけないんでしょうね。

予想はしてたけど裕美は不倫中に事故に遭ってしまったんですね。そりゃー、本当のことは言えないですよね。でも、もしそうなら相手の男はなぜ裕美のことを助けなかったのでしょうかね。

3話、どんな展開になるのか非常に楽しみです!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!