突然ですが、明日結婚します 4話ネタバレ!価値観が違いすぎる二人は大変だ!

月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の第4話です!高梨あすか(西内まりや)は名波竜(山村隆太)は色々とありましたが晴れて付き合うことになり正式に恋人同士になりいい感じになり、4話でも冒頭からデートでウキウキのシーンからスタートします。

スポンサードリンク

しかし、そんな中で元彼女の桜木夕子(高岡早紀)や神谷(山崎育三郎)など、ライバルが浮上し波乱の予感が….。

「突然ですが、明日結婚します」4話 あらすじ(ネタバレ)

▶︎ 1話:初回視聴率はヤバそう?山村隆太の演技が意外とイケてた!
▶︎ 2話:神谷があすかにプロポーズをして名波との三角関係に発展!
▶︎ 3話:あすかが名波に変えてみせる宣言!
▶︎ 5話:莉央(中村アン)と小野が交際に発展し美女と野獣カップル誕生!

高梨あすか(西内まりや)は名波竜(山村隆太)は付き合うことになります。ある日、仕事が終わった後にデートをすることになりウキウキになっています。

(今どこ?)
(目の前。ちょっと右。)

名波はマスクをして顔を隠して待っていました。二人は話しながら歩き出します。名波は手をつなごうとしますが、マスク姿が逆に目立っていて手をつなぐことをやめます。名波はポケットに入れてた三上響(沢村一輝)からもらったスパのチケットがあることに気づきます。

二人で岩盤浴に入っていい感じになっている時に名波のスマホが鳴ります。桜木夕子(高岡早紀)からでした。電話に出なかった名波でしたがLINEが入ってきて「もうダメかもしれない…」と。名波は「ちょっと桜木さんのところに行ってくる…。ごめん。」とあすかを置いて去っていきます。

名波は桜木の自宅に行きます。すると桜木は一人でご飯を食べていました。

「今日、結婚記念日ですよね?何があったんですか?」
「出て行っちゃった。」

一人置いてかれたあすかは一人で家に帰ってきます。

「これ、ワインによく合うのよ?食べる?」
「今後は直接連絡をしないでください。」
「死んじゃうと思った?」
「ふざけないでください。今、真剣に付き合っている人がいるんです。」

桜木は助けてほしいなんて言っていないと言いますが、名波は「辛いなら別れたらどうですか?」と言います。

「明日の番組の打ち合わせをしない?」

しかし、名波は早く帰ろうとします。

「今夜、一緒にいてくれない?一人でいたくないの。」

自分の部屋に戻ったあすかは上着を着たままベッドの上に寝転がり、桜木夕子の男性遍歴について調べ出します。

本当になんで岩盤浴の中にスマホを持ってきてるんだよ..。しかも、彼女を置いて元彼女のところに行ってしまうって本当にあり得ないと思うんですけどね…。

名波は桜木の自宅に留まっています。

「なんか、不思議。あなたがそこにいるのが。」

さすがにあすかに悪いと思ったのか席を外して電話を掛けます応答がありません。あすかはお風呂に行っていたのでした。戻ってからスマホを確認すると(今日はごめん。)といいうメッセージが。あすかが折り返すと名波はたまたま席を外しており、桜木が電話を切って履歴から消してしまうのでした。

名波は朝の番組があると「もう、連絡はしません。」と言い去って行きます。

ある日、あすかと神谷暁人(山崎育三郎)がインタビューを受けたVTRが朝の番組で放送され、あすかの会社では大騒ぎになり盛り上がっています。すると神谷がやってきて「いやーおさわがせしました。あれ、冗談なんです。ということで僕たちは付き合っていません。」としっかり状況を説明するのでした。

「私、付き合い始めたんです。」
「あの結婚願望がないって人と?」
「はい。」
「どっか。」

名波は(時間がある時に連絡してくれないかな?話がしたい。)とLINEを入れます。しかし、あすかはメッセージを見ただけでそのまま仕事に戻って行きます。

神谷はテレビ局のメイク室に入り名波についてスタイリストから情報を聞き出しています。

「さっき、名波アナと桜木夕子が親密そうにしてるところを見ちゃって。」
「うっそ、まだ終わってないの?」

この話を聞いた神谷は二人の関係を疑い始めています。

翌日、神谷はあすかから仕事の書類を受け取るために会っています。

「そういえば、名波アナにあったよ。もしかしてだけど、彼氏じゃないよね?」
「違いますよ。」
「それならよかった。偶然見かけたんだけど付き合ってるみたいな雰囲気だったから。テレビ局の人に聞いたけど旦那さんとの離婚を進めているらしいよ。」

この話を聞いてしまったあすかは神谷の話が全く入ってこなくなってきます…。

うまく行き始めたと思ったらまた歯車が狂い出す..。

その夜、あすかは留守香奈(椿鬼奴)のワインバーで桐山莉央(中村アン)と牧瀬桃子(岸井ゆきの
)の3人で飲んでいます。あすかは名波に置き去りされたことについて激怒しています。

「ちゃんとナナリューに話を聞かないと。」
「電話切られたんだよ!」
「仕事で忙しかったんでしょ。」

すると「女でしょ。」と一刀両断。その頃、名波は小野広紀(森田甘路)のマンションであすかから全く連絡がないことで「怒らせてしまったかな…。」と思っています。名波はあすかに電話をしますが、あすかはそのまま電話を切ってしまいます。

「えーー??」

(会って話がしたい。)

「この前、なんかで読んだんだけど問題を解決しようとしないカップルは別れて、問題を解決しようとするカップルは長続きするらしいよ。」

莉央と桃子はあすかを連れて小野のマンションい行きます。そこには小野と名波の姿がありました。

「ねえ、ちょっと話せない?」

あすかと名波は小野のマンションのベランダに出ます。

「ごめん、この間は本当にごめん。」
「置き去りでしたから。そんなに桜木夕子が心配なの?相手は大人ですよ。」
「不安定な人なんだ。最悪なことを考えていたって。」

あすかは連絡くらいしてくれてもいいと言いますが、名波は連絡をしたと。

「着信はあったけど、掛け直したら切ったじゃん。」
「え?」
「なんで、あんなことをしたの?」
「掛かってきてないよ?」
「掛けたよ。」

「あ…あん時か。俺が席を外した時。ごめん。」
「わかった。離婚進めてるんでしょ?神谷さんがテレビ局で聞いたって。」
「辛いなら別れたらって言った。一緒にいても幸せに思えない人といる感覚が俺には分からない。別れたくても結婚という制度は縛り付けて苦しめている。だから結婚は嫌なんだ。」

部屋では莉央が小野のマンションに泊まっていたとかどうとか盛り上がっています。その時、あすかがベランダから入ってきて「すみません。先、帰ります。」とマンションを出て行ってしまいます。

「え?高梨?どうした?」

あすかと名波は結婚の話になると、本当に話が合わないですね。もう、根本的に考え方が違うんだろうなー。普通ならこの時点で終わると思うんだけど、どうなるのかな。

スポンサードリンク

バレンタイン当日。朝の情報番組ではチョコレートの話題で盛り上がっています。

「今日、ナナリュー、元気ないわね。」

あすかの母親はナナリューが大好きでテレビ画面越しでもそれが分かるようです。あすかも全く元気がない状態で、会社では小野に「ナナリューは高梨のことを本気だと思うよ。」と励まされることに。

「どうぞ。」

神谷がチョコレートを持ってきました。

「今では男でもチョコレートをあげるみたいだよ。いつもお世話になってるからさ」

あすかは誰にもチョコを準備していませんでした。

「彼氏のための日か。」
「誰にも何も用意してません。」

「何かあった?最近元気なさそうだから。」
「本当に?前に彼が結婚願望ないって言ってたよね。もしも、その人が5年後も10年後も結婚しなかったらいいの?」
「どうしてそんなことを?」
「僕なら高梨さんの願望を叶えられるからさ。」

神谷は諦めきれてないんですねー。というか超ポジティブだよね、普通はこんなに振られていたら引くと思うんだけど、前しか向いていない。

あすかは留守香奈のワインバーに一人で行きます。バレンタインデーはカップル禁止にしたそうでお客さんはゼロです。あすかは香奈にタロット占いをしてもらいます。

「今のあすかちゃんの状況、ちゃんと現れている。価値観の違う二人が惹かれあった。慎重になりすぎるとタイミングを逃しちゃう。最初は付き合わないと思ったのに付き合ったんでしょ?なんで?その答えに従いなさいって出てる。」

あすかは神谷からもらったチョコレートを留守香奈と一緒に食べて家に帰っていきます。その頃、名波はナレーションの収録をしています。

「彼の残した言葉に恋人同士の喧嘩は恋の更新なりというものがあります。今尚、恋の名言として知られています。」

仕事を終えた名波は歩いていると目の前にあすかが笑顔で現れます。

「じゃあ、これ、どうぞ。ハッピーバレンタイン。」

袋の中には少し前に名波が好きだというコイン型のチョコレートが山のように入っていました。

「ありがとう。」

あすかは「じゃあ、寒いから帰る。」と去っていこうとします。すると名波はあすかを抱きしめ、冷たくなったあすかを温めます。

「チョコありがとう。」
「うん。結婚したくなった?」
「全然。ねえ、もう不安にさせないから。」

二人はキスをします。

翌日の夜、あすかは留守のワインバーでチョコを渡したことをいつもの3人に笑顔で話をしています。桃子は三上アナに山のようにチョコレートを送ったのだと言います。

ある日の夜、神谷から食事を誘われるあすかですが「これから予定があるので」と断ります。

「彼氏?」

あすかは頷きます。

神谷は自分のせいで仕事が押してしまったのでタクシーで送ると言います。あすかは何度も断りますが、神谷の押しに負けて名波と待ち合わせをしている場所まで送ることに。タクシーを降りるとなぜか神谷も一緒に降りてきてキスをされてしまうことに…。

そこには待っていた名波の姿が…。

スポンサードリンク

「突然ですが、明日結婚します」4話 感想

今日の番宣で最後の衝撃的な展開があるって言ってたから何があるんだろーって思ってたんですけど、神谷だったんですね…。

なかなかシツコイ男かもしれませんね。あすかもキスされた瞬間に突き飛ばせばいいと思うだけど、何を味わってるんだろう。即座に「何するんですか!」ってビンタでもかませばそれで丸く収まるのにね、展開がドラマですわ(笑)

一気に近づいたと思ったあすかと名波の二人ですが、ここで再び神谷が間に入ってきたことで三角関係に発展することになりそうですね。それをよそ目に莉央と小野がいい感じに発展しているところがいいですね。こういう二人が意外とすぐに結婚したりしてしまうんでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!