嘘の戦争 6話ネタバレ!養護施設の三瓶守(大杉漣)が仁科と関わりがあり怪しい?

嘘の戦争

嘘の戦争もついに第6話で後半に突入です!

前回、二科晃(安田顕)がOL死傷事件に関わっていた衝撃の展開を迎え、浩一の復讐心にさらに火がつくことになりました。浩一は二科楓・二科晃と一緒に二科興三に挨拶に行くところで終えましたが、意外と速く復讐相手の興三に近づくことができましたね。

スポンサードリンク

二科隆は浩一は何らかの目的で近づいていることに気付いているようで、第6話ではかなりいいところまで浩一を追い詰めることになります!

嘘の戦争 6話 あらすじ(ネタバレ)

▶︎1話:浩一が復讐する犯人・アザのある男は誰?
▶︎2話:浩一は仁科家に近くため楓にキス!十倉ハルカと三角関係に?
▶︎3話:一ノ瀬が詐欺師になった原点とも言える三輪刑事が謝罪し意外といい人だった。
▶︎ 4話:ユウジが浩一を裏切り、ハルカも楓に嫉妬し仲間割れ?
▶︎ 5話:仁科晃も事件の首謀者で浩一は怒りに満ち溢れることに…
▶︎ 7話:仁科晃があっさりと失墜し六車(神保悟志)が姿を現す!
▶︎ 8話:浩一がハルカを相棒と認める!父親と三平守との関係も明らかに!
▶︎9話:浩一がカズキと百田に裏切られ警察に逮捕!?ついに最終章に!

「ようやく、会長に会える。弱点を見抜いてやる。仁科会長、30年間、大きな嘘をつき続けた相手だ。こっちもミスを許されない。」

一ノ瀬浩一は二科興三の自宅で食事をいただいています。

「両親は….事故で亡くしたそうだな。どんな事故だ?」

二科興三は浩一に聞きます。

「覚えてないんですよね。全然、家族で旅行に出かける準備をしていたのですが…。覚えているのは病院のベッドで気付いた時で父も母も妹も全員亡くなったことを聞かされたことだけで。」

二科隆はそんな不幸に襲われてハーバードに行ったのかと聞きますが、浩一の親戚が行かせてくれたのだと。今は亡くなってしまい天涯孤独なのだと説明します。

「隆さんが探していた千葉とは何者だったんですか?」

浩一が隆に聞きます。

「解決済だ。仕事で千葉という男でトラブルに。」

興三は「ひどい嘘つきでな。父親がちょっとしたトラブルで逆恨みをした。息子は他人を使って私を脅迫していきた。」と言います。

「ひどい人ですね。」
「ああ…。クズだよ。」

「良かったですね。解決して。」

隆は浩一に「本当に楓と結婚するのか?」と聞きますが浩一は「はい。許していただけますが?会長。」と。すると興三は横に首を振ります。楓は「どうして…?」と。

「君の仕事は他人が作り上げた会社に入り込み、口を挟み、成果が上がらなくても金を取る。それと会ったばかりの他人まで命を投げ出すような人間を私は信用しない。」

楓は「何を言っているの?」と興三に問いますが「楓はまだ若い、騙されている」と…。浩一は興三の方こそ何も分かっていないと反論します。

「あなたの許しを得たいと思ったのは今までの恩があるからです。でも許してもらえないなら仕方ない…楓と二人だけで幸せになってみせます。」

浩一は楓の手を取り部屋から出て行こうとします。

「試してすまん、何も言っても怒らない、追従するだけの人間が大嫌いでな。つい、君を試してみた。面白い男だな、一ノ瀬くん。気に入ったよ。」

興三は楓と一緒に食事を楽しむことがないと思っていたと。それだけでも浩一には感謝をしないといけないと。

「じゃあ、許してくれるのですか?」
「ああ、今すぐここで婚約してくれればいい!大事な娘を幸せにすると誓えるかね?」
「ええ、神に誓って。」
「私は神を信じてない。亡くなった君のご両親に、嘘が嫌いだという君のお父さんに…誓えるか?」

浩一は父親の言葉を思い出しています。

「…はい。誓います。」

翌日、十倉ハルカ(水原希子)は誰かに付けられています。ハルカは気配を感じ走り出し路地裏に入って様子を伺います。すると黒塗りのワンボックスカーが走り去っていきます。

浩一は楓の部屋に。

「ねえ、本気?」
「ん?嫌なの?」

「ううん。まさか。ただ、浩一さん、前の彼女にもこれ、プレゼントしなかった?」

楓は病院の中庭でハルカと出会ったのだと言います。さらに自転車で突き飛ばされた女性と似ていると…。

「あ…そうだ、千春だ!」
「やっぱり彼女なんだ?」
「とっくに別れたよ。」
「でも、千春さん、諦められていないと思うよ。」

浩一はもう一度話をしてみると。

その頃、隆は「本当に一ノ瀬を受け入れるのですか?」と興三に話しています。すると興三は「あの男は危険だ。穏やかな笑顔の裏で何を考えているのか、まるで読めない。そばに置いて監視する。」と言います。

興三はわざと内輪に入れて様子を見ようとしているのでした。もし何かあったら六車を送ると…。

浩一は帰り際に楓の姪っ子にコアラのウーボは人間の男の子だったという伝説の話をします。その話を聞いて隆は何かに気付いて不敵な笑みを浮かべるのでした。浩一は百田ユウジ(マギー)のワインバーに行きます。

すると十倉ハルカが何者かが追われていることを知ります。

「色々とまずくなってきたな。」

八尋カズキ(菊池風磨)にハッキングした隆のパソコンの様子を確認しています。すると千葉陽一のブログを見ているようで、コアラにまつわる伝説を見ているようです。

「あ、なんか調べだした。」

(クーボという孤児が…)

「クーボ?ずっとウーボだと思っていた。」

浩一は千葉陽一のブログを見返すとそこにはウーボの文字が。

「もしかして、一ノ瀬が千葉洋一?」

十倉ハルカは「ばれた?」と浩一に聞くと「かもな。だったらもっとでっかい嘘でつき切るしかないな。」と言います。

なんでコアラの伝説の話をするんだろうと思ってたけど

隆は楓の病院を訪ね浩一を診た時に傷がなかったかと聞きます。

「この辺り、何かが刺さったって言ってた。」

興三は千葉陽一はどのあたりに傷があったのかを聞きます。隆は秘書の四谷果歩(野村麻純)を尾行させて養護施設の三瓶守(大杉漣)と接触していることを突き止めます。

その夜、浩一は楓に千春が納得してくれたことを話します。すると、レストランにハルカが押しかけて来ます。

「なんで来たんだよ。」
「許せない、結婚なんて。」

「わかってます。私の知らない何かを抱えているとか。どうしようもない怒りみたいなもの…。浩一さん、たくさん苦労をして来たんだろうな。彼の抱えてる何かを少しでも軽くできたらなって思ってます。」

「本当に?この先、何があっても許せる?」
「はい。」
「本当ね?」
「私、嘘は嫌いなので。」

「….いい子じゃん。浩一をよろしくね。」

ハルカはレストランから出て行きます。そして外から浩一と楓が楽しく話をしている姿をみて「馬鹿馬鹿しい…。」と一言。

顔色変えずに楓と浩一の婚約を認めることができるハルカが凄いな…。普通だったら、耐えきれずにこの場にいることができないと思いけど。

本当に詐欺師の素質があるんだな。ハルカの気持ちを考えたら切なすぎるけどね…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!