突然ですが、明日結婚します 2話ネタバレ!神谷があすかにプロポーズをして名波との三角関係に発展!

突然ですが、明日結婚します

月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の第2話です!前回のラストで高梨あすか(西内まりや)は名波竜(山村隆太)の二人がいい感じになり付き合うことになるのかなと思わせましたが、あすかは結婚を前提に付き合わないと納得しない女、名波は絶対に結婚をしたくない男という根本的な考えの違いからすれ違うことになってしまいました。

スポンサードリンク

第2話では二人は分かち合うことはできるのでしょうか?

「突然ですが、明日結婚します」2話 あらすじ(ネタバレ)

▶︎ 1話:初回視聴率はヤバそう?山村隆太の演技が意外とイケてた!
▶︎ 2話:神谷があすかにプロポーズをして名波との三角関係に発展!
▶︎ 3話:あすかが名波に変えてみせる宣言!
▶︎ 4話:価値観が違いすぎる二人は大変だ!
▶︎ 5話:莉央(中村アン)と小野が交際に発展し美女と野獣カップル誕生!
▶︎ 7話:スキャンダル報道を受けあすかと名波がついに破局!
▶︎ 8話:あすかと神谷がついに交際か?名波はモスクワに異動に!

高梨あすか(西内まりや)は名波竜(山村隆太)が出演している朝の番組を見て嫌気をさしています。

あすかは名波に告白されたものの結婚については考えることができないとあすかがその場を去っていってしまったのでした。

名波はテレビで縁があれば結婚は考えていると話をしていたことに「はあ〜!?」と思わず大声を出してしまいます。

会社に行くと小野広紀(森田甘路)が「また宅飲みをしよう!」と話しかけています。小野は桐山莉央(中村アン)のことを狙っているのです。あすかは「莉央は結婚願望が全くないよ」と言いますが「だから振り向いてもらえるように頑張る」のだと言う。

あすかは外回りに。すると神谷暁人(山崎育三郎)とバッタリと出会い人気の喫茶店でコーヒーをテイクアウトします。

その頃、名波はテレビ局のエレベータで桜木夕子(高岡早紀)とバッタリと出会います。

「あの子、彼女?趣味変わったんじゃない?」
「違います。」

神谷とあすかはその場で別れます。すると名波とバッタリと出会ってしまいます。

「…結婚願望、ゼロではないんですね?今朝見ました。」
「あー。台本にあったから。」
「ですよね。」

「ねえ、あのさ。」

すると名波はファンの女の子に囲まれてしまい話を塞がれてしまいます。

「ばあか。」

あすかはその場を去っていきます。

その夜。あすかは莉央、桃子(岸井ゆきの)の三人は留守香奈(椿鬼奴)のお店で飲んでいます。留守はお見合いをすればいいのではと言いますがあすかは恋愛をして結婚をしたいと荒れています。

「本気で愛した人が結婚願望なかったから諦めるの?」
「はい。ずっと抱いてた夢なんです、専業主婦。」

留守は新たな出会いを探せと言います。すると桃子は料理婚活が開催されるのをインターネットで見つけ3人で行ってみることにします。

早速、3人は料理婚活へ繰り出します。料理をしながら男性と世間話をしながら料理をし親交を深めて行くのです。あすかは男性に専業主婦志望だと話をしますがなぜかドン引きされることに。

「働きたいんですか?」
「専業主志望なんです。」
「素敵じゃないですか。実は、僕も専業主夫志望なんです。誰か友達いたら紹介してくださいね。」
「…もちろん!」

3人は終わってからラーメン屋で反省会。

「ロクのがいなかったね。」
「そうだね。」
「小野さんの方がいいかも。」

意外な言葉にあすかと桃子は驚いてしまいます。

「周りと比較するとそんなに悪くないのかなって。ペット的な感じ?」
「人って変われるもんですねー。」

この言葉を聞いてあすかは名波の気持ちを変えれるのではないか…そう思うのでした。

この3人はかなり婚活に行ってるみたいだし普通にモテると思うんですけどねー。こんなに苦労していることに少し驚いてしまいますわー。

まあ、人は見かけだけじゃないから、何か問題があるのかもしれませんが。

ある日の朝。

「おい、起きろ。ナナリュー!」

小野は名波を起こしにきています。すると小野にキスをしようと引き寄せますが紙でなんとか防ぐのでした。今日、小野の部屋に3人が来ると言いますが名波は仕事があるのだと言います。

「ええ?俺一人じゃ盛り上がらないしさ、協力してよ。」

名波はあすかが料理婚活に来ていた写真を見て「ふうん。」と思うのでした。

その夜。あすか、莉央、桃子は小野の部屋に行きます。桃子は「あの…小野さんだけ?三上さんは?」と聞きますが「呼んでいない」と言われて完全に落ち込んでしまいます。

「ちょちょちょ…この会、誰得?」

桃子は莉央に言うのでした。

莉央は「頑張って小野さんが料理してくれたんだからさナナリューいないからって落ち込みすぎ。」と言います。すると、名波が早く仕事が終わって帰って来ました。

5人はワインを飲みながら小野が作った料理を食べています。

料理ができるできないという話になり莉央と名波は料理は一切作らないと言います。桃子は老後が心配じゃないのかと聞きますが「だから働いてお金貯めているんじゃない。」と言います。

「でも、いつまで働けるかわからないじゃないですか。」

すると小野が「大丈夫、莉央ちゃんには俺がいるから!」と前に出て来ます。

「ま、最終手段だけどね。」
「!」
「やりましたね、昇格しましたね!」
「うん!」

小野は嬉しそうにワインをがぶ飲みします。

….

「なんか少し仲良さげ。」

莉央と小野は何気に仲良くなって行ってします。桃子は「あすかもチャンスだよ。」と名波にプッシュするように言います。気を使った桃子はベランダから中に入っていきます。すると入れ替わりで名波が入って来ます。

「いい出会いあった?小野から聞いたよ。料理の婚活。結婚相手探してたんでしょ。」
「あ〜。別にいきたかったわけじゃないけど。」
「じゃあ、行かなければいいのに。なんかムカついた。」
「そうやっていつも口説いてるんですか?」
「違うよ。」

「じゃあ、この前のあれは?」
「あ〜…好きになってもいい?」

あすかは結婚して専業主婦になるということは大切なことだと話をします。

「あなたは馬鹿にすると思うけど。」
「専業主婦は凄いと思うよ。自分の生き方を持っている人を尊敬するよ。だからこのままでいいと思うよ。でも俺には理解できない。結婚は。」

「変わらないの?」
「変えられないと思う。」
「ずっと?」
「ごめん。でも、一緒にいたい。」

あすかは「意味がわからない」と部屋の中に入って行ってしまうのでした。

うーん…最初から結婚を前提に付き合うってかなりハードルが高いように感じるんだけどなー。

まあ、年齢にもよるんだろうな。もし、あすかが20代前半とかなら普通に付き合っていたのかもしれませんが、30歳近くになると結婚を考えてしまうもんですかねー。

翌日、あすかは仕事に全く身が入りません。

「あの人とはもう無理!頭固いというか頑なというか。」
「人のこと、言えないじゃない。」

莉央は名波が結婚をしたくない理由は何だろうかと言います。あすかはそのことを全く考えたことがありませんでした。

その頃、名波は新しい番組「ココロ・シアター」の打ち合わせをプロデューサーや三上、桜木の4人で打ち合わせをします。

そして、打ち合わせが終わります。

「じゃあ、私も帰ろうかな。表まで送って。」
「いいですよ。」

名波と桜井は歩いて話をしてます。

「旦那さん、お元気ですか?まだ一緒にいたんですね。」
「そういうのはマスコミの方が詳しいでしょ。」

二人がタクシーに乗り込みます。すると神谷に用事がありたまたま近くを通りかかったあすかが二人が一緒にいるところを目撃してしまうことに…。

凄い偶然だな….。こんなタイミングよくタクシーに乗り込むところを目撃するなんて。

スポンサードリンク

あすかは神谷の元にたどり着きます。すると三上と一緒に打ち合わせをしていたのでした。

「あれ?あすかちゃん?」
「知り合いですか?」

三上は飲み仲間だと言います。

「せっかくだし上で一杯どうですか?」

3人はホテルのバーで飲むことにします。あすかはお酒が進みます。

「今日のお酒美味しいな!」

あすかと神谷はかなりお酒が強いようで三上は早朝に生放送があるからと言い帰って二人きりになってしまいます。

翌朝、メイク室で三上と名波が一緒になります。

「そうそう、あすかちゃん。お酒強いな。たまたま知り合いの人と一緒になっちゃってね。そしてら二人いい感じでさ、帰って来ちゃった。」
「…へえ。」

三上がメイク室から出て行くとそこに神谷の姿がありました。三上と神谷は昨日飲んでいた話をしていたことであすかと二人で飲んでいたのが神谷だったことを知るのでした。

その日の昼、名波はLINEで「今夜、飯行かない?」とあすかを誘いますが「何のために?」と断られてしまいます。

(会いたいから。)

あすかは複雑な表情をするのでした。

これだけ断られているのプッシュする名波も凄いですね。

結婚することしか考えていないあすかにとっては本当に「何のために?」という気持ちが本音でしょうね。でも、その思いと裏腹に好きになって行ってしまう自分が心の奥底にいることを感じ取ることになるんでしょうね。

さあ、二人は再接近することになるのか?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!