嘘の戦争 5話ネタバレ!仁科晃も事件の首謀者で浩一は怒りに満ち溢れることに…

嘘の戦争

嘘の戦争 第5話です!前回は興三(市村正親)が一ノ瀬浩一(草なぎ剛)の一家が消された事件のもみ消しを依頼した人物が代議士の四条綾子であったことが明らかになり、少しずつ事件の真相が暴かれてきましたが、5話では事件の発端となった当時の大学生だった九島亨(平岳大)が登場することになります。

スポンサードリンク

嘘の戦争 5話 あらすじ(ネタバレ)

▶︎1話:浩一が復讐する犯人・アザのある男は誰?
▶︎2話:浩一は仁科家に近くため楓にキス!十倉ハルカと三角関係に?
▶︎3話:一ノ瀬が詐欺師になった原点とも言える三輪刑事が謝罪し意外といい人だった。
▶︎ 4話:ユウジが浩一を裏切り、ハルカも楓に嫉妬し仲間割れ?
▶︎ 6話:養護施設の三瓶守(大杉漣)が仁科と関わりがあり怪しい?
▶︎ 7話:仁科晃があっさりと失墜し六車(神保悟志)が姿を現す!
▶︎ 8話:浩一がハルカを相棒と認める!父親と三平守との関係も明らかに!
▶︎9話:浩一がカズキと百田に裏切られ警察に逮捕!?ついに最終章に!

一ノ瀬浩一(草なぎ剛)はパイロットの格好をしています。八尋カズキ(菊池風磨)にタイでパイロットの訓練を受けたと言いますが「嘘だろ?」と。しかし浩一は「人を騙す前に自分を騙すんだ。」と詐欺師の鉄則を話するのでした。

CAになりきっている十倉ハルカ(水原希子)とホテルの部屋と落合い、二人で歩いています。そして帝都中央銀行の九島亨(平岳大)とわざとぶつかってワインを落として接触を計るのでした。

九島亨は上司の娘と結婚をするものの職場の女性と不倫を今もしている。副頭取を務めた九島の父親のおかげで今の仁科コーッポーレーションがあることも明らかになったのでした。

ワインを落とした代わりに浩一とハルカ、久島とその愛人の愛人の五十川芙美(真飛聖)と一緒に飲むことに。九島は自分の自分話をして盛り上がっていますが芙美は少し疲れたと行って部屋に帰っていきます。ハルカは彼女について行って一緒の部屋で飲み直すことになります。

浩一とハルカは事務所に戻ります。

「結構、面白い話を聞けたよ。芙美さん、亨さんの弱みを握っているみたい。」
「破滅してやろう。それが終わればあとは二人だけだ。久島は大手銀行の肩書きがよりどころだ。だからそれを奪う。全部失って一人で地獄に落ちろ。」

百田ユウジ (マギー)のワインバーに行く浩一。カズキが二科隆(藤木直人)のパソコンに仕込んだウィルスから仁科家のパソコンを監視しています。すると、二科隆がバーに入ってきます。

「入って行くのを見たので。」

二科隆は「千葉という人物を知っているか?仁科家にとって脅威になりそうなんだ。」と浩一に聞きますが「千葉って誰ですか?知りません。」と話すのでした。と、そこにハルカが「お腹すいた…」とバーに入ってきます。

「まだ何か?」
「いや、失礼する。」

二科隆はその場を去っていきます。

「あの女、どこかで会った気がする。」

二科隆は浩一にとってかなりの強敵になりそう。

久島はハルカと連絡を取り合い投資の相談を受ける話をメールでしています。

(今夜空いてます?)

その頃。浩一は二科隆が千葉真一宛に送ったメールを読んでいます。

(あなたの目的は?会って話がしたい。)

仁科楓(山本美月)から「ちょっと話したいことがある。」と電話が掛かってきて二人で出掛けて行きます。すると、その後ろ姿を見たハルカは嫉妬してしまうことに。

その夜、ハルカは九島と一緒に飲んでいます。

「不思議…亨さんと一緒にいると安心する。今夜はずっと一緒にいて。」
「いいけど、一条さんは?」
「彼には気になる人がいるの。彼が本気であの子のことを好きになってしまったらどうしよう。怖いの。」

ハルカは本音を九島に話をするのでした。

その頃、浩一と楓はレストランで食事をしています。楓はもう数年も父親とは話をしていないのだと言います。子供の頃に仲が良かった子がいて工場を営んでいたのだと言います。しかし父があっさりと見捨ててしまい家族は無理心中をしてしまったのだと…。

「浩一さんは許せる?なんでも切り捨てる父を。」
「うん。許すよ。怒りなんてずっと抱えても苦しいだけだよ。忘れられるなら忘れるし、その方がずっと楽だよ。」
「誰かいるの?浩一さんが許せない相手。」
「いないよ、どうして?」
「なんとなく。」
「家族が一つになるために楓も動かないと。」

その頃、浩一の事務所に怪しい人影が…。

翌日、浩一は九島の元を訪ねます。

「実はお願いが。これ、ロスに住む友人から預かった美術品なんですが、私はフライトがあるので代わりに渡してくれませんか?」
「なぜ私に?」
「こないだ話して信頼できるのは九島さんしかいないと思ったんです。」

浩一が事務所に帰ると何者かが侵入した形跡を発見します。そしてコンセントを開いてみると盗聴器が仕掛けられていたのでした。浩一はこうなることを予想していて見られてもいいものしか部屋に置いてなかったのです。

「連中は何を探しているんだ?」
「録音テープです。あれが流出したら仁科コーポレーションはえらいことになる。」

その夜、楓は実家に帰ります。

「会ってほしい人がいるの。」
「一ノ瀬という男か。」
「紹介したいの。家族になるかもしれない人だから。…ダメならいい。」
「何年振りだ。こうやって二人でお茶を飲むのは。もう一杯だけ付き合ってくれないか。」

楓は頷くのでした。

ハルカと九島が二人でいるところを愛人の芙美が目撃してしまいます。そして、そこに浩一の姿も。

ハルカが九島に話していることは本音なんだろうなー。このまま楓のことが本当に好きになってしまうんじゃないか不安で仕方なんでしょうね。それでも、ちゃんと仕事をするところがよくできた女だ!

スポンサードリンク

芙美と浩一は公園に行って話をします。

「彼、私とは別れないもの。私を怒らせたら亨は銀行にいられなくなる。」
「わかってないな。亨さん、ハルミ(ハルカ)に言ったそうですよ、銀行をやめてもいいって。ハルミのためなら離婚をしていいって。ハルミなら若いし子供も作れる。」

「まさか、嘘よ。今までそんな話一言も!」

浩一は二科晃(安田顕)に呼び出されます。楓が数年振りに興三と話をしたことで上機嫌になっていたのでした。

「一ノ瀬くんが説得してくれたんだろ?君は救世主だ!」

二人は浩一の事務所に行って飲み直すことに。

「浩一くん、将棋やるの?」

二人は将棋をして楽しみ、野球チームを作ろうという話をして盛り上がります。

翌日、九島は浩一から頼まれた品物を届けにある部屋に行きます。すると警察に扮したマギーが現れます。

「麻薬取締部のものです。実は、今日ここで取引があるという情報がありまして。そちらのケースは?」
「知人から預かった美術品だ。隣の部屋の人に渡すつもりだったんた。」

すると中から白い粉が..。

「俺は頼まれたんだ、一条(浩一)という男に!」

すぐに確認をするもののパイロットに一条という男はいないと言う。すると九島はその場から逃げ去って行きます。すぐさま浩一は九島に電話をします。

「一条さん、あんたね!」
「荷物どこやった?大変なことをしてくれたね。時価一億の品なんだけどどうしてくれる?」
「警察に行く。」
「いいよ、あんたも共犯だよ。」

浩一は血だらけになった定食屋のおばちゃんの写真を九島のスマホ送信します。その写真をみた九島は腰を抜かしてしまうのでした。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!