ドラゴンボール超【65話ネタバレ】ベジータとトランクスの親子ギャリック砲が炸裂!!

ドラゴンボール超 65話「最後の審判か!?絶対神の究極の力」、いよいよ未来トランクス編も終盤といったところでしょうか。

前回、ついにブラックとザマスがポタラを使って一人の絶対神ザマスになってしまうという最悪の状況になってしまいましたが、不死身の能力は引き継いでいるようです。

スポンサードリンク

ベジータらがここまでの力を持った神を見たことがないと言っていましたが、これは破壊神ザマスや天使のウィスよりもパワーが上ということなのかな。ウィスは天使だから神ではないのかな?

このあたりのパワーバランスがどうなっているのかが気になるところではありますが、少なくともビルスよりもパワーは上ということは間違いないのかもしれませんね。

ドラゴンボール超 65話のあらすじ

絶対神となったザマスは強大なパワーを手に入れ「感じるぞ、わが身ひとつに二つのパワーが合わさっていく…」と気を高め背後に丸い光輪が現れます。

「光輪が…」
「見よ、無限に強さを高める肉体と不死身の身体を!心地よい…我が身に満ちるこの力、これこそが正義!」

ザマスはガレージを狙いエネルギー弾を放ちますが悟空とベジータははじき返します。

ベジータはトランクスにブルマを連れて逃げろと指示、ブルマは急いでタイムマシンが格納されているガレージをポイポイカプセルにしてトランクスとマイと一緒にザマスのいるこの場から離れて行きます。

ザマスは「裁きの刃」を放ち一瞬にして周囲を破壊していきます。生き残った人間たちも地下から逃げていき地上に出た人間はザマスが放った光線にやられてしまいます。ヤジロベーが地下から地上に様子を見にいくと周囲に何もなかったことから皆を呼び出します。

人間はザマスの姿を見て「あれは神様なのか?」と怯えますが、子供は「あんなのは神様じゃないよ。街をこんなにめちゃくちゃにして…」と言います。

悟空は「これが神の光の力ってやつか…」と、ベジータは「バカな…。いくら神とはいえここまでの気を放つ奴は見たことがない..。」と絶望を感じています。

光輪が出てくるって…本当にザマスって自分に酔いしれているような。子供のいう通りあんなのが神だったら絶望しかないですよね。破壊神よりもタチが悪いような気がする。

スポンサードリンク

ゴワスはこれほどの気を持つ神を見たことがないと二人が一人になったことでとてつもないパワーを手に入れたのだという。不死身のザマスと最強のゴクウブラック、二人が融合したことで融合しただけではなく力が膨れ上がり神の常識を超えた力を手に入れたのでした。

「でも、あの力をなんとかしねーとこの世界を救うことはできなんだろ?」

ザマスは悟空に「不死身のザマスをどうやって倒すのだと?」と言いますがベジータは「知らん、とにかく俺はあいつを許さんということだ!」と答えます。

ブルマは場所を変えてガレージでタイムマシンを修理することに。トランクスは戦いに参加するといいマイから最後の2粒の仙豆を受け取ります。

ザマスは語り出します。

「よく聞け。我はこの身で世界を照らす太陽なり。そしてこの輝きが正義としれ。ザマスこそが宇宙の知恵、宇宙の法、宇宙の力。人間0計画は今日、全ての命を消し去ることで完成する。そして理想の世界が完成する!」

「何を言っている、お前は俺が倒す!!」

ベジータはザマスに立ち向かっていきますが、ザマスの背後に巨大な守護神(?)のようなシルエットが登場し、「絶対のいかづち」を放ちあっという間にやられてしまいます。

「終わりだ、孫悟空。」

ザマスは悟空にも「絶対のいかづち」を放ち、さらに大地向かっても放ち始め破壊を始めます。

「これこそが正義。力も知恵も炎も光も全て神の下に戻る。人間の暴力にまみれ汚れた世界は神の神による理想の世界になるのだ。」

トランクスは建物の下敷きになりそうにな女の子を助け、ヤジロベーにザマスを倒しにいくと言います。

「もう、汚れた世界は終わりだ。」

悟空とベジータは立ち上がり「まだ終わりじゃないぞ…!サイヤ人に限界はない!!」と二人でザマスに立ち向かいます。

ザマスが「絶対のいかづち」を放ちますが二人は弾き飛ばしザマスにパンチを入れますが両手で止められてしまいます。

「神に触れようとすることがそれが罪なのだ。」
「ああああー!!!」

「神は見下ろすもの。お前たちが軽々しく触れてはいけないのだ。にもかかわらずお前たちは我にもたらした数々の屈辱!死に値する罪だ!」

ザマスは「裁きの刃」を放ちベジータと悟空を蹴散らします。

「我が正義が宇宙を満たす。今日、この日、宇宙の新章が始まる。その歴史に刻む名前はザマス。永遠の正義をうたうものだ。」

ザマスは独り言が本当に多くてキモいな…。

いまだかつて、こんなにも独り言を言ってる敵はいただろうか…。もう、何を言っているのか意味不明ですよね(笑)これ、セリフ考えた人も大変だっただろうなー。毎回、言い回しも違うし凄いと思う。

スポンサードリンク

そこにトランクスがやってきます。倒れたベジータを見てトランクスは怒り、気が膨れ上がって行きます。

「ああああ!!!俺が相手だ!ザマス!!!」
「罪人が…自らの罪に気付かない愚かな生命体!」

トランクスは「裁きの刃」を剣で弾き飛ばします。

「俺は諦めない!新しい世界を作るのはお前じゃない、俺たち人間だ!!」

ザマスが「聖なる逆鱗」を放ちます。

トランクスは「みんなの願いを込めて…ギャリック砲!!!」とギャリック砲を放ちますが押され気味になります。

「お前の負けだ!」
「俺は…あきらめない…!絶対に!」
「その通りだ、トランクス!ザマス、サイヤ人の…人間の力を侮るなよ!ギャリック砲!!!」

なんと親子ギャリック砲が炸裂!

「これが人間の力だー!!!」

二人は力を出しきりザマスの「聖なる逆鱗」を弾き飛ばしたのでした。

「小癪な人間どもめ…消えろ!!」

ザマスが放った裁きの刃はトランクスに向かっていきますがベジータが身代わりになって倒れてしまうことに。そこに悟空が現れ「ザマス!お前の光、全部消してやる!!」とかめはめ波をザマスに放ちます。

「勝てると思うな、人間ー!!!」
「負けるかー!!!」

ドラゴンボール超 65話 感想

絶対神ザマスの前に悟空とベジータ、トランクスは為す術もない状況になってますね。これだけのパワーを持ちつつ不死身の能力を持っているとなると絶対に倒すことができないと思うんですけど、やはり悟空とベジータもポタラを使ってベジットに合体する展開になりそうですね。

66話の予告でベジットに合体してスーパーサイヤ人ブルーにも変身していました。二人が合体することで絶対神ザマスに敵うのか。合体前のブラックとザマスがブラックは強かったけどザマスはそこまで強くなかったことを考えるといい勝負になるのかもしれません。

ところで、66話の予告でザマスの右半身が紫色の気持ち悪い姿になっていましたが…あれはどうしちゃったんでしょうかね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!