レディダヴィンチの診断 9話!志帆の頭痛の原因は爆破事件で娘を失った精神的ショック?

メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断

ドラマ「レディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」もいよいよ9話です。やっと、橘志帆(吉田羊)が幻覚として見ていた娘・真央(藤澤遥)が死んでしまった原因が明らかにされましたね。何らかの事故に巻き込まれてしまったのは、今までのシーンからも予想はできたことですが、まさかテロに巻き込まれていたとはね。

スポンサードリンク

しかも、もしかしたら娘を助けることができる状況だったのに死なせてしまった。母親としては本当に辛い出来事だったでしょう。あの鬼気迫る吉田羊さんの演技、凄かった。さすがですわ。

レディダヴィンチの診断 9話 あらすじ(ネタバレ)

天才ピアノ少女の藤原ひかり(根岸姫奈)はピアノコンクールに出場をしています。しかし、フルートを吹いている途中で痙攣を起こして意識を失ってしまいその場に倒れてしまい病院に運ばれるのでした。

しかし、原因を特定することができず解析診断部にやってくることに。そんな中、橘志帆(吉田羊)はひかりのことを見て「どこかで会ったことがある?」と聞きますが、ひかりは首を横に振ります。

ひかりは様々な検査を受けるものの原因を突き止めることができず、志帆は彼女に色々と話を聞いています。すると、痙攣を起こしたことは今までになかったものの以前にも何度か気を失ってしまったことがあることが明らかになります。

志帆は原因を突き止めるために田丸綾香(吉岡里帆)にお願いをしてひかりのピアノの先生の所に話を聞きに行かせます。先生によるとひかりはピアノの才能があり世界的なピアニストに育てたかったようですが、本人がいろんな楽器に手を出してしまったことからピアノの練習に集中することができなかったのです。

その頃、病院ではひかりがお茶を飲むと急に体調が悪くなり倒れこんでしまいます。そばにいた志帆が容態を確認するため背中を見ると、そこには大きな傷があることに気付きます。

志帆はこの傷に見覚えがあったのです。

この傷を見た志帆は昔のことを思い出して動揺を隠すことができません。その姿を見た北畠昌幸院長(高橋克典)は志帆の元を訪ね「大丈夫なのか?」と心配をすることに。しかし、志帆は「もう立ち直っています。」と答えるのでした。

意識がなくなる原因が特定できないって恐ろしいですね。

まあ、脳梗塞とかをまずは疑うことになるのでしょうが、まさかこんなに小さな子が脳梗塞になるなんて普通は考えもしませんからね。自分の子供がこうなったら焦るだろうな….。

ひかりはカテーテル検査の結果、狭心症であることが明らかになりました。しかし、痙攣と意識を失ってしまう原因は未だ特定することができません。帰宅した志帆は、幻影である娘・真央にひかりの治療のことについて話をします。

症状が起き始めたのはつい最近のこと。つまり、最初の何かが引き金となり連鎖的に症状が起きているのではないかというアドバイスを受けるのでした。

翌日、志帆はフルートの演奏をひかりにお願いをします。すると、突如意識を失ってしまいベッドに倒れこんでしまいます。

「ひかりちゃん?!」

志帆は冷静にただ意識を失っているだけで命には別状問題がないことを知っていました。志帆はひかりの意識障害について確信を持つことができたのです。それを証明するために志帆は脳血管造影検査を開始します。するとウィリス動脈輪閉塞症(モヤモヤ病)であることが明らかになったのでした。

モヤモヤ病は太い動脈が詰まった状態になってしまうことで血液が不足、それを補うために毛細血管が発達し血流を確保する病気で、発達した毛細血管がモヤモヤした状態に見えることからこの名が名付けられました。

ひかりはフルートを吹くことによって酸素不足状態になり痙攣を起こして意識を失ってしまっていたのでした。この病気を治すには脳手術が必要になります。

志帆は元々は脳神経外科医で専門医です。しかし、幻覚を見るようになったことで手術の第一線からは遠ざかっています。そんな状況下でも志帆は手術をすると名乗りを上げるのでした。しかし、今まで手術をやってこなかったのに突然、名乗りを上げたことに疑問を感じる仲間たち。

しかし、志帆の意思が固かったことから雪野(相武紗季)が助手を務めること任せることになります。雪野は志帆が幻覚を見ていることを知っています。そんな状況で手術をすることができるのかと問い詰めますが、志帆は何としてもこの手術は自分でやる責任があるのだと言います。

モヤモヤ病。聞いたことある。

太い動脈が詰まったら毛細血管が手助けをするって人間の体って凄いなと思いつつ、それが災いして意識を失ってしまうことがあるのはちょっと困りますね。でも、これがなきゃ即、生命の危機に晒されることになっちゃいますしね。

スポンサードリンク

志帆は2年前に娘の真央を亡くした時のことを語り出します。

2年前に起きた爆発事件の現場に志帆と真央、さらにひかりがいたのだと言います。この事件はある学生が爆破テロを模倣しカバンの中に爆弾を仕掛けそれが爆発。志帆と真央はその爆発に巻き込まれたのでした。

この時の真央は意識がしっかりしており、同じく爆発に巻き込まれたひかりの姿を見て「私は大丈夫だから、あの子を助けて上げて。」と志帆に話したのです。志帆は意識がはっきりとしていること、娘に言われたことからひかりを先に助けることにし救急車に運び出したのでした。

志帆は真央の元に戻ろうとしますが救急隊に「怪我をしているから手当てをしないと」と戻ることができなかったのです。

と、その時。

第2の爆発が起きてしまったのです。真央がいる方向に焦る志帆。すぐに近くに行こうとしますが警察に「危険だから!」と先に行かせてくれません。

次第に雨が降り出し、タンカーで運ばれる人々。と、そこに真央が持っていたクマのぬいぐるみが乗ったタンカーが運ばれてきます。そこには動かなくなって冷たくなった真央の姿が…。

「嘘でしょ?真央!真央を助けて!!」

号泣し叫ぶ志帆でした。

真央が命を掛けて繋いだひかりの命を助けないと真央の死が無駄になってしまう。だから、志帆は何としても自分の手で光を助けないといけないと思ったのです。この話を聞いた雪野は「今度は自分が助ける番だ」と志帆をサポートすることを心に誓うのでした。

翌日。ひかりの手術当日です。

病院に向かおうとした時、志帆は激しい頭痛に見舞われることに…。そして、その場に倒れこんでしまい意識を失ってしまいます。病院では手術準備が進められていますが志帆が来ないので電話をします。しかし、意識を失ってしまった志帆は電話に出ることができません…。

レディダヴィンチの診断 9話 感想

やっと、志帆の娘が亡くなった理由が明らかになりました。

まさかテロに巻き込まれていたとは…。許せん事件だ。でも、自分の娘を後回しにって…普通できるかな?自分が医師じゃなかったら真っ先に真央を助けたんだろうけど、志帆が医師だった故に招いた悲劇…とも言えるかもしれません。

あと、志帆の頭痛と幻覚の原因が突き止められていませんね。娘を失ったという喪失感から生まれる精神的なものなのか、それとも、他に何か原因があるのか。次回、10話最終回でその謎が全て明らかになることになります!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!