ドラマ【フランケンシュタインの恋】あらすじとキャスト、原作について!綾野剛がイケメンの怪物に!

フランケンシュタインの恋

2017年4月から放送が開始される日テレの日曜22時30分のドラマは綾野剛さん主演で「フランケンシュタインの恋」という美女と野獣的なドラマがスタートします!

綾野剛さんのどこが怪物なのかと疑問を持ってしまいますが、見た目はカッコいいけど実は200年前に作られた怪物ということで、見た目は若いけど中身は100年前の知識を持った怪物….そんなフランケンシュタインが現代の女性に恋に落ちていくという物語になっているようですね。

スポンサードリンク

なんか、今までにない雰囲気のストーリーでなかなか面白そうですね。日テレの日曜ドラマは結構しんみりとするドラマが多く、個人的に結構好きなのでちょっと期待してしまいますね!

ドラマ「フランケンシュタインの恋」の原作、脚本、演出について

  • 日本テレビ:2017年4月23日(日)22:30〜
  • 原作:オリジナル
  • 脚本:大森寿美男(精霊の守り人、モンタージュ~三億円事件奇譚~、64(ロクヨン)、悪夢ちゃん…)
  • 演出:狩山俊輔(レンタル救世主、エンジェルハート、ど根性ガエル…)、茂山佳則(時をかける少女、ゆとりですががなにか、掟上今日子の備忘録 …)
  • 主題歌:RADWIMPS「棒人間

フランケンシュタインの恋は原作はなくドラマオリジナルのストーリーが描かれることになります。が、原案となっているのは誰もが知っている1818年にイギリスの小説家メアリー・シェリーが出版したゴシック小説「フランケンシュタイン」ですね。

フランケンシュタインが怪物かのようなイメージがありますがフランケンシュタインは怪物ではありません。フランケンシュタインは科学者であり、生命の謎を追求するうちに墓に眠っている遺体をつなぎ合わせて怪物を誕生させたのがフランケンシュタイン。

だから、ドラマのタイトル通り「フランケンシュタインの恋」だと怪物を生み出している科学者が恋をしているお話になってしまうのですが、綾野剛さん自身が怪物という役柄になっているので、この辺りがどうなっているのかが気になるところですね。

脚本はNHKのファンタジードラマ「精霊の守り人」やフジテレビのスペシャルドラマ「モンタージュ~三億円事件奇譚~」の脚本などを手掛けている大森寿美男さん。個人的に好きな作品が多いので、期待しちゃいますね。演出もこの時間枠で活躍している方々が参加しているドラマとなっています。

登場人物とキャスト

怪物:綾野剛

今から100年前に作り出された怪物で100年もの間、人間から身を潜め孤独に生きてきた。永遠の力と人並み外れた力を持っているが心が爆発するとさらなる変体をしてしまい人間に触れると命を奪ってしまうと。人間の生活に憧れを持ち一人の女性を愛することに。

主人公の怪物を演じるのは綾野剛さん。連日放送されているドコモのCMに出演をしているので見ない日がありませんが、綾野剛さんは2003年に「仮面ライダー555」でデビューし数多くの作品に出演。2010年の「Mother」でブレイク、その後も2015年のドラマ「コウノドリ」や2014年の「すべてがFになる」、また2017年の映画「新宿スワンII」などで主演として出演をし活躍をしています。

津軽継実:二階堂ふみ

津軽継実は大学の農学部に通っている女子大生で菌の研究をしている。体が弱いことから死を意識して生活をしてきたことから、どこか冷めたところがある、ある日、怪物と出会ったことで恋に落ちていくが津軽継実が彼を怪物だとは知らない。

怪物と恋に落ちる女性を演じるのは二階堂ふみさん。ファッション雑誌ニコラの専属モデルなどでモデルとして活躍をし、2007年にドラマ「受験の神様」で女優デビューを果たし2009年の映画「ガマの油」でスクリーンデビューし数多くの作品に出演をしています。最近ではドラマ「そして、誰もいなくなった」や「Woman」などに出演、またバラエティ番組の「ぐるぐるナインティナイン」のコーナー「ごち」のレギュラーとしても活躍しています。

稲庭聖哉:柳楽優弥

稲庭聖哉は継実と同じ大学の研究室に所属している大学院生でヒョイなことから怪物と一緒に住んでいる。継実のことが好きで事実上の怪物との恋のライバルになる。

柳楽優弥さんは2003年にドラマ「クニミツの政」で俳優デビューし、2004年の映画「誰も知らない」で主演に起用され、この作品で「第57回カンヌ国際映画祭 男優賞 」を受賞。他にも「キネマ旬報ベスト・テン 」で新人男優賞を取るなどこの年の賞を総なめ。その後、数多くの作品に出演するもののプレッシャーにより一時休業するも2012年ごろから復活を果たし今ではドラマや映画には欠かせない存在になっています。最近はドラマ「ゆとりですがなにか」でおっぱいと叫びまくっていたのが印象的でした。

室園美琴:川栄李奈

室園美琴は不幸な家庭で育った元ヤンキーで。素直になることができない性格で、稲庭の父親に拾われて大工職人になり、聖哉のことに心惹かれている。

天草純平:新井浩文

天草純平はラジオ番組のレポーターをしている。怪物は彼のラジオが大好きで、怪物の恋の良き相談相手でもある。

稲庭恵治郎:光石研

稲庭恵治郎は聖哉の父親で工務店の社長をしている。居場所のない人を雇い職人に育てている。

鶴丸十四文: 柄本祐

鶴丸十四文は継実と聖哉の大学の担当教授で農学博士。怪物の細胞を使えば死のない世界が手に入ると気付き、人にとって正しいことなのか悩んでいる。

スポンサードリンク

あらすじ(ネタバレ)

今から100年前。怪物(綾野剛)として生を受けた男がいた。しかし彼は危険な秘密を抱えており人間と一緒に生きていくことができず、姿を消します。

…それから100年の月日が流れる。

2017年の日本の森の奥に怪物が現れます。永遠の命と人並み外れた力を持っています。しかし、彼の心は誰よりも人間で無理とわかっていながらもいつか人間と一緒に暮らすことを夢見ている。怪物はラジオから聞こえてくる人間世界に興味を持ち、人間が捨てたものをかき集めて人間に憧れているのでした。彼は怪物でありながらも、キュートで優しく、心は誰よりも人間だったのです。

そんなある日、怪物は大学に通っている女性・津軽(二階堂ふみ)と出会うことに。自分のことを受け入れてくれるわけないと避けるが人間と話したい、笑い合いたいと願うように。そしていつしか怪物は津軽に恋をしてしまいます。

しかし、怪物に触れると命を奪ってしまうという秘密があるため人間と触れることができないのでした。触れたいけど傷つけたくない、好かれたいけど嫌われたくない。人間への“温かい感情”が、やがて怪物を苦しめていくことに…。

ドラマ「フランケンシュタインの恋」の見どころ

綾野剛さん、カッコいいですよね。怪物化したビジュアルが公開されていますが、怪物と呼んでいいのか…?と思ってしまいます。実は怪物にはもう一段階の変身があり、最終形態が存在していることが明らかになっています。

ドラゴンボールじゃあるまいし…と思ってしまいますが怪物は心が爆発するとさらなる変体をしてしまう設定なのです。心が爆発の意味が少し分かりませんが、人が好きになったことにより心の爆発…なのかもしれません。人を好きになると抑えきれない気持ちが出てくると思いますが、怪物はそれが変身という形で現れるのでしょうかね。

ヒロインを演じる二階堂ふみさんもとても可愛い方なので、美男美女の100年越しの恋が、どのように描かれることになるのか、非常に楽しみですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

■ 関連している記事はこちら!