いつ恋 8話ネタバレ!朝陽の嘘と認知症が酷い。音と練の三角関係に発展し修羅場に!

2016/03/08
音は朝陽から渡された露出の高いワンピースを着て、父親の井吹征二郎(小日向文世)との食事会に。施設で顔を合わせているはずですが、初めて見たかのような素振りで音のことを見ます。

征二郎「美人じゃないか、今すぐにも結婚式を挙げてこい」

朝陽は征二郎に「音の父は市役所に勤めていて大学は東京に、そして介護職に興味を持って今の施設に入り朝陽と出会った」という嘘の情報を話していました。征二郎は車に荷物を忘れてきたといい朝陽に取りに行かせます。

二人きりになった音と征二郎。

征二郎「本当はどうなんですか?どこまでが嘘なんですか?」
音「…北海道から来たのは本当です。あとは全部嘘です。ごめんなさい」
征二郎「ふふふ、謝ることはないよ、これは欠陥商品ですってプレゼンするバカはいない」

音は正直に今までの生い立ちを征二郎に話をします。

征二郎「君、プリティウーマンって映画見たことある?貧しい女性が裕福な男性と出会うことでのし上がってく実にいい映画だ。貧しい者は(胸を触りながら)ココが強い。君のような人は大歓迎です」

と握手を求めますが音は無反応。そこに朝陽が戻ってきます。食事会が終わって見送る朝陽、すると音の姿は消えてしまいました。

そりゃ、消えるわなー。

嘘で固められた朝陽。これはちょっと酷すぎる。征二郎はその嘘を見破っていたのはなかななかやり手だなって思ってしまいましたが、音の経歴を聞いてもそれを受け入れたということは意外といい人だったりするのかもしれません。

いや、「欠陥商品」は言い過ぎだ。やっぱり悪い人だ。

ちなみに、朝陽は認知症で関わった園田さんのことや、一緒に動物園に行ってゴリラを見たことも忘れるほど。ってか、この出来事を忘れるって相当ですよ。彼が認知症なんじゃないかと不安に感じるくらい。

スポンサードリンク

朝陽は音を探して静恵の家に。練は「ここには来ていない」と。練は「何かあったんですか?」と聞きます。

朝陽は「携帯も切って、家にもいなくて。彼女と会ってますよね。あなたが帰ってくるまではうまくいってたんです…。申し訳ありません。ただの言いがかりです。」と言って去っていきます。

音がアパートに戻ると練が待っていました。

練「あの、杉原さん。すみません、あの。確かめておきたいことがあって。こないだおめでとうって言いましたけど間違ってないですか?幸せなんですか?」

音は立ち去ります。そして2階から「ストーカー」と一言。練は「ストーカーじゃないです。引越し屋です」と。音は笑いながら「部屋入り」と。

この状況で「引越し屋です」って対応できる練は凄いかも…(笑)
普通ならショックで言葉を発せないと思う!そして関西弁の音が姿を現わす…。なんか、このドラマに登場する女性は突然性格が変わってしまいますね…。めっちゃサバサバした音ちゃんが。

音は「座り、お茶入れるわ。お腹は?空いてへん?食べたん?」と。

練はケーキを出して音は「なんでケーキ持ってるん?」。練は「先輩からもらって、ケーキ一緒に食べません?」。音は「誰かの誕生日だったん?」と。すると練は自分を指差して「そうなんや…おめでとう」と。

音が着替えをしている時に練は自分があげた桃の缶詰がまだ置いてあることに気付きます。

二人は先輩からもらったケーキを食べています。二人ともイチゴショートが一番好きだと。たわいもない話で盛り上がる二人。音は練の誕生日プレゼントに似顔絵を描くと言い出しスケッチブックに絵を書き出します。

音「描きやすい顔ですね。」
練「ありがとうございます。元気そうで良かったです。」

音「こないだ福引でテレビゲーム当たったんです。でもテレビがないから2等に変えてもらったんです。そしてあらテレビ台だったので3等の物干しに変えてもらったんです。そしたら、みんなからゲームを売れば何万円になったのにと言われたんです」

練「でも、この物干し、良いです。うん、良いです。」
音「よかった。私が間違ってると思ったけど、同じふうに思ってくれる人がいてくれて」
練「杉原さんは間違ってないですよ。自分の思った通りで良いと思います。
音「多数決があったら一緒にいる人減って誰もいなくなります。」
練「俺は最後までそこにいます。俺は杉原さんのところにいます」
音「へー」

練「最近、ずっと。杉原さんのことを考えていました。」

音「引越し屋さん、あんな。6歳の時になお母さん死んで火葬場に行ってん。係の人に2時間少々かかるって言われて、一人で駐車場に行ってチョークで絵を描いていたん。

いつの間にか夕方になって空の色が変わってた。ちょっと怖い空やった。高いような低いようなオレンジみたいなピンクみたいな優しい、寂しい。そんなんやって。ほんまに奇麗やってん。

今までずっとあん時、見た空の話をしたかったけど誰に言っても伝わらんと思って言われへんかった。」

音「私も曽田さんのことをずっと考えていた。同じやね」
練「杉原さん。好きです。」

音が答えようとした瞬間ドアが開きます。そこには朝陽の姿が…。

スポンサードリンク

感想

こ…これは、再び修羅場の予感。朝陽は音と練の会話を盗み聞きしてたってことですよね。練が告白をして音が「私も…」と答えそうになったタイミングでドアを開けて阻止。

まあ、朝陽の気持ちも分からなくもないですけど。

5年前に突然消えた男が帰ってきて自分の女が奪われそうになっているのですから。同情したい気持ちは山々なんですけど、やっぱり嘘をついていたり認知症が発症している点がちょっと同情できないポイントなんですよね。

次回の第9話はいきなりの波乱から幕開けとなるのでしょうかね、どうなるんだろう。

まあ、音は完全に朝陽には気持ちが向いていないのは確実ですから、そのまま別れて練と付き合えばいいんじゃないかなって思うんですけど、予告では練と音は別れそうな感じでしたね。

一体、何が起きるんでしょうか。ちなみに、最終話では明日香という役で芳根京子さんが出演するようで、何か関係があるのかな?

先が読めない…!!

それにしても佐引がめちゃくちゃイイ奴になってましたね。練の誕生日にケーキを無言で渡す。カッケー!男に誕生日にケーキを渡すってなかなかしませんけど、やっぱり同じ郷ってこともあって可愛い後輩として見てるんでしょうね。

→ いつ恋 9話

→ いつ恋 7話

■みんなはどう思ってる?

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」の感想は?

読み込み中 ... 読み込み中 ...

スポンサードリンク

スポンサードリンク

1 2

follow us in feedly

 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします